写真a

宇都宮 弘章 (ウツノミヤ ヒロアキ)

UTSUNOMIYA Hiroaki

職名

教授

学位

理学博士(京都大学)

専門分野

原子力学, 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1976年03月

    京都大学   理学部   物理   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    京都大学  理学研究科  物理学第II  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    甲南大学   自然科学研究科   物理学専攻   物理学専攻主任  

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   物理学科   物理学科主任  

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    甲南大学   自然科学研究科   物理学専攻   物理学専攻主任  

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   理工学部   物理学科   物理学科主任  

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    甲南大学   教務部   部長  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

      東京大学   原子核科学研究センター  

  • 1991年01月
    -
    1991年09月

      フランス国立オルセー原子核研究所  

  • 1985年07月
    -
    1990年12月

      テキサスA&M大学サイクロトロン研究所  

  • 1982年10月
    -
    1985年06月

      ミシガン州立大学国立超電導サイクロトロン研究所  

  • 1981年04月
    -
    1982年03月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1982年10月
    -
    継続中
     

    アメリカ物理学会 (American Phisical Society)

  • 1979年04月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • γ-ray strength function for thallium isotopes relevant to the 205Pb-205Tl chronometry

    H. Utsunomiya, T. Renstrøm, G. M. Tveten, S. Goriely, T. Ari-izumi, D. Filipescu, J. Kaur, Y.-W. Lui, W. Luo, S. Miyamoto, et al.

    PHYSICAL REVIEW C   99   024609-1 - 024609-8   2019年02月  [査読有り]

    共著

    Photoneutron cross sections were measured for 203Tl and 205Tl at energies between the one- and two-neutron thresholds using quasimonochromatic γ-ray beams produced in laser Compton scattering at the NewSUBARU synchrotron radiation facility. Our measurement results in cross sections significantly different from the previously reported bremsstrahlung experiment, leading to rather different giant dipole resonance (GDR) parameters, in particular to lower GDR peak energies and higher peak cross sections. The photoneutron data are used to constrain the γ-ray strength function on the basis of the Hartree-Fock-Bogolyubov plus quasiparticle random-phase approximation using the Gogny D1M interaction. Supplementing the experimentally constrained γ-ray strength function with the zero-limit E1 andM1 contributions for the de-excitation mode, we estimate the Maxwellian-averaged cross section for the s-process branching-point nucleus 204Tl in the context of the 205Pb-205Tl chronometry.

    DOI

  • Photoneutron cross sections for Ni isotopes: Toward understanding (n,γ) cross sections relevant to weak s-process nucleosynthesi

    H. Utsunomiya, T. Renstrøm, G. M. Tveten, S. Goriely, S. Katayama, T. Ari-izumi, D. Takenaka, D. Symochko, B. V. Kheswa, V. W. Ingeberg et al.

    PHYSICAL REVIEW C   98   054619-1 - 054619-9   2018年11月  [査読有り]

    共著

    Photoneutron cross sections were measured for 58Ni, 60Ni, 61Ni, and 64Ni at energies between the one-neutron and two-neutron thresholds using quasimonochromatic γ-ray beams produced in laser Compton scattering at the NewSUBARU synchrotron radiation facility. These photoneutron data are used to extract the γ-ray strength function above the neutron threshold, complementing the information obtained by the Oslo method below the threshold. We discuss radiative neutron-capture cross sections and the Maxwellian-averaged cross sections for Ni isotopes including 63Ni, a branching point nucleus along the weak s-process path. The cross sections are calculated with the experimentally constrained γ-ray strength functions from the Hartree-Fock-Bogolyubov plus quasiparticle–random-phase approximation based on the Gogny D1M interaction for both E1 andM1 components and supplemented with the M1 upbend.

    DOI

  • Response function and linearity for high energy γ-rays in large volume LaBr3:Ce detectors

    G. Gosta, N. Blasi, F. Camera, B. Million, A. Giz\az, O. Wieland, F.M. Rossi, H. Utsunomiya, T. Ari-izumi, D. Takenaka, D. Filipescu, I. Gheorghe

    Nucl. Inst. Meth. A   879   92 - 100   2018年  [査読有り]

    共著

  • Direct neutron-multiplicity sorting with a flat-efficiency detector

    Hiroaki Utsunomiya, Ioana Gheorghe, Dan M. Filipescu, Tudor Glodariu, Sergey Belyshev, Konstantin Stopani, Vladimir Varlamov, Boris Ishkhanov, Seitarou Katayama, Daiki Takenaka, Takashi Ari-izumi, Sho Amanoe, Shuji Miyamoto

    Nuclear Instruments and Methods A   871   135 - 141   2017年  [査読有り]

    共著

  • Quasicontinuum γ decay of 91,92Zr: Benchmarking indirect (n,γ) cross section measurements for the s process

    M. Guttormsen, S. Goriely, A. C. Larsen, A. Görgen, T. W. Hagen, T. Renstrøm, S. Siem, N. U. H. Syed, G. Tagliente, H. K. Toft, H. Utsunomiya, A. V. Voinov, and K. Wikan

    Physical Review C   96   024313-1 - 024313-9   2017年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS V

    H. Utsunomiya, T. Wada, T. Yamagata (担当: 共著 )

    AMERICAN INSTITUTE OF PHYSICS  2004年11月

    国際会議プロシーデイングス編集
    単行本TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS V
    編集者M. Arnould, M. Lewitowicz, G. Muenzenberg, H. Akimune, M. Ohta,
    H. Utsunomiya, T. Wada, T. Yamagata
    出版社 AMERICAN INSTITUTE OF PHYSICS
    (AIP Conference Proceedings 704, New York, 2004)

  • TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS IV (共著)

    H. Utsunomiya, T. Wada, T. Yamagata (担当: 共著 )

    AMERICAN INSTITUTE OF PHYSICS  2001年11月

    国際会議プロシーデイングス
    単行本TOURS SYMPOSIUM ON NUCLEAR PHYSICS IV
    編集者M. Arnould, M. Lewitowicz, Yu.Ts. Oganessian, H. Akimune, M. Ohta,
    H. Utsunomiya, T. Wada, T. Yamagata
    出版社 AMERICAN INSTITUTE OF PHYSICS
    (AIP Conference Proceedings 561, New York, 2001)

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 3rd RCM on Updating the Photonuclear Data Library and Generating a Reference Database for Photon Strength Functions

    宇都宮弘章、岩本信之、河野俊彦

    核データニュース ( 日本原子力研究開発機構 )  122   2019年02月

    総説・解説(その他)   共著

    国際原子力機関の光核反応データプロジェクトの第3回プロジェクトミーティングに関する報告

  • The γ-Ray Beam-Line at NewSUBARU

    Hiroaki Utsunomiya, Satoshi Hashimoto, Shuji Miyamoto

    Nuclear Physics News ( European Science Foundation )  25 ( 3 ) 25 - 29   2015年07月

    総説・解説(その他)   共著

    ニュースバル放射光施設のガンマ線ビームラインに関する記事

  • 実験室で探る天体光核反応とその周辺

    宇都宮弘章

    日本物理学会誌 最近の研究から Vol. 62, No. 1 ( 日本物理学会誌 )  62 ( 1 ) 34 - 39   2007年11月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 光核反応に新たな息吹を吹き込む

    宇都宮 弘章

    研究室だより 核データニュース No.80 ( a )  ( 30 ) 83   2005年11月

    総説・解説(その他)   単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 79Seにおけるsプロセス分岐

    牧永あや乃、宇都宮弘章、後神進史、海堀岳史、芳原新也、原田秀郎、北谷文人、原かおる、豊川弘之、原野英樹、松本哲郎、S. Goriely

    日本物理学会 2007年春季大会  (首都大学東京南大沢キャンパス)  2007年03月  -  2007年03月    日本物理学会 

  • 大型NaI(Tl)検出器によるレーザー逆コンプトンγ線の応答

    楠原純平、宇都宮弘章、後神進史

    日本物理学会 2007年春季大会  (首都大学東京南大沢キャンパス)  2007年03月  -  2007年03月    日本物理学会

  • 91Zr(γ, n)90Zr反応断面積の測定

    芳原新也、後神進史、牧永あや乃、海堀岳史、原かおる、北谷文人、豊川弘之、松本哲郎、原野英樹、原田秀郎、宇都宮弘章

    日本原子力学会2006年春の年会  (日本原子力研究開発機構 大洗研究開発センター)  2006年03月  -  2006年03月    日本原子力学会

  • 準単色LCSγ線による181Ta光中性子断面積の励起関数の決定

    海堀岳史,宇都宮弘章,秋宗秀俊,後神進史,牧永あや乃,芳原新也,豊川弘之,Y.-W.Lui

    日本物理学会 第61回年次大会  (愛媛大学・松山大学)  2006年03月  -  2006年03月    日本物理学会 

  • 核異性体180Tamの生成部分断面積

    後神進史,宇都宮弘章,S.Goriely,牧永あや乃,海堀岳史,秋宗秀俊,山県民穂,芳原新也,Y.-W. Lui,豊川弘之

    日本物理学会 第61回年次大会  (愛媛大学・松山大学)  2006年03月  -  2006年03月    日本物理学会 

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 実験室で探る天体光核反応とその周辺

    2007年11月  -  2007年11月

    宇都宮弘章
    日本物理学会誌 最近の研究から Vol. 62, No. 1 (2007) pp. 34 – 39

  • Photodisintegration of 80Se and its I,plications for s-process branching

    2007年11月  -  2007年11月

    A. Makinaga, H. Utsunomiya, S. Goko, T. Kaihori, S. Houhara, S. Goriely, H. Toyokawa, H. Harano, T. Matsummoto, H. Harada, F. Kitatani, K.Y. Hara, Y.-W. Lui
    Proc. of Int. Symp. "Tours Symposium on Nuclear Physics VI", AIP Conference Proceedings 891 (2007) pp.431 - 434.

  • Photonuclear cross sections of astrophysical significance

    2007年11月  -  2007年11月

    H. Utsunomiya
    Proc. of Int. Symp. "Tours Symposium on Nuclear Physics VI", AIP Conference Proceedings 891 (2007) pp.329 - 338.

  • 79Seにおけるsプロセス分岐

    2007年03月  -  2007年03月

    牧永あや乃、宇都宮弘章、後神進史、海堀岳史、芳原新也、原田秀郎、北谷文人、原かおる、豊川弘之、原野英樹、松本哲郎、S. Goriely

    日本物理学会 2007年春季大会 首都大学東京南大沢キャンパス(2007.3)

  • 大型NaI(Tl)検出器によるレーザー逆コンプトンγ線の応答

    2007年03月  -  2007年03月

    楠原純平、宇都宮弘章、後神進史
    日本物理学会 2007年春季大会 首都大学東京南大沢キャンパス(2007.3)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 第8回トウール国際シンポジウム

    二国間交流事業(セミナー)

    研究期間:  2012年04月  -  2013年03月 

    第8回トウール国際シンポジウムをドイツGSI研究機関とブラックフォレス(ドイツ)で共催する。

  • ガンマ線強度関数法による天体中性子捕獲反応の研究

    二国間交流事業(共同研究)

    研究期間:  2012年04月  -  2013年03月 

    ブリュッセル自由大学とSm, Nd同位体のガンマ線強度関数に関する共同研究を行う。

  • 光核分解による低位ガンマ線強度の系統的研究

    二国間交流事業(共同研究)

    研究期間:  2009年10月  -  2011年09月 

    ブリュッセル自由大学とSn, Mo同位体他のガンマ線強度関数に関する共同研究をおこなった。

  • 直線偏光ガンマ線による重水素の光核分解

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年11月  -  2006年11月 

    直線偏光レーザー逆コンプトンガンマ線を用いて重陽子の光核分解反応での電気双極子成分と磁気双極子成分を分離する研究

    研究担当者
    宇都宮弘章
    (理工学部 教授)
    山県民穂
    (理工学部 教授)  秋宗秀俊
    (理工学部 助教授)

    日本学術振興会 4301
    3108
    16340080

  • 核変換基礎データの光核反応による評価

    萌芽研究

    研究期間:  2004年11月  -  2005年11月 

    セレン79、ジルコニウム93の核変換データを逆反応である光核反応によって評価する研究

    研究担当者
    宇都宮弘章
    (理工学部 教授)
    秋宗秀俊
    (理工学部 助教授)
    文部科学省 5606
    6106
    16656294

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ガンマ線照射システム

    提供機関:  文部科学省  平成23年度私大助成「研究設備」(特別設備)

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

    ニュースバル放射光施設にガンマ線照射システムを設置し、同施設で生成されるガンマ線ビームを用いて、宇宙核物理の研究、原子核物理の研究、原子力核データの取得を行う。

  • 高強度パルス中性子源を用いた革新的原子炉用核データの研究開発  <再委託:中性子捕獲断面積実験(光核反応)>

    提供機関:  科学技術振興機構  北海道大学から再委託  科学技術振興機構  北海道大学から再委託  原子力システム研究開発事業

    研究期間: 2006年11月  -  2009年11月 

    長寿命核分裂生成物であるSe-79, Zr-93, Pd-107の核変換基礎データである中性子捕獲反応を評価するため逆反応の光核反応データを取得する。

    研究担当者
    宇都宮弘章
    (理工学部教授)
    00241167

  • 新世代ガンマ線による光核反応の研究

    提供機関:  日本私立学校振興・共済事業団  学術研究振興資金

    研究期間: 2004年11月  -  2005年11月 

    放射光施設における新世代ガンマ線の開発と、基礎(宇宙ー天体核物理)および応用(核変換)分野への利用を行なう研究。

    研究担当者
    宇都宮弘章
    (理工学部 教授)
    山県民穂
    (理工学部 教授)  秋宗秀俊
    (理工学部 助教授)

  • 高分解能・高エネルギー光子スペクトロメータの応答関数の高精度化に関する研究

    提供機関:  (独法)核燃料サイクル開発機構  先行基礎工学研究(共同研究)

    研究期間: 2001年04月  -  2003年03月 

    核変換方法に関する核分光データを取得するために導入された、高分解能・高エネルギー光子スペクトロメータのガンマ線に対する応答を高精度化し、その成果に基づいて逆コンプトンガンマ線のエネルギー分布に関する研究

    研究担当者
    宇都宮弘章
    (理工学部 教授)
    秋宗秀俊
    (理工学部 講師)

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 原子核の形状と共鳴ー研究と教育に関する日本とノルウェーの共同事業

    提供機関: オスロ大学  国際共同研究

    研究期間: 2019年01月  -  継続中 

    ノルウェー政府の教育・研究ファンドINTPARTに基づいて、国際共同実験、国際サマースクール等の研究、教育活動を行う。

  • Updating Photonuclear Data Library and Generating a Reference Database for Photon Strength Functions

    提供機関: 国際原子力機関  国際共同研究

    研究期間: 2016年04月  -  2020年12月 

    国際原子力機関の共同研究
    光核反応データライブラリーを更新しガンマ線強度関数に関する標準データベースを構築する。

  • レーザーコンプトンガンマ線の発生と応用に関する研究

    提供機関: 兵庫県立大学、日本原子力研究開発機構  一般受託研究

    研究期間: 2006年04月  -  継続中 

    兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所のニュースバルのレーザー逆コンプトンγ線用いて、安定核種の光中性子断面積測定及び物質のγ線吸収特性に関する測定を行う。また、これらの測定結果を用いてγ線強度関数の導出の技術開発について基礎的な研究を実施する。また、ガンマ線エネルギー分布の測定技術を発展させ、より精密な測定技術を開発する。
    レーザー逆コンプトンγ線よって生成された中性子検出には、甲南大学で開発された4π型の中性子検出器を用いる。γ線のエネルギー分布は、原子力機構で開発されたLaBr3シンチレーション検出器及び高エネルギー高分解能光スペクトロメーター(HHS)で測定する。
    本共同研究に要する費用については、計画書に定める分担に従い契約当事者がそれぞれ負担する

  • 宇宙物理核データベースの構築

    提供機関:   国際共同研究

    研究期間: 2004年11月  -  2008年11月 

    宇宙物理核データベースの構築

    2004~2008 国外共同研究

  • 光核反応による中性子捕獲断面積の評価方法に関する研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2004年11月  -  2006年11月 

    光核反応による中性子捕獲断面積の評価方法に関する研究

    2004~2006 国内共同研究

全件表示 >>

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙核物理、光核反応、ガンマ線源・放射光の開発、核データベースの構築

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    宇宙核物理学

  • 2007年04月
    -
    継続中

    宇宙核物理特論

  • 2004年04月
    -
    継続中

    原子核物理学

  • 2004年04月
    -
    2015年03月

    力学II

  • 2003年04月
    -
    継続中

    物理学と国際化

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 宇宙核物理連絡協議会代表

    2008年03月
    -
    2012年03月

  • 大学連携「ひょうご講座」

    2007年09月
    -
    2007年10月

    科目名「宇宙と地球の不思議」において、「元素と宇宙の不思議」、「元素はどのようにして誕生したのだろうか」について講演した。

  • 数学理科甲子園

    2006年11月
    -
    2010年11月

    兵庫県教育委員会高校教育課主催の「数学理科甲子園」において審査委員を務めた。

  • 甲南大学秋季公開講座

    2006年10月
     
     

    公開講座「宇宙と地球の不思議」において「元素誕生の不思議」について講演を行った。

  • 高等学校への出前講義

    2003年12月
    -
    現在

    伊丹北高校、高塚高校、御影高校、神戸高校、武庫之荘総合高校他への出前講義

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • ガンマ線(放射線)検出に関する知識と技術

    ガンマ線(放射線)検出に関する知識と技術

  • 中性子(放射線)検出に関する知識と技術

    中性子(放射線)検出に関する知識と技術

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)