写真a

WATANABE Gishu

Position

特別客員教授

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Faculty of Law   Graduated

    - 1976.3

Graduate School 【 display / non-display

  • .コーネル大学ロースクール   法学研究科   Master's Course   Completed

    1984.9 - 1986.6

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Law   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    1978.4 - 1981.3

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Law   Master's Course   Completed

    1976.4 - 1978.3

Campus Career 【 display / non-display

  •   法科大学院   教授

    2004.4

  • KONAN UNIVERSITY   test

    2020.4

  •   法科大学院   院長

    2004.4 - 2019.3

External Career 【 display / non-display

  • Konan University Director of Recurrent Education Center

    2020.4

  • 大阪弁護士会

    2004.12

  • 弁護士登録

    2004.12

      More details

    Country:Japan

  • Konan Law School   Ph.D.(Kyoto University)

    2004.4

  • 司法試験第2次試験考査委員(刑事訴訟法)

    1994.4 - 2003.3

display all >>

 

Research Career 【 display / non-display

  • research into the Criminal Appeal

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2010.4  -   

  • Lay-Judge System;it's reality and the problems to be solved

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2009.4  -   

  • judicial interpretation in criminal procedure

    The Other Research Programs  

    Project Year: 1998.12  -   

Papers 【 display / non-display

  • Criminal Defense for Hearing-Impaired Person in Sex-Crime

    Osamu Watanabe, Gishu Watanabe

    Konan Law Forum   ( 17 )   105 - 118   2021.3

     More details

    Joint Work

    researchmap

  • Criminal Defense for the Deaf Invited Reviewed

    Gishu Watanabe, Osamu Watanabe

    65 - 70   2020.1

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • Criminal Defense in Criminal Appeal Court Invited Reviewed

    watanabe osamu, watanabe gishu

    543 - 575   2017.9

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 刑事控訴審弁護ー「学者」弁護士始末 Reviewed

    渡辺修

    新時代の刑事弁護(浦功先生古希記念論文集)   2017.9

     More details

    Joint Work

    Authorship:Lead author  

    刑事控訴審の実情と課題を実際の事例を軸にしてまとめたもの。

  • 「刑事裁判と因果関係の立証~刑事実務の雑感として」

    渡辺修

    浅田和茂先生古希祝賀論文集(下巻)   327 - 345   2016.10

     More details

    Single Work

    researchmap

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 6 Basic laws with basic case-laws

    ( Role: Joint author)

    2019.11  ( ISBN:978-4-385-15969-0

  • 法務六法(2021)令和3年版 判例付き

    渡辺 顗修 (渡辺 修)(刑事訴訟法編)

    三省堂  2020.11 

     More details

  • 模範六法 2021(令和3年版)

    渡辺 顗修 (渡辺 修)(刑事訴訟法編)

    三省堂  2020.11 

     More details

  • 障害者刑事弁護マニュアル

    渡辺 顗修(障害者弁護の留意点ー聴覚障害の場合)

    現代人文社  2020.1 

     More details

    各種障害のある被疑者・被告人が参加する刑事手続において刑事弁護はどうあるべきか大阪弁護士会関係弁護士において分担執筆するものである。渡辺ぎしゅうは,このうち,聴覚障害者が被疑者・被告人である場合について,取り扱っている。
    なお,出版時期は未定である。2020年3月を目指している。

    researchmap

  • 平成21年版より[コンサイス判例六法]から名称変更.本年度が最終版.法務六法へ移行.

    2019.11  ( ISBN:9784385156750

     More details

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 司法取引で証言,慎重判断 *事件コメント

    渡辺修, 渡辺顗修

    日本経済新聞   47 - 47   2021.3

     More details

  • 刑事裁判証拠「デジタル化を」*コメント

    渡辺修, 渡辺顗修

    読売新聞   2021.3

     More details

  • Civil Movement for Justice to the Politicians

    河井克行・案里元議員の公選法違反事件に関するコメント

    13 - 13   2021.3

     More details

  • <奥田交番襲撃 法廷から> 島津被告 無期懲役 判決宣告に無反応 発言ないまま閉廷 *コメント

    渡辺修, 渡辺顗修

    北日本新聞(朝刊)   33 - 33   2021.3

     More details

  • 取り調べ動画 被告が投稿/高知地検起訴 証拠の目的外使用 *コメント

    渡辺修, 渡辺顗修

    読売新聞(朝刊)   2021.2

     More details

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 手話通訳士のための「司法研修会」

    渡辺顗修, 栗林亜紀子

    ここ数年,甲南大学の法廷教室などを利用して,兵庫県手話通訳士協会のメンバーと一緒に司法に関連する手話通訳の研修を行っている。今回は,コロナ禍の中なので,すべてオンラインによって実施した。 

     More details

    Event date: 2021.2

    researchmap

  • Case Study Method in Japanese Law School

    Watanabe Gishu

    Case Study Method in Japanese Law School 

     More details

    Event date: 2020.12

    researchmap

  • 「心の病」と新たな刑事立法に向けて(口頭報告)

    渡辺顗修, 他山田直子, イ・ジョンミン,パク・ジェミンによる共同研究を踏まえた口頭報告

    法と心理学会 

     More details

    Event date: 2020.10

    researchmap

  • 「司法通訳と人権~通訳者の役割と課題~」

    渡辺ぎしゅう

    2019年度 石川県手話通訳士会公開講座 

     More details

    Event date: 2020.2

    researchmap

  • 司法通訳について

    渡辺ぎしゅう

    金沢弁護士会研修 

     More details

    Event date: 2020.2

    researchmap

display all >>

Other Research Activities 【 display / non-display

  • 韓日刑事法研究

    2018.11

     More details

    Fieldwork

    日韓の刑事法関係の研究者が年一回日本または韓国で研究会を開催し,最先端の問題に関する相互の状況把握,比較検討を行う。

  • ろう者と刑事手続

    2012.11

     More details

    Fieldwork

    聴覚障害のある被疑者・被告人が刑事手続において防御権を適正・公正に行使するための通訳保障などの問題について,弁護士,手話通訳者,ろう者をまじえた研修を継続実施するもの。

  • 裁判員裁判に関する研究

    2007.1

     More details

    (2007~現在継続中、模擬裁判傍聴。制度研究。)

  • 控訴審、上告審手続の研究

    2004.1

     More details

    (2004~現在進行中)

  • 世界各国の被疑者取調べの実状調査

    2001.1

     More details

    (2001ー現在継続中。05年にアメリカ調査予定
    *日本弁護士連合会の海外調査活動に同行協力。

display all >>

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • 「心の病」と新たな刑事立法―韓日比較法研究

    International Joint Research

    2007.1

    Jung Min Lee (韓国) 檀国大学校(Dankook University)法学部教授 山田直子(日本) 関西学院大学 法学部教授

      More details

    21世紀に入り,刑事法の世界では「心の病」が犯罪を作り出す現象が顕著になっている。日本では死刑宣告が取り沙汰された例を挙げる。
    2018年6月,走行中の新幹線内で人を殺害して刑務所に入ることを目的とする無差別殺傷事件が起きた。検察官は「人格障害」が犯行の背景にある点を摘示して無期懲役求刑に留め死刑を回避した。裁判員裁判でも無期懲役が選択された。
    2015年9月,熊谷市でペルー人が住民を襲って6人を殺害する事件が起きている。一審裁判員裁判では死刑が選択されたが,控訴審で「統合失調症」に基づく犯行として神耗弱を認め無期懲役に代えている。
    2012年6月,心斎橋筋で発生した通り魔殺人事件では,2名の犠牲者が出た。被告人は覚せい剤中毒後遺症に起因する幻聴が聞こえる世界の中で凶行に及んだ(一審の裁判員裁判で死刑が宣告されたが,高裁で破棄,無期懲役となる。最高裁もこれを支持した)。
    さて,同時期に韓国でも「心の病」が犯罪を作り出す現象が現れている。ただ早い時期から,刑事法改正による様々な保安処分等を立法化して運用を行っている。
    そこで,この研究では,加害者に「心の病」が芽生えて犯罪につながる事例が起きる現象について韓日の比較を行い,有効な防止・捜査・処遇策について韓国刑事法改正を参考にしながら,立法論を検討する。そして,刑法・刑事訴訟法・刑事政策の3側面から,「『心の病』と新たな刑事立法」を「3つの提言」としてまとめる。
    その際,韓日ともに市民参加型刑事裁判を実現していることも考慮し(韓国「国民参与裁判」,日本「裁判員裁判」),韓日の市民が刑事裁判の場で「心の病」の取扱いを公正に行うにはいかなる工夫が必要か,実例調査を踏まえて検討する。また,刑事裁判と処遇をブリッジし,「心の病」ある人を円滑に社会が受け入れるプログラムのあり方を検討する。

  • 「司法通訳に関する法制度等の調査」シンガポール(再調査)

    Offer organization:法務省  General funded research

    委託研究調査  2007.8

    渡辺修

      More details

  • 法務省委託研究調査「司法通訳に関する法制度等の調査」オランダ、スイスの調査。

    General funded research

    2006.11

      More details

    法務省委託研究調査「司法通訳に関する法制度等の調査」オランダ、スイスの調査。

    2006年 出資金による受託研究

  • 「司法通訳に関する法制度等の調査」オランダ・ハーグ,アムステルダム,スイス・ベルンにて

    Offer organization:法務省  General funded research

    委託研究調査  2006.3

    渡辺修

      More details

  • 「司法通訳に関する法制度等の調査」台湾,香港,シンガポールにて

    Offer organization:法務省  General funded research

    委託調査研究  2005.3 - 2005.5

    渡辺修

      More details

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 刑事手続と被害者 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する。(共同研究)

  • 比較司法通訳制度 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する。(共同研究)

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2014.4 - 2018.3   明石市  オンブズマン

      More details

  • 2010.4 - 2016.3   西宮市  開発審査委員会委員

      More details

  • 2009.5   法と言語学会  理事

  • 2004.10 - 2006.10   法と心理学会  理事

Social Activities 【 display / non-display

  • 司法場面における手話通訳研修

    Role(s): Lecturer, Advisor

    札幌聴覚障害者協会  オンライン/WEB研修  Zoomによる  2022.1

     More details

    札幌聴覚障害者協会が毎年実施する手話通訳者のための研修会。1月22日に講演「あるろう者の生きざま」を行い,これを踏まえて,翌23日には,「特別調整」と犯罪からの更生について別の弁護士を招き研修を行う。さらに23日午後に手話実践研修を行った。

  • 弁護士(下村・辻法律事務所)

    2019.6

     More details

    刑事弁護人としての活動・実務。

  • 弁護士(大阪弁護士会後援、大阪パブリック法律事務所(旧・刑事こうせつ法律事務所)客員)

    2004.12 - 2019.5

     More details

    弁護士(大阪弁護士会)。大阪パブリック法律事務所所属弁護士として刑事弁護実務を行う。

  • 授業「刑事裁判と裁判員裁判」

    Role(s): Lecturer

    大阪弁護士会  法教育授業・八尾高校(大阪府立)3年・1420~1510  2019.1

     More details

  • 西宮市公正職務審査委員会委員

    2018.10

display all >>

 

Recommended URL 【 display / non-display

  • ResearchMap 研究ブログ

    https://researchmap.jp/read0158191/

    渡辺顗修がResearchMapで公開している主に刑事手続の研究関連のブログ。

    Law

  • 法、刑事裁判、言語を考える

    http://justice-justice.seesaa.net/

    裁判員裁判の実情と問題点のコメント、刑事司法の問題状況などを簡潔に解説している。その他若干の私的な記事を掲載している。

    Law