写真a

林 慶一 (ハヤシ ケイイチ)

HAYASHI Keiichi

職名

教授

学位

博士(理学)(九州大学), 理学修士(東京大学), 理学士(静岡大学)

専門分野

科学教育 地学教育, 地質学 中生代非海成層, 層位・古生物学 介形虫生層序

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学   理学部   地球科学科   卒業

    - 1979年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   理学系研究科   地質学   修士課程   修了

    - 1982年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   教職教育センター   参与

    2015年4月 - 2019年3月

  • 甲南大学   理工学部   理工学部   部長

    2013年4月 - 2015年3月

  • 甲南大学   教職教育センター   教職教育センター   参与

    2010年4月 - 2013年3月

  • 甲南大学   理工学部   教授

    2006年4月 - 現在

  • 甲南大学   理工学部   准教授

    2001年4月 - 2006年3月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本科学教育学会

    1991年1月 - 現在

  • 日本生物教育学会

    2004年10月 - 現在

  • 日本理科教育学会

    1990年10月 - 現在

  • 日本堆積学会

    2001年4月 - 現在

  • 日本地質学会

    1978年4月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 地平座標での観測とそれを赤道座標へ変換する実習法の開発―教員養成課程の天文分野の実験として― 査読あり

    林 慶一

    地学教育   74 ( 3-4 )   111 - 127   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.18904/chigakukyoiku.74.3-4_111

    researchmap

  • 研究者の研究過程を考慮した理科の探究活動とその指導の在り方 査読あり

    原田和雄・松川正樹・吉野正巳・犀川政稔・佐藤公法・林 慶一・長谷川 正

    科学教育研究   45 ( 3 )   316 - 330   2021年10月

     詳細を見る

  • 紀伊半島の白亜系日高川層群地帯おける斜面崩壊と土石流の特徴 査読あり

    林 慶一

    甲南大学紀要 理工学部編   68 ( 1 )   1 - 17   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.14990/00004049

    researchmap

  • 地質図から地域の地史教材を開発する方法

    林 慶一

    甲南大学教職教育センター年報・研究報告書 2020年度   33 - 44   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.14990/00003825

    researchmap

  • オンライン授業環境下での地質野外実習法の開発〜Web 地質図を活用して川原の礫から地域地質を学ぶ〜 査読あり

    林 慶一

    甲南大学紀要 理工学部編   67 ( 1 )   1 - 12   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.14990/00003665

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大学的神戸ガイド : こだわりの歩き方

    甲南大学プレミアプロジェクト神戸ガイド編集委員会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 六甲の水害・土砂災害 67-83頁)

    昭和堂  2021年3月  ( ISBN:9784812220153

     詳細を見る

  • 高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 理科編理数編

    文部科学省

    実教出版  2019年3月  ( ISBN:978-4-407-34873-6

     詳細を見る

    文部科学省の学習指導要領等の改善にかかる検討に必要な専門的作業等協力者として,主に「科学と人間生活」の項目を担当。

  • 「改訂 地学基礎」指導書

    共著者:木村龍治・吉岡一男・縣 秀彦・井出 哲・大路樹生・大山智輝・加藤昌典・田近英一・田中義洋・坪田幸政・饒村 曜・林 慶一・半田 孝・半田利弘・前川寛和・宮嶋 敏・吉川 真・米澤正弘( 担当: 共著 ,  範囲: 50-57頁)

    東京書籍  2017年2月 

  • 高等学校用文部省検定済み教科書「改訂 地学基礎」

    共著者:木村龍治・吉岡一男・縣 秀彦・井出 哲・大路樹生・大山智輝・加藤昌典・田近英一・田中義洋・坪田幸政・饒村 曜・林 慶一・半田 孝・半田利弘・前川寛和・宮嶋 敏・吉川 真・米澤正弘( 担当: 共著 ,  範囲: 全体の構成,および第2編1章の40頁を共同執筆)

    東京書籍  2017年2月  ( ISBN:978-4-487-16551-3

  • 高等学校用文部省検定済み教科書「地学基礎」

    共著者:木村龍治・島崎邦彦・吉岡一男・縣 秀彦・大路樹生・加藤昌典・田中義洋・坪田幸政・饒村 曜・林 慶一・半田 孝・半田利弘・前川寛和・宮嶋 敏・吉川 真・米澤正弘( 担当: 共著 ,  範囲: 全体の構成,および第2編5章の32頁を共同執筆)

    東京書籍  2011年4月  ( ISBN:978-4-487-18745-4

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 戦後の日本の地学教育の流れ

    林 慶一

    第四紀研究   2011年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:日本第四紀学会  

  • 青野宏美・宮下 治・林 慶一・下野 洋:日本の地学教育における環境教育に関する研究の変遷

    林 慶一

    地学教育   vol. 54, no. 3, p. 117-1   2001年

     詳細を見る

  • 宮下 治・林 慶一・青野宏美・下野 洋:学習指導要領の地学における環境教育の取り扱いの変遷に関する研究の変遷

    林 慶一

    地学教育   vol. 54, no. 3, p. 129-137   2001年

     詳細を見る

  • MATSUKAWA, M., ITO, M., HAYASHI, K., TAKAHASHI, O., YANG, S. Y. and Lim, S. K.: Evaluation of nonmarine bivalves as chronological index based on examples from the Lower Cretaceous of East Asia.

    林 慶一

    Lucas, S. G., Kirkland, J. I. and Estep, J. W. [eds.] Lower and Middle Cretaceous Terrestrial Ecosystems: Filling the Gap. New Mexico Museum of Natural History & Science Bulletin   no. 14, p. 125-133   1998年

     詳細を見る

  • HAYASHI, Keiichi: Nonmarine Ostracoda from the Lower Cretaceous Wakino Subgroup in Northern Kyushu, Japan.

    林 慶一

    Bull. Tokyo Gakugei Univ., Sect. 4   vol. 50, p. 77-113   1998年

     詳細を見る

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「地域の自然景観の成り立ち」の学習における新しい広域応力場の視点

    林 慶一

    日本地学教育学会第76回全国大会・2022年度全国地学教育研究大会  (島根県)  2022年8月  日本地学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    国名:日本国  

  • Web地質図の3D地形模型への投影と彩色による地域地質教材の開発

    林 慶一

    日本地学教育学会第75回全国大会・2021年度全国地学教育研究大会  (東京)  2021年8月  日本地学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    国名:日本国  

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 海岸段丘の新しい成因論の探究活動への導入

    1999年11月

     詳細を見る

    書評

    文部省奨励研究(B)(課題番号10916011)報告書(1999)

  • 「総合的な学習の時間」で教科の学習成果を活性化 「総合的な学習の時間」の単元カリキュラムの開発と理論モデルの構築に関する研究,文部省基盤研究B

    1998年4月 - 2000年3月

     詳細を見る

    書評

    (1)(研究課題番号10400017)報告書, p. 221-228(2000)

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第7回ナレッジイノベーションアワードナレッジキャピタル部門優秀賞

    2020年3月   ナレッジキャピタル   土石流の真実を伝える映像とモデル実験

    林 慶一

     詳細を見る

     2011年9月の日本の観測史上最大の降雨の際には,前例のない多数の土石流が紀伊半島を中心に発生し,地域の自然景観を一変させた。筆者は,これらを網羅的に現地調査し,地質の違いが土石流の素材となる土砂の粒度組成の違いをもたらし,これが主因となり異なるタイプの土石流を発生させたことを突き止めた。この成果は,地域住民が地区ごとにどのようなタイプの土石流が発生するかを予見することを可能にするもので,その結果として命を守る効果的な避難行動を適切にとれるようにするものである。この研究が認められ,学校教育では,平成30年告示の新学習指導要領において筆者の提案により土石流が組み込まれた。本展示では,学校以外でも幅広い世代の市民に,映像とモデル実験により土石流を科学的に理解していただく,展示と実験を行った。
    (1) 土石流の実態
     土石流が,流水が岩石を押し流す現象ではなく,大小の岩石の混合物自体が流動化する現象であることはほとんど知られていない。そこで,筆者が発生直後に撮影した実際のさまざまなタイプの土石流の写真や,偶然撮影された土石流の動画などを用いて,その真の姿を示した。
    (2) 土石流のメカニズム
     土石流は,その内部の流動状態が水のような乱流ではなく層流であり,上層ほど高速になっていることが特徴である。また,流下中に粒子同士が衝突を繰り返して,より大きい粒子ほど上層へ移動して速い流れに乗って先端部に移動する.その結果,巨大な礫が先端分に集中して襲ってくることになり,巨大な破壊力で大きな被害をもたらすことになる。このようなメカニズムは,実物の数百分の1のモデル実験では再現することが困難であったが,新開発のモデル実験装置を用いて参加者に自ら実験してもらうことで体験的に理解してもらった。

  • 日本地学教育学会 優秀論文賞 

    2001年8月   日本地学教育学会   

    林慶一

  • 日本地学教育学会 学術奨励賞

    1994年8月   日本地学教育学会  

    林慶一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新しい日本列島の形成論に基づく自然景観の学習の転換

    2021年4月 - 2025年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    林 慶一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    researchmap

  • 山地崩壊と土石流の作用を導入した地形学習の転換

    2016年4月 - 2021年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    林 慶一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    山地景観の形成において,大規模な斜面崩壊と土石流が第一義的な役割を担っているという仮説を検証するため,気候条件・地質条件の異なる地域での調査を行った。平成30年度は,太平洋側の夏季多雨地域から室戸半島の奈半利川および佐喜浜川上流域と紀伊半島,東北地方の火山地帯から福島県の磐梯山と宮城県北部の栗駒山麓,中部地方の山岳地帯から北アルプス南部の乗鞍岳で,斜面崩壊・土石流・山体崩壊を調査した。
    室戸半島と紀伊半島では,同じ夏季多雨気候下の付加体堆積岩類地域であるため類似の崩壊が確認されたが,室戸半島では付加過程で厚い砂岩層が破砕されて脆弱であることから,流れ盤構造でも巨大崩壊が発生すること,それに続く土石流は巨礫が少ないため破壊力は相対的に小さいが,厚く堆積する傾向があることが明らかになった。この結果は,1707年の宝永地震の際に同じ室戸半島の佐喜浜川源流域で発生した国内最大規模の崩壊である「加奈木のつえ」で,深いV字谷が大量の崩積土によって埋められて幅数百mにも達する平坦地ができているという調査結果と調和的で,この地域における一般的傾向であることが明らかになった。
    磐梯山の調査では1888年に水蒸気爆発に伴う山体崩壊が,上記の付加体堆積岩類とは全く異なる崩壊壁を作り出すこと,また栗駒山麓の調査では火山体の不安定な急斜面は,地震によっても巨大な地すべりの段波を引き起こして斜面途中に低地や湖を形成するという興味深い現象を確認した。したがって,本研究の主題の一つである斜面崩壊の概念の導入は,山体崩壊や巨大地すべりにまで拡張する必要があることが明らかになった。
    中部山岳地帯の乗鞍岳の調査では,いくつかのピークがそれぞれ火山形成史の各段階を示すことを確認した。理科では「自然景観の成り立ち」を扱うこととなっているが,火山の場合は段階的成長の視点を導入することの有用性が明らかになってきた。

    researchmap

  • 河川の流速の測定と土石流概念の導入による河川学習の転換

    2011年4月 - 2016年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

     河川とそれが作る平野については,世界と同様に日本でも小・中学校を中心に,河川の流水による侵食・運搬・堆積で説明されており,ほとんどの国民の理解もこれに基づいている。しかし,河床勾配の急な日本の河川では,流水による作用は下流部では支配的であるが,中・上流部においてはむしろ土石流による作用が主となる.本研究では,河川の上・中・下流において流水を定量的に測定してその作用の限界を評価するとともに,中・上流部において土石流の果たす役割の大きさを評価にする.これに基づき,現在は流水のみで強引に説明されている河川と平野の形成についての学習内容を,土石流概念を導入した新しい河川観に基づく学習へと転換する。

  • 化石化作用の実験教材の開発

    2006年4月 - 2007年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    化石の本質的な理解に関わる「化石化作用」という概念を,実験を通して理解するため教材を開発した。素材としては,現生及び化石の淡水介形虫を用いた。介形虫は,地球上の水の存在するところならば北極海の深海から季節的にできる水たまり,さらには湿った葉の上や土壌中にすら生息し,あまり知られていないが身近に多数生息する生物である。一方,介形虫は古生代の始まりのカンブリア紀に早くも出現し、数え切れないほどの種を生み出しながら進化して現在まで生き延びてきた。体長は1mm前後と小さいが甲殻類で,エビやカニと基本的な体制は同じで大変複雑である。特に背甲は正中線で折れ曲がって二枚貝の殻のように軟体部を保護している。しかしこの殻は貝殻ような単なる入れ物ではなく,様々な感覚毛が通る何種類かの微小な孔を初めとする内部の生体を反映した非常に複雑な構造をしているので,殻からはその生物についての様々なことがわかる。現生種を数ヶ月も飼育すれば,軟体部の腐敗から堆積物中で化石になっていく過程をたどることができ、殻にはどのような情報が残されているのかを知ることができる。化石として世界中のあらゆる時代の地層から産するので,年代や環境を知るのに重要な化石でもある。

  • 海岸段丘の新しい成因論の探究活動への導入

    1998年4月 - 1999年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 奨励研究(B)

     詳細を見る

    理科教育においては,海岸段丘の成因は大地の沈降に帰せられてきたが,実際には後氷期の海面上昇によって水没したという新しい成因論を,高等学校での探究活動に導入した。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学のパラダイムに基づくメダカの発生の授業

    2006年11月 - 2007年10月

    日産科学振興財団  理科/環境教育助成

     詳細を見る

    義務教育における動物の発生の学習の唯一の単元である小5「メダカの発生」について,新しい発生生物学のパラダイムに基づいて,初期発生の段階を組み込んだ授業を開発する。

  • 白亜紀の非海生貝形虫化石Cypridoidea上科における耐性卵と単為生殖の可能性の検討

    2006年4月 - 2007年3月

    昭和報公会  昭和報公会奨学寄付金

     詳細を見る

    白亜紀の非海生貝形虫として最も繁栄したグループであるCypridoidea上科が,生殖的・生態的にどのような特徴を持っていたかについて,耐性卵を作る能力と単為生殖の能力とい2つの観点から検討する。


共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 多摩川中流域河床の「地層の野外観察」用の観察路と支援システムの構築

    国内共同研究

    2002年4月 - 2003年3月

     詳細を見る

    多摩川中流域河床の「地層の野外観察」用の観察路と支援システムの構築(共同研究者) 2002-2003

  • 地質野外実習地としての多摩川中流域および狭山丘陵に分布する上総層の露頭の現状とそれに基づく教材開発

    提供機関:富士フイルム・グリーンファンド 

    2000年4月 - 2002年3月

     詳細を見る

    地質野外実習地としての多摩川中流域および狭山丘陵に分布する上総層の露頭の現状とそれに基づく教材開発(共同研究者) 2000-2002

  • 科学的な問いの体系を基盤にした科学教育課程編成とカリキュラム・評価方法の開発研究

    1999年4月 - 2002年3月

     詳細を見る

    科学的な問いの体系を基盤にした科学教育課程編成とカリキュラム・評価方法の開発研究(研究協力者) 1999-2001

  • 「恐竜の道」のフィールドステーション作りの基礎的研究−学校教育と生涯学習のために

    国内共同研究

    1999年4月 - 2002年3月

     詳細を見る

    「恐竜の道」のフィールドステーション作りの基礎的研究−学校教育と生涯学習のために(研究分担者) 1999-2001

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 土石流および斜面崩壊の概念を導入した地学・理科・防災教育

  • 白亜紀の陸上古環境の研究、非海生介形虫化石研究

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  地質学・古生物学 白亜紀の非海生の貝形虫化石による地層の年代論や古環境の研究

    研究費の種類: その他

  • 2020年度  地質学・古生物学 白亜紀の非海生の貝形虫化石による地層の年代論や古環境の研究

    研究費の種類: その他

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年4月
    -
    現在

    理科教育法における観察・実験の能力の向上の方法

  • 2008年3月
    -
    2021年8月

    教員免許更新講習

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    地学通論(A)(1,2年次配当,4単位),地学通論(B)(1,2年次配当,4単位),地学実験(2,3年次配当,3単位),地学実験(2,3年次配当,2単位),大気と海洋(1,2年次配当,2単位),理科教育法Ⅰ(3年次配当,2単位),理科教育法Ⅱ(3年次配当,2単位),理科教育法Ⅲ(3年次配当,2単位),理科教育法Ⅳ(3年次配当,2単位),教育実習Ⅰ(4年次配当,5単位),教育実習Ⅱ(4年次配当,3単位),教職実践演習(4年次配当,2単位),測量(3,4年次配当,2単位)。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     自然科学の中で自然界の歴史を解明する地学分野の探究方法と成果は他分野では学ぶことが難しいものが多く,理工学部のどの学科の学生にとってもそれらを学ぶことは有益であることから,前者を地学実験で後者を地学通論で習得させている。また,気象や海洋などの身近な自然現象について科学的に理解することは,文系・理系にかかわらず豊かな自然観を育成することに繋がるので,全学共通の科目を通してそれらを提供している。さらに,理工学部の3学科の教職課程では,国が強く求めている観察・実験の能力に秀でた理科教員の養成をめざして,理科教育法Ⅰ〜Ⅳで物理・化学・生物・地学の実験を含めた模擬授業を繰り返している。また,教育実習ではそれらをより実践的なものにするための事前・訪問・事後の各指導を行い,教職実践演習では近隣中学校での授業観察を通して実習での課題などの改善を図っている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     講義では,できるだけ実際の事物や現象を確認しながら理科を深めさせるため,画像や映像さらに実際の岩石や鉱物の標本を手に取らせての授業を行っている。地学実験では,地質,天文,気象,地球物理,岩石,化石など地学の全分野を網羅した実験を行い,それらのレポートの添削・修正を繰りして,広範な実験技能と知識の確実な習得を目指している。理科教育では,物理・化学・生物・地学の科学の特性や専門性を担保するため,それぞれの分野のエキスパートの非常勤講師とペアで指導すると共に,中学・高校の理科の主な実験ができる環境を整備している。また教育実習では,より実践的な指導を行うため神戸市教育委員会の理科の専門家をゲストスピーカーとして事前の授業を行い,さらに教職実践演習では,近隣中学校での理科の授業観察を行い,その事例に基づく授業改善の方法などを学生と共に協議している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     実際の事物や現象に対峙し,それを探究する活動を大きく取り入れているため,高校時代の知識のみの浅い理解から,探究の方法やそれに基づく深い理解へと大きく変化しており,それらの活動を通して,理科の面白さや奥深さと共に未だ解明されていない自然のふしぎに取り組む意欲が高まっている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     理科の全分野の指導力が求められるのが理科教員であるが,高校の免許のみを取得する学生には他分野の基礎実験科目が必修とはなっていないことから履修しない学生がおり,これらの学生の実験・観察の技能のどのように高めるかが課題であり,履修指導や補完的な実験講習(2〜3月に実施予定)に取り組みはじめている。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

     シラバス,実験説明書,講義資料,実験レポート(コメント等を記入して学生とやりとりしたもののうち,有用なものをコピーして保管している。),模擬授業の指導案(同前),教育実習日誌(同前),授業改善アンケート(自由記述欄とそれへのMykonan上の回答)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年7月 - 2014年6月   日本科学教育学会  編集委員会委員

  • 2004年7月 - 2010年6月   日本科学教育学会  評議員

  • 2004年5月 - 現在   日本地球惑星連合  教育問題検討委員会

  • 2000年4月 - 2005年11月   日本地学教育学会  編集委員会委員長

  • 1998年4月 - 現在   日本地学教育学会  評議員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大学都市KOBE!発信プロジェクト展示

    2019年6月 - 2019年7月

  • 甲南大学ナレッジキャピタル展示

    2017年1月 - 2017年2月

  • 兵庫県シンクタンク等協議会

    2013年2月

     詳細を見る

    平成24年度の第4回研究サロンにおいて,兵庫県内のシンクタンク等の研究員等に対して「自然災害と防災〜紀伊半島の土砂災害から我々は何を学び備えるか?〜」というタイトルで研究内容・成果を紹介し,続いて討論した。

  • 西宮市生涯学習大学 宮水学園

    2012年10月 - 2013年2月

     詳細を見る

    マスター講座の一つである「地球史とともに考える現代科学技術」の第5回「地球史の視点からの自然界の理解 〜歴史の積み重ねの上に作られた現在の自然〜」,第6回「地域の自然史から見た自然の恩恵と災害 〜付加体の恵みと地震・地質災害〜」,第7回「地表で進化してきたわれわれは何者か ~遺伝子的変化から文化的変化へ~」を担当した。

  • ひょうご震災記念21世紀研究機構主催「ひょうご講座2012」

    2012年9月 - 2012年11月

     詳細を見る

    「自然および人工災害に接して:自然・科学・技術を考える」(10回)のうちの第7回「今回の超巨大地震はなぜ予想できなかったのか?」と第8回「全地球誌が教えてくれる自然と災害」を担当し、さらに第9回・第10回の総合討論にも出席した。

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 河川,土石流,斜面崩壊,山体崩壊の教材化

    高等学校理科の「科学と人間生活」などで扱われる「自然景観の成り立ち」に関して,河川作用を実際の流速測定に基づいて理解したり,上流部における斜面崩壊と土石流の作用の役割の大きさを認識したり,さらに火山や山地における大規模な山体崩壊が地形を一変させることなどについて,モデル実験装置を含む多様な教材を提供しています。

  • 白亜紀の非海生介形虫化石に関する総合的な情報

    白亜紀の非海生介形虫化石に関する総合的な情報

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

教員組織審査実績 【 表示 / 非表示

  • 2005年12月   甲南大学   教授

  • 2000年12月   甲南大学   准教授

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年7月
    -
    現在

      理工学部教員養成課程委員会   (部局内委員会)

  • 2016年10月
    -
    現在

      サイコモンズ企画運営委員会   (部局内委員会)

  • 2016年5月
    -
    現在

      理工学部カリキュラム委員会   (部局内委員会)

  • 2016年5月
    -
    現在

      博物館養成課程運営委員会   (全学委員会)

  • 2016年4月
    -
    現在

      地域連携センター運営委員会   (全学委員会)

全件表示 >>