写真a

岡森 識晃 (オカモリ シアキ)

OKAMORI Shiaki

職名

教授

学位

法学修士(成城大学)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2000年07月
    -
    継続中
     

    日本公法学会

  • 2000年05月
    -
    継続中
     

    環境法政策学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 分類施設特別訴訟

    岡森識晃

    甲南法学   53 ( 1 ) 83 - 107   2012年09月

    単著

    フランス環境訴訟の一類型である分類施設特別訴訟の位置づけ、訴訟手続、仮の救済手続、行政裁判官の統制権限を検討した後、分類施設特別訴訟をめぐる近時の動向について考察を行った。

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 「憲法規範における環境権関連規定のあり方に関する比較法的分析」について-その二-座談会-共同研究の締め括りに際して-

    2010年06月  -  2010年06月

    a  岡森 識晃  座談会

    季刊環境研究 157号 pp.131-144
    憲法への環境関連規定の導入をめぐる欧米諸国の議論の動向を踏まえ、我が国の憲法における環境関連規定のあり方につき、検討を行った。

  • 住民監査請求と一事不再理

    2006年05月  -  2006年05月

    行政判例百選Ⅰ第5版 pp. 272-273
    同一住民が同一の監査対象について住民監査請求を反復することが許されないと判示した、昭和62年2月20日最高裁第二小法廷判決(民集41巻1号122頁)の評釈。

  • 平成18年度農用地、市街地等に関する土壌環境法制の検討調査(法制度班委員)

    2006年04月  -  2007年03月

    2006年~2007年、環境省による受託調査

  • 市庁舎内に設置された「市民フォーラム」と命名された会議室が、地方自治法244条にいう公の施設に該当しないとされた事例

    2003年05月  -  2003年05月

    判例評釈
    自治研究 79巻5号pp.138-145
    市庁舎内に設置された「市民フォーラム」と命名された会議室が、地方自治法244条にいう公の施設に該当しないと判示した、平成13年3月27日東京高裁判決(判例時報1786号62頁)の評釈。