写真a

岡田 元浩 (オカダ モトヒロ)

OKADA Motohiro

職名

教授

学位

博士(経済学)(京都大学), 経済学修士(同志社大学)

専門分野

経済学説・経済思想

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1986年03月

    早稲田大学   第一文学部   文学科フランス文学専修   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    同志社大学  経済学研究科  経済学専攻  博士課程  その他

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    経済学史学会(国内)

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    経済理論学会(国内)

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    進化経済学会(国内)

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    社会政策学会(国内)

  • 2013年05月
    -
    継続中
     

    The European Society for the History of Economic Thought

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 経済理論史

    その他の研究制度  

    研究期間: 2003年12月  -  継続中

    とくに19世紀後期から20世紀前期に至る労働理論史の批判的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Maffeo Pantaleoni on labour exchange: bridge between neoclassicism and Fascism

    Motohiro Okada

    The European Journal of the History of Economic Thought ( Routledge )    2020年07月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Revisiting the Böhm-Bawerk–Edgeworth Controversy: Early Neoclassical Economists and Labour Exchange.

    Motohiro Okada

    Review of Political Economy ( Routledge )  29 ( 4 ) 636 - 651   2017年10月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Vilfredo Pareto on Labor: A Critical Re-examination

    Motohiro Okada

    Forum for Social Economics ( Routledge )  45 ( 1 ) 19 - 40   2016年04月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Léon Walras's Thoughts on Labour in His Trilogy: A Moulding of the Neoclassical Principle of Labour Exchange

    Motohiro Okada

    『経済学史研究』 ( 経済学史学会 )  57 ( 2 ) 25 - 45   2016年01月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • A Reassessment of Marx's Thought on Labour Exchange

    Motohiro Okada

    Review of Political Economy ( Routledge )  26 ( 3 ) 408 - 425   2014年07月  [査読有り]

    単著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 巨視的経済学の軌跡-リカードウ、マルサスから「ケインズ革命」まで-

    岡田元浩 (担当: 単著 )

    名古屋大学出版会  1997年01月 ISBN: 4-8158-0309-9

    古典派からケインズに至る巨視的(マクロ)経済理論の展開研究

  • 現代経済学史の射程 -パラダイムとウェルビーイングー

    長尾伸一、梅澤直樹、平野嘉孝、松嶋敦茂 編著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章 リカードウの貨幣経済理論とその史的意義 (131-144頁) )

    ミネルヴァ書房  2019年03月 ISBN: 978-4-623-08437-1

  • マーシャルと同時代の経済学

    井上琢智、坂口正志 編著 (担当: 共著 , 担当範囲: 第8章 貨幣経済理論史におけるマーシャルの位置 -とくにヴィクセルとの比較においてー(193-210頁) )

    ミネルヴァ書房  1993年06月 ISBN: 4-623-02241-2

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Reappraisal of Karl Marx's anti-neoclassical perspective on labour exchange: for the 200th anniversary of his birth

    岡田元浩

    経済学史学会第82回全国大会  (東京大学)  2018年06月  -  2018年06月    経済学史学会

  • Friedrich von Wieser on Labor

    岡田元浩

    経済理論学会第65回大会  (中央大学)  2017年10月  -  2017年10月    経済理論学会

  • Maffeo Pantaleoni on Labor

    岡田元浩

    経済理論学会第64回大会  (福島大学)  2016年10月  -  2016年10月    経済理論学会

  • Revisiting Böhm-Bawerk-Edgeworth Controversy

    Motohiro Okada

    47th UK History of Economic Thought Conference  (Manchester Metropolitan University)  2015年09月  -  2015年09月    History of Economic Thought Conference

  • Vilfredo Pareto on Labour

    Motohiro Okada

    The 18th Annual Conference of the European Society for the History of Economic Thought  (Centre Walras-Pareto, The University of Lausanne, Switzerland)  2014年05月  -  2014年05月    The European Society for the History of Economic Thought

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 書評: 対象著書については(英)を参照。

    2016年03月  -  2016年03月

    書評

  • 書評: 対象著書については(英)を参照。

    2011年01月  -  2011年01月

    書評

  • 書評: 対象著書については(英)を参照。

    2009年07月  -  2009年07月

    書評

  • 書評 中路敬著 『アーヴィング・フィッシャーの経済学』 日本経済評論社 2002年

    2002年11月  -  2002年11月

    書評

  • 書評: 対象著書については(英)を参照。

    2001年05月  -  2001年05月

    書評

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年11月
     
     

    ゼミ講義での講演会実施

  • 2016年11月
    -
    2018年11月

    ゼミにおけるフィールドワークの実施

  • 2011年12月
     
     

    ゼミ講義での講演会実施

  • 2010年11月
    -
    2015年03月

    ゼミにおけるフィールドワークの実施

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    「経済学の歴史」(2年次配当、4単位)、「現代経済学の諸潮流」(3年次配当、2単位)、「基礎ゼミⅠ」(1年次配当、2単位)、「セミⅠ」(2年次配当、2単位)、「ゼミⅡ」(3年次配当4単位)、「ゼミⅢ」(4年次配当2単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    私の研究分野は経済学説史である。「経済学の歴史」、「現代経済学の諸潮流」では、これまで私が自己の研究で培ってきた知見を基に、受講学生の理解度や関心等を考慮しながら、古代ギリシャや中世の時代から現代に至る経済学の歩みについて講義することで、経済学説史に関する学生の基礎的・発展的知識の獲得を目指している。同時に、各時代に盛衰した種々の経済学説とそれらの歴史的背景との密接な関係を明らかにすることで、とりわけ自然科学とは本質的に異なる経済学の特性を認識し、多様な経済学説に関する知識を身に着けることが、現代の経済学や経済活動の在り方を考える上でも有益であることを学生に理解してもらうことを心掛けている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    いわゆる伝統的な講義方法と大きく異なる方法はとっていない。「経済学の歴史」と「現代経済学の諸潮流」では、プレゼンテーション用ソフト=パワーポイントを用いた、私製の説明資料をスクリーンに映し出し、これを主要な講義資料として授業を進めている。また、適宜板書を行って補っている。学生には、パワーポイント資料のプリント・アウトを配布しているが、配布資料では、重要事項が記された一部を空白にし、学生自らがその部分を埋めることで、受け身一辺倒の授業とならぬよう努めている。また、文字のみの資料を使っての講義は学生を飽きさせるので、写真やビデオ等のビジュアル教材も提供している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    当然のことと言えるが、学生の評価には少なからぬ差がある。上記した教育目標に叶うかのように、講義の趣旨を的確に理解し、高い評価を与える学生もいる反面、講義内容の理解がきわめて不十分で、受講の意義をほとんど感じていない学生もいる。特に後者の場合、経済理論や歴史に関する基礎的知識の不足が大きく影響していると思われる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    上記した、本講義を十分に理解するための前提となる、受講学生の経済理論や歴史に関する知識の不足を、限られた時間の中で、どう埋めていくかが、とりわけ重要課題といえる。経済理論については、ミクロ経済学やマクロ経済学の基礎中の基礎を復習する時間を設けている。また、歴史の知識についても、関連ビデオ教材を見てもらう等して、具体的に把握してもらうことに努めているが、十分な成果を実感しているとは言い難い。それゆえ、経済理論や歴史に関する基礎的知識の獲得のためにより多くの講義時間を費やすことを検討している。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、リアクションペーパー、授業改善アンケート(自由記述欄)