写真a

鵤木 千加子 (イカルギ チカコ)

IKARUGI Chikako

職名

教授

学位

博士(学術)(神戸大学)

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    筑波大学   体育専門学群   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    神戸大学  人間・環境学研究科  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   スポーツ・健康科学教育研究センター   教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   スポーツ・健康科学教育研究センター   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   スポーツ・健康科学教育研究センター   助教授  

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    甲南大学   ■廃止組織■   甲南大学保健体育研究室   助教授  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    スポーツ史学会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本スポーツ人類学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    兵庫体育スポーツ科学学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本体育学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • バドミントン競技におけるリバース・スピン・サービス禁止の背景に関する研究−1980年代のIBFの動きに着目してー

    濱谷美希、鵤木千加子、井上邦子

    甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター紀要   ( 22 ) 81 - 93   2019年03月

    共著

  • 第二次世界大戦後のイングランドにおけるバドミントン(1946−1949年) ーインビクタ(H・A・E・シェール)による時評より–

    鵤木千加子

    甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター紀要   ( 22 ) 7 - 20   2019年03月

    単著

  • 第二次世界大戦下とその直後における国際バドミントン連盟の活動

    鵤木千加子

    体育・スポーツ科学   ( 26 ) 9 - 21   2017年06月  [査読有り]

    単著

  • 1893年から1934年におけるバドミントン協会の役割と組織の在り方の変容について

    鵤木千加子

    スポーツ史研究    ( 30 ) 15 - 29   2017年03月  [査読有り]

    単著

  • ユーバー杯争奪世界女子団体バドミントン選手権大会誕生について ―時期尚早とされた女性の大会開催に向けてー

    鵤木千加子

    甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター論集   ( 20 ) 1 - 9   2015年03月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • スポーツ学の射程  「身体」のリアリティへ

    井上邦子,松浪稔,竹村匡弥,滝元誠樹,鵤木千加子他 (担当: 共著 )

    黎明書房  2015年09月 ISBN: 978-4-654-01921-2

  • IPHIGENEIA(共著)

    稲垣正浩他 (担当: 共著 , 担当範囲: pp.195-201 )

    ISC・21  2010年12月 ISBN: 4-7947-

  • ステップアップ中学体育(共著)

    鵤木千加子、吹田昌士(バドミントン担当) (担当: 共著 , 担当範囲: バドミントン担当 )

    大修館書店  2010年03月 ISBN: 978-4-469-36468-2

  • ステップアップ中学体育2010(バドミントン担当)

    鵤木 千加子 (担当: その他 )

    大修館書店  2010年 ISBN: 978-4-469-36468-2

  • 『からだ論への扉をひらく』(共著)

    三井悦子編著  (担当: 共著 )

    叢文社  2006年11月 ISBN: 4-7947-0552-2

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学女子学生の踵骨骨密度と食・運動習慣の関係について

    鵤木 千加子

    甲南大学スポーツ・健康科学研究センター論集   ( 17 ) 1 - 5   2009年

    単著

  • 世界女子団体バドミントン選手権大会ユーバー・カップ誕生の経緯

    鵤木 千加子

    スポーツ史研究   ( 20 ) 83 - 91   2008年

    単著

  • バドミントンの国際化に関する一考察  H・A・E・シールの果たした役割(1934年-1957年)

    鵤木 千加子

    甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター論集   ( 16 ) 27 - 36   2007年

    単著

  • 世界男子団体バドミントン選手権大会トマス・カップ誕生について

    鵤木 千加子

    スポーツ史研究   ( 19 ) 47 - 57   2006年

    単著

  • 甲南大学におけるスキー実習についての報告(1996-2004年度)

    鵤木 千加子

    甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター論集   15 ( 87-105 )   2005年

    単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 国際バドミントン連盟初期における国際的な運営の確立(1934−1939年)

    鵤木千加子

    体育史学会第7回大会  (中京大学名古屋キャンパス)  2018年05月  -  2018年05月    体育史学会

  • 国際バドミントン連盟設立初期における国際統括の形成(1934-39年)

    鵤木千加子

    東北アジア体育・スポーツ史会第12回大会  (中華人民共和国 浙江師範大学)  2017年07月  -  2017年07月    東北アジア体育・スポーツ史学会

  • 第二次世界大戦下における国際バドミントン連盟の活動

    鵤木千加子

    スポーツ史学会第30周年記念大会  (立命館大学)  2016年12月  -  2016年12月    スポーツ史学会

  • バドミントンにおける国際統括の形成ーBAの役割とIBF設立の過程-

    鵤木千加子

    スポーツ史学会第29回大会  (群馬大学)  2015年12月  -  2015年12月    スポーツ史学会

  • アメリカ合衆国におけるバドミントンの歴史について

    鵤木千加子

    スポーツ史学会  (福島県)  2008年11月  -  2008年11月    スポーツ史学会

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • バドミントンにおける国際統括に関する調査(マレーシア)

    2016年02月  -  2016年02月

    フィールドワーク

  • モンゴルにおけるスポーツの調査

    2015年09月  -  2015年09月

    フィールドワーク

  • バドミントンにおける国際統括に関する調査(イギリス)

    2015年07月  -  2015年07月

    フィールドワーク

  • アメリカ合衆国におけるバドミントンの歴史学的、社会学的調査

    2007年11月  -  2007年11月

    フィールドワーク

  • イギリスにおけるバドミントンの歴史学的、社会学的調査

    2004年11月  -  2004年11月

    フィールドワーク

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • こうべジュニアスポーツリーダー講習会の効果と受講者評価

    提供機関:  兵庫体育・スポーツ科学学会  兵庫体育・スポーツ科学学会スポーツ振興助成

    研究期間: 2012年05月  -  継続中 

    神戸市内の中学2年生を対象に、スポーツリーダー養成講習会を実施し、その効果と受講者評価をみる。

  • ”こうべジュニアスポーツリーダー講習会”参加者のプリ・ポスト評価

    提供機関:  兵庫体育・スポーツ科学学会  兵庫体育・スポーツ科学学会スポーツ振興助成

    研究期間: 2011年05月  -  2012年03月 

    神戸市内の中学2年生を対象に、学校部活動や地域のスポーツクラブなどで活躍できるスポーツリーダーを育成するための講習会を実施し、受講前と受講後で身についた専門的知識や能力を明かにし、講習会の効果を計る。

  • バドミントン競技タレントを選抜する指標についての研究

    提供機関:  甲南学園  甲南学園平生太郎基金科学研究奨励助成金

    研究期間: 2003年04月  -  2004年03月 

    バドミントンプレーヤーのジュニア期からの形態・体力調査を実施し、競技力との関係を調査する。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
     
     

    ゲストスピーカー採用

  • 2018年07月
     
     

    ゲストスピーカー採用

  • 2017年07月
     
     

    ゲストスピーカー採用

  • 2016年03月
     
     

    神戸大学健康・スポーツ科学実習FD研修会講師

  • 2013年06月
    -
    継続中

    兵庫県運動部活動活性化委員会委員長

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    基礎体育学演習(1年次配当、2単位)、基礎スポーツ健康科学(1年次配当、2単位、リレー講義)応用スポーツ健康科学(2年次配当、2単位、リレー講義)、スポーツ指導論演習(3年次配当、2単位、リレー講義)、スポーツ文化論(1年次配当、2単位)、生涯スポーツ・バドミントンⅠ(2年次配当、1単位)、スポーツⅡバドミントン(2年次配当、1単位)、スポーツⅢバドミントン(3年次配当、1単位)、スポーツⅣバドミントン(4年次配当、1単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    人には様々な人生があるが、一人ひとりが自身の心身と向き合う力を持つことは全ての人にとって大切なことである。健康に関する知識を持ち、将来的な心身の変化や自己を取り巻く環境の変化に対応する力をつけることは、個々の人生を送る上で大切なことである。
    また、健全で豊かな社会を築くために運動やスポーツが果たす役割は大きく、その重要性は増している。人々が運動やスポーツを継続し、楽しむ場を創出するためには、運営に関わる知識が必要であるが、それだけでなく、運動やスポーツに関する個々の理解や、その場に集まった人々で楽しむ場を創ることができる個々の力が不可欠である。
    さらに、スポーツにおいても歴史的な視点を持つことは大切である。現在のスポーツがなぜできたのかを知ることは、これからのスポーツの在るべき姿を考える力に繋がる。
    これらを達成するための教育を提供することが求められていると考える。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    実技(バドミントン)においては、バドミントンが「何回続けられるか」を競ったゲームから始まったという歴史的な発展を踏まえた導入を行なっている。そこから、技術を身につける段階へと進むが、単なる打ち方の習得ではなく、ラリーの中で使う「組み合わせ練習」の段階を経ることによって、ゲームの楽しみに繋がるように工夫している。また、レベル別に練習や試合を行う時と、ハンディキャップを用いて異なるレベルでも一緒に楽しむことができるような時を設定し、最終的にはクラス全体でトーナメントやチーム戦を行い、技術レベルにかかわらず楽しむことができる力を付けることを目指している。
    通常クラスの実技に参加できない学生の対応については、「個別対応」の手続きに則り進めるが、授業内容については本人と相談の上設定し、障がいや体調に応じて適切な内容が提供できるように心がけている。
    講義においては、取り上げるテーマについて説明しながら、関連する史料の紹介や映像を用いることによって、受講生の理解を深めるように取り組んでいる。学部・学年が異なる受講生においては歴史に関する基礎知識に大きな差があるが、受講生全てが理解できるように基本的な部分から説明するように心がけている。授業毎にまとめとしての課題を与えて提出させており、翌週の授業冒頭で良い内容の紹介やまとめを行うようにしている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    実技では、クラス全体でトーナメントやチーム戦を行い、楽しむことができる程に習熟していくが、新たな技術を習得することに積極的な学生と、積極的でない学生とには技術向上に大きな差が見られる。
    講義については、基礎知識レベルに応じて各受講生が理解を深める度合いは異なるが、自身の「当たり前」を客観的にとらえようとしている受講生と、自身の固定観念を崩そうとしない受講生とには、理解に差が見らる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    実技では、男女や技術レベルが異なる学生が混在している。現在は同じ課題を与え、指導にあたっては個々に応じた対応をしているが、こうした中でも各々が個人にあった課題を明確にもち取り組むことができるような工夫をしたい。これにより、運動の得意不得意に関わらず、全員が積極的に取り組み、達成感を感じられるようにしたい。また、全員がより積極的に取り組めるようになれば、楽しむ場を創出する力はより高められると考える。
    講義については、人数が多い場合はどうしても教員対各受講生になりがちであり、受動的な受講態度が見受けられる。その改善のために、受講人数の問題はあるが、学生間で議論する場をもち、発表する機会を設けていきたい。様々な意見に触れることにより、自身の「当たり前」を客観的に見ることができるようになり、授業の理解を深めることが可能であると考える。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、リアクションペーパー、授業改善アンケート(自由記述欄)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年11月
    -
    2016年12月

    スポーツ史学会   理事

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 全日本学生バドミントン連盟副会長

    2016年04月
    -
    現在

  • 関西学生バドミントン連盟会長

    2016年04月
    -
    現在

  • 日本バドミントン指導者連盟理事

    2015年11月
    -
    現在

  • 兵庫県スポーツ推進審議会委員

    2015年07月
    -
    現在

  • こうべジュニアスポーツリーダー講習会講師

    2014年07月
    -
    現在

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • バドミントン競技の技術指導

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

      スポーツ・健康科学教育研究センター所長   (全学委員会)

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

      スポーツ・健康科学教育研究センター所長   (全学委員会)

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

      カウンセリングセンター所長兼学生相談室室長   (その他の主要活動)

  • 2008年11月
    -
    2010年03月

      学生部参与   (その他の主要活動)