写真a

INOSE Kumie

Position

Professor

Graduating School 【 display / non-display

  • 1980.04
    -
    1982.03

    Kyoto University   Faculty of Literature   Graduated

  • 1976.04
    -
    1980.03

    Kyoto University   Faculty of Literature   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1988.03

    Kyoto University  Graduate School, Division of Letters  Doctor's Course  Accomplished credits for doctoral program

Campus Career 【 display / non-display

  • 2000.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYProfessor  

  • 1991.04
    -
    2000.03

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Letters   Associate Professor (as old post name)  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • What is Liberal Arts Good for the Students?: Discussion from a Gender-Perspective

    Kumie Inose

    Trends in the Sciences   19 ( 5 ) 7 - 7   2104.05

    Single Work

  • The Possibility of Camparative History and the Responsibility of Historians

    Ritsumeikan Studies in Language and Culture   30 ( 3 ) 25 - 29   2019.02  [Invited]

    Single Work

  • 「軍事化とジェンダー――Brexitと「帝国だった過去」の狭間で――(特集 植民地戦争におけるセクシュアリティとジェンダー――帝国だった過去と問い直す――

    井野瀬久美惠

    『女性とジェンダーの歴史』   ( 5 ) 1 - 43   2018.03

    Single Work

  • The New Posibility of Gender Studies: The Idea of Excellence, Gender Equality and Unconscious Bias in the University Reform

    Kumie Inose

    Gender Studies: Annals of the Tokai Foundation for Gender Studies   ( 20 ) 97 - 108   2018.02  [Invited]

    Single Work

  • 「ジェンダー視点からスポーツを見直す」([特集1] ジェンダーと科学の新しい取り組み)

    井野瀬久美惠

    『学術の動向――科学と社会をつなぐ』   22 ( 11 ) 39 - 46   2017.11

    Single Work

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 『甘みの文化』

    井野瀬久美惠」山辺規子」南直人」橋本周子」伏木亨 (Part: Joint Work ,  著書の62~82ページを執筆。 )

    ドメス出版  2017.10 ISBN: 978-4-8107-0836-3

    近世から近代にかけてのヨーロッパは「甘さ」に魅せられた時空間であった。本論考は、カリブ海域の植民地に砂糖きび栽培を拡大し、当時最大の砂糖消費国でもあったイギリスを中心に、「甘さ」がどのように当時の人びとと関わっていたのかを、議会文書や統計などから再考した。

  • バーバラ・チェス=リボウ『ホッテントット・ヴィーナス――ある物語』

    バーバラ・チェイス=リボウ著、井野瀬久美恵 監訳 (Part: Joint Translation )

    法政大学出版局  2012.05

  • 『アフリカと帝国――コロニアリズム研究の新思考にむけて』

    井野瀬久美恵・北川勝彦(編) (Part: Joint Editor ,  1-24、74-93頁 )

    晃洋書房  2011.02

  • 『イギリス文化史』

    井野瀬久美恵(編) (Part: Joint Work ,  全339頁 )

    昭和堂  2010.10

  • 『大英帝国という経験』

    井野瀬 久美恵 (Part: Single Work ,  全398頁 )

    講談社  2007.11

    (興亡の世界史シリーズ・第16巻)

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • GEAHSS(ギース)の設立と歴史学研究の室 (歴史学における男女共同参画)

    井野瀬久美惠」小澤弘明」横山百合子」三上喜孝

    歴史学研究会大会  (立教大学池袋キャンパス)  2019.05  -    歴史学研究会

    2017年5月に設立された人文社会科学男女共同参画推進学協会連絡会(GEAHSS,ギース)の初代委員長として、2018年に施行したアンケート調査分析(中間報告)を中心に、歴史学分野における男女共同参画推進が歴史学研究の質的向上とどうつながっているか、考えた。

  • How the Imperial Past Matters in Our Time, 1988-2018

    2018.11  -  2018.11 

  • 「奴隷貿易廃止200周年の記憶とその意味――ポストコロニアルの歴史教育試論」

    井野瀬久美恵

    英語圏文学におけるポストコロニアリズム研究会(津田塾大学言語文化研究所)  2010.11  -  2010.11 

  • 「サブカルチャーとブリティッシュ・アイデンティティ――ヴィクトリア朝再考」

    井野瀬久美恵

    日本ヴィクトリア朝文化研究学会第9回大会シンポジウム  (大東文化大学)  2009.12  -  2009.12 

    問題提起、ならびに司会進行

  • 「奴隷貿易にジェンダーの視点をクロスオーバーさせる」

    井野瀬久美恵

    シンポジウム「歴史教育とジェンダー――教科書からサブカルチャーまで」日本学術会議史学委員会・歴史学とジェンダーに関する分科会)  (日本学術会議講堂)  2009.12  -  2009.12 

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Project Year: 2000.04  -  2001.03 

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Project Year: 2006.04  -  2008.03 

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Project Year: 2012.04  -  2015.03 

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Project Year: 2008.04  -  2011.03