写真a

梅本 剛正 (ウメモト ヨシマサ)

UMEMOTO Yoshimasa

職名

教授

学位

法学修士(京都大学)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年04月

    京都大学  法学研究科  修士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    継続中

    甲南大学   法学研究科   教授  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本私法学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 議決権行使助言会社の規制

    梅本 剛正

    証研レポート ( 日本証券経済研究所大阪研究所 )  ( 1717 )   2019年12月  [招待有り]

    単著

  • 非財務情報に関する開示ルールの在り方

    梅本 剛正

    青山アカウンティング・レビュー ( 青山学院大学大学院会計プロフェッション研究センター )  ( 9 ) 29 - 33   2019年10月  [招待有り]

    単著

  • エクイティ型役員報酬とインサイダー取引規制の適用除外

    梅本 剛正

    Disclosure & IR ( ディスクロージャー&IR 総合研究所 )  ( 10 ) 28 - 34   2019年08月  [招待有り]

    単著

  • フェア・ディスクロージャー・ルールの検討

    梅本剛正

    証研レポート   ( 1712 ) 41 - 55   2019年02月  [招待有り]

    単著

    金商法に新設されたフェア・ディスクロージャー・ルールにつき検討したもの

  • 役員等の自社株売買情報の開示

    梅本剛正

    証研レポート   ( 1706 ) 73 - 90   2018年02月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 金商法入門

    梅本剛正 (担当: 単著 )

    中央経済社  2018年06月 ISBN: 978-4-502-25291-4

  • 商行為法講義(第二版)

    森本滋編著 (担当: 共著 )

    成文堂  2006年11月

  • 現代の証券市場と規制

    梅本剛正 (担当: 単著 )

    商事法務  2005年11月

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額と民訴法248条の類推適用

    梅本 剛正

    民商法雑誌 ( 有斐閣 )  155 ( 4 ) 792 - 803   2019年10月  [依頼有り]

    単著

  • 商品取引員の説明義務・通知義務

    梅本剛正

    商法判例百選(別冊ジュリスト) ( 有斐閣 )  ( 243 ) 140 - 141   2019年06月

    総説・解説(商業誌)   単著

    最判平成4・2・28の解説

  • 虚偽記載のある有価証券報告書等に監査証明をした監査法人の責任

    梅本剛正

    判例時報(判例評論) ( 判例時報社 )  ( 2398 ) 149 - 153   2019年05月

    総説・解説(商業誌)   単著

    東京高判平成30.3.19の判例評釈

  • 監査法人の交代と粉飾決算の責任

    梅本剛正

    旬刊経理情報 ( 中央経済社 )  ( 1540 ) 1 - 1   2019年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

    粉飾決算を行った会社の監査法人が交代した場合の責任について考察

  • 商事法判例研究(603)金融商品取引所による上場廃止処分の違法性 東京地裁平成24.9.24判決

    梅本剛正

    旬刊商事法務 ( 商事法務研究会 )  ( 2113 ) 83 - 87   2016年10月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 日本取引所グループ金融商品取引法研究会

    2017年04月  -  継続中

    大阪取引所(JPX)  飯田秀総,石田 眞得,伊藤 靖史,梅本 剛正ほか全21名  座談会

    当研究会は、二十数名の気鋭の研究者により構成され、金融商品取引法を中心に金融証券市場に関係する様々な法的課題を取り上げて、原則として毎月1回の頻度で報告と議論を行っています。 当研究会で行われた報告と議論の内容については、以下のとおり、報告資料及び議事録を公開していますのでご参照ください。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 大隅健一郎賞

    2006年01月   大隅記念財団  

    受賞者:  梅本剛正

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    MLを通じた教材配布

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    商法演習Ⅰ(D)、商法演習Ⅰ(N)、商法演習Ⅱ(D)、商法演習Ⅱ(N)、企業金融法、金融商品取引法

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    甲南大学が経済界に有為な人材を育成してきた伝統を活かして、「法の支配」を原理とし、日本の社会経済をリードするため、広い意味での「ビジネス」に関わる法律実務を担う法曹の養成を主な目的とする。甲南大学法科大学院における教育研究の目的は、上記に定める、高度の職業人である法曹養成の目的を達成し得るよう、学術の理論及び応用を教授研究し、高度の専門性が求められる法曹の養成を担うための深い学識及び卓越した能力を培うこととしている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    法科大学院では、「学び」と「教え」の双方向性コミュニケーション重視の授業を行っている。5名~15名程度の少人数教育に加え、様々なテーマの起案を提出させることを重視している。また、研究者と実務家の配置による理論と実務のバランス学習、アカデミック・アドバイザーによる学習支援、オフィスアワーでの院生とのコミュニケーションなどを行っている。分野別打ち合わせなどを通じて、院生の実情を踏まえた学習指導と3年または2年間を見通した学習指導計画を策定し院生の「学び方」と教員の「教え方」にミスマッチが生じないように工夫している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    法科大学院では、基本的に各科目とも100点満点で60点以上の評価をした場合に単位を認定している。本法科大学院が作成している「教育スタンダード」で「共通的な到達目標モデル」に準拠した到達目標を示しており、評価の土台としている。法曹専門職能力全般については、各授業において、平常点、中間到達度評価、定期試験にわけて多角的な視点から学生の学習到達度を評価している。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    法科大学院では、授業アンケートを定期的に実施しており、集約した院生の声を教授会で共有している。自身のアンケート結果だけではなく、他の教員に関する院生の意見も踏まえて授業改善に役立てていきたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    学習ガイダンス・授業評価アンケート