写真a

吉川 歩 (ヨシカワ アユミ)

YOSHIKAWA Ayumi

職名

教授

学位

博士(学術)(京都工芸繊維大学), 工芸学修士(京都工芸繊維大学)

専門分野

ソフトコンピューティング

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年03月

    京都工芸繊維大学   工芸学部   電気工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1992年03月

    京都工芸繊維大学  工芸科学研究科  情報生産科学専攻  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    甲南大学   共通教育センター   教授  

  • 2006年04月
    -
    2016年03月

    甲南大学   会計大学院    教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    甲南大学   情報教育研究センター   所長  

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    甲南大学   会計高等教育研究所    客員協力研究員  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2006年03月

      神戸親和女子大学情報処理教育センター  

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

      神戸親和女子大学文学部  

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

      兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科  

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

      岡山大学教育学部  

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

      京都工芸繊維大学繊維学部  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本経営システム学会(国内)

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本感性工学会(国内)

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    計量国語学会(国内)

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本法科学技術学会(国内)

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    バイオメディカル・ファジィ・システム学会(国内)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 決定理論における利失・後悔と選択基準に関する一考察

    吉川 歩

    日本経営システム学会誌   32 ( 2 ) 149 - 154   2015年11月

    単著

    J-GLOBAL

  • 利失表を用いた決定理論の選択基準間の関係

    吉川歩,吉川奈緒子

    甲南大学情報教育研究センター紀要   ( 14 ) 53 - 65   2015年03月

    共著

  • 利失表を用いた決定理論に関する一考察

    吉川歩

    甲南会計研究   8   87 - 100   2014年03月

    単著

  • 出欠情報を利用した匿名型授業評価収集システム(研究速報)

    吉川 歩

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム ( 一般社団法人電子情報通信学会 )  91 ( 12 ) 2992 - 2994   2008年12月

    単著

    電子メールを利用した出席情報を援用することと授業評価の認証用の情報をハッシュ関数により暗号化することで,匿名性を保ち有効な授業評価の回答者であることが確認可能なWebベースの授業評価収集システムを提案する.

    CiNii

  • 出欠の個人認証と授業評価の匿名性を両立する出欠・評価収集システム

    吉川歩

    甲南会計研究   ( 1 ) 69 - 77   2007年03月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 経営システム学への招待 : 日本経営システム学会創立30周年記念

    日本経営システム学会 (担当: その他 , 担当範囲: 第10章ソフトコンピューティング,10.5(2)主観情報処理 )

    日本評論社  2011年 ISBN: 9784535556751

  • 統計応用の百科事典

    松原 望, 美添 泰人, 岩崎 学, 金 明哲, 竹村 和久, 林 文, 山岡 和枝 (担当: その他 , 担当範囲: 系列範疇法 )

    丸善出版  2011年 ISBN: 9784621083970

  • ソフトなサイエンスで学ぶ先・端・科・学!! : 基礎と楽しい応用

    バイオメディカル・ファジィ・システム学会 (担当: その他 , 担当範囲: ファジィ理論によるアンケートの定量化方法 )

    BMFS学会(事務局), 日本理工出版会 (発売)  2009年 ISBN: 9784890199112

  • Soft computing and industry : recent applications

    WSC, Roy R. (Rajkumar) (担当: その他 , 担当範囲: Efficient and Precise Handling of a Piecewise-Linear Fuzzy Set on Computers in an Extended Knot Form )

    Springer  2002年 ISBN: 1852335394

  • Advances in soft computing : engineering design and manufacturing

    Roy R. (Rajkumar), 古橋 武, Chawdhry P. (Pravir), On-line World Conference on Soft Computing in Engineering Design and Manufacturing (担当: その他 , 担当範囲: Improvement of Membership Function Identification Method in Usability and Precision )

    Springer  1999年 ISBN: 1852330627

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「か・き・く・け・こ」で回す問題解決

    吉川歩

    第24回曖昧な気持ちに挑むワークショップ  (関西大学千里山キャンパス)  2019年11月  -  2019年11月    日本知能情報ファジィ学会評価問題研究会

  • 利失表から実際に選択された代替案の特徴に関する考察

    吉川歩

    第63回日本経営システム学会全国研究発表大会  (神戸学院大学ポートアイランドキャンパス)  2019年11月  -  2019年11月    日本経営システム学会

  • 利失表を用いた代替案選択における選択基準と実際に選択された代替案の比較

    吉川 歩

    第45回ファジィ・ワークショップ講演論文集  (首都大学東京 秋葉原キャンパス)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 低解像度ナンバープレート数字識別規則の改良―第8報―

    吉川歩,吉川奈緒子

    日本法科学技術学会第24回学術集会  (中野サンプラザ)  2018年11月  -  2018年11月    日本法科学技術学会

  • 多重解像度画像を用いた劣化ナンバープレート平仮名画像認識

    辻広生, 辻広生, 福水洋平, 道関隆国, 山内寛紀, 横山智之, 吉川歩

    電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)  2017年03月  -  2017年03月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 記号識別装置,記号識別方法,およびコンピュータプログラム

    2002-303032  特開2004-139325  特許4243941

    吉川歩,吉川奈緒子,藤田和弘

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2004PCカンファレンス優秀ポスター賞受賞

    2004年08月01日   2004PCカンファレンス  

    受賞者:  吉川歩

  • 日本鑑識科学技術学会第8回学術集会奨励賞受賞

    2002年11月01日   日本鑑識科学技術学会  

    受賞者:  吉川歩

  • 1998年度日本ファジィ学会奨励賞

    1999年06月05日   日本ファジィ学会  

    受賞者:  吉川歩

  • 平成6年電気関係学会関西支部連合大会奨励賞

    1995年04月14日   電気関係学会関西支部  

    受賞者:  吉川歩

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 対話型メンバーシップ関数同定法の改良

    科学研究費(奨励研究(A))

    研究期間:  2001年04月  -  2003年03月 

    平成13年度の研究では,対話型メンバーシップ関数(以下MF)同定法において同定されるMFの形状に影響を及ぼすと考えられる要因の抽出および検討を行った.そこで平成14年度は対話型MF同定法の改良を目的として,1)所属度の評定対象の要素の呈示順序,2)所属度の評定への確信度評定の付与の有無,3)所属度を評定する際の評語,4)所属度と確信度のカテゴリの段階数の各項目が同定されるMFに及ぼす影響あるいは効果について検討を行った. 実験は,Servletにより構築した実験プログラムとウェブブラウザを用いてインターネット上にて実施した.同定対象は「非常に背が高い」のような背の高さに関する言語表現3種とした.そして同定されたMFの形状への影響を検討するために,1)MFの形状を非凸化する要素数,2)MFの1レベル集合幅,3)MFの遷移領域幅,4)MFの重心,5)各要素当りの回答時間(確信度の間接的な推定)の各指標を同定されたMFより計算し,解析を行った. 得られた主な実験結果は次の通りである. 1)呈示順序の影響については,要素を昇順で呈示した場合,強制二者択一的評定が行われ遷移領域幅が縮小する問題が見られた.またランダム,二分木の場合,誤回答や評定の揺れにより非凸化要素が昇順よりも多く認められる傾向がある. 2)確信度評価の付与の影響については,所属度3段階と所属度2段階+確信度2段階の間には大きな差は認められなかった.また回答時間を確信度の推定に常に用いるのは困難である. 3)評語の影響については,評語を5種変えて結果の比較を行ったが、有意な差は認められなかった. 4)所属度および確信度の段階数の影響については,所属度5段階評定で強制二者択一的評定を回避できる可能性が示唆された.また所属度に比べ確信度の段階数を増加させても効果は小さいことが示された.

  • 主観に適合したファジイ集合形状間の類似性指標の実験的導出

    科学研究費(奨励研究(A))

    研究期間:  1995年04月  -  1996年03月 

    1.目的:境界の不明瞭な対象として「非常に」のような副詞を用いた言語的な程度表現を採用し,それらの主観的な類似度とそれらに対応するファジィ集合から得られる数学的な類似性指標との対応関係を明らかにすることを目的とした.実際問題への応用を考慮して被験者個々に最もよく対応する指標を見いだすことよりも,被験者に共通する指標を見いだすことに重点を置いた. 2.実施内容:実験1では副詞と「高い」を組合せた高さの言語的な表現8種を評価の対象として採用した.まず被験者に8種の程度表現語のファジィ集合を同定させた.次にそれらを対にした28組の主観的な類似度をカテゴリ-評定尺度図を用いて評定させた.そして得られたファジィ集合から16種の数学的な類似性指標を28組について計算し,両者の対応関係を考察した.有効被験者は13名であった.また実験2では実験1から得られた知見を検証するために形容詞を「重い」に変えて実施した.他の条件は実験1と同様とした.有効被験者は10名であった.両実験及びデ-タ解析には主要設備として購入した計算機及びソフトウェアを使用した. 3.主な知見:主観的な類似度と数学的な類似性指標の相関係数及び類似度評定と数学的指標の順序との不一致の2種の解析を行った.その結果,実験1及び2ともに本研究で採用した指標の中では被験者に共通する傾向として,t‐normを用いたファジィ集合の重なり方に関する指標よりも,ファジィ集合間の距離に関する指標が主観的な類似度をよく説明することが明らかになった.また両実験の結果が同様の傾向を示したことは,程度表現語の類似度に関して今回得られた結果の普遍性を支持している.現在類似性の指標として重なり方の指標がよく使用されている.しかしその指標を主観的な類似度を考慮する必要のある対象に用いると適切さを欠く場合があることも示唆している.

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ファジィ規則を用いた低解像度ナンバープレート数字識別法の改良と実装

    提供機関:  科学技術振興機構(JST)  地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」

    研究期間: 2006年  -  2007年03月 

  • 計算機の援用によるファジィ範疇法の測定精度と使いやすさの改善

    提供機関:  その他財団等  財団法人立石科学技術財団研究助成

    研究期間: 1994年05月  -  1995年03月 

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • ファジィ規則を用いた低解像度ナンバープレート数字識別法の改良と実装

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間: 2006年04月  -  2006年12月 

    目視識別が困難な低解像のナンバープレート中の車両番号をファジィ規則を用いて識別する手法の改良と実装について研究.

  • 低解像度ナンバープレート画像識別技術の改良

    提供機関: 滋賀県警本部科学捜査研究所  国内共同研究

    研究期間: 2000年04月  -  2018年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 個人差を考慮したアンケート結果の定量化,解析手法

  • メンバーシップ関数同定法の開発

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    公認会計士試験論文式試験統計学のシラバスに準拠したPDF版電子教科書の作成

  • 2006年04月
    -
    継続中

    マルチメディア機器を活用した授業方法

  • 2006年04月
    -
    継続中

    Webページを活用した講義資料の公開

  • 2006年04月
    -
    継続中

    講義用資料のWebによる公開

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

    Webと電子メールを利用した匿名型の授業アンケート収集システムを提案し,発表

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    継続中

    日本感性工学会(国内)   評議員

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    日本感性工学会(国内)   評議員

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    日本知能情報ファジィ学会(国内)   関西支部運営委員

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    日本感性工学会(国内)   編集委員

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    日本知能情報ファジィ学会(国内)   評議員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県警本部科学捜査研究所への犯罪捜査に関する技術協力および指導

    2000年04月
    -
    2014年12月

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • ファジィ理論を用いたアンケート結果の定量化法

    a

  • 個人の主観を考慮したメンバーシップ関数同定法

    a

取得資格 【 表示 / 非表示

  • ITストラテジスト

  • システム監査技術者

  • 情報セキュリティスペシャリスト

  • 情報セキュリティアドミニストレータ

  • システムアドミニストレータ(上級・初級)

全件表示 >>