写真a

WATANABE Gishu

Position

Professor

Research Field

Criminal law

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1976.03

    Kyoto University   Faculty of Law   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  • 1978.04
    -
    1981.03

    Kyoto University  Graduate School, Division of Law  Doctor's Course  Accomplished credits for doctoral program

  • 1976.04
    -
    1978.03

    Kyoto University  Graduate School, Division of Law  Master's Course  Completed

Campus Career 【 display / non-display

  • 2004.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYProfessor  

  • 2004.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITY

  • 2003.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Law   Professor  

 

Research Career 【 display / non-display

  • research into the Criminal Appeal

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2010.04  -   

  • Lay-Judge System;it's reality and the problems to be solved

    The Other Research Programs  

    Project Year: 2009.04  -   

  • judicial interpretation in criminal procedure

    The Other Research Programs  

    Project Year: 1998.12  -   

Published Papers 【 display / non-display

  • 刑事控訴審弁護ー「学者」弁護士始末

    渡辺修

    新時代の刑事弁護(浦功先生古希記念論文集)     2017.09  [Refereed]

    Joint Work

    刑事控訴審の実情と課題を実際の事例を軸にしてまとめたもの。

  • 「刑事裁判と因果関係の立証~刑事実務の雑感として」

    渡辺修

    浅田和茂先生古希祝賀論文集(下巻)     327 - 345   2016.10

    Single Work

  • 「破棄」された裁判員裁判と控訴審の機能

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    甲南法務研究   ( 10 ) 47 - 67   2014

    Single Work

  • 被告人の証人喚問・審問権と所在尋問の限界ー元オウム真理教信者の事件を契機にー

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    『曽根威彦先生・田口守一先生古稀祝賀論文集』     701 - 723   2014

    Single Work

  • 裁判員裁判についてー3年後検証と「市民主義」の充実・発展のために

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    甲南法務研究   ( 9 ) 13 - 22   2013

    Single Work

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 6 Basic laws with basic case-laws

    (Part: Joint Work )

    2019.11 ISBN: 978-4-385-15969-0

  • Hearing Impaired and Trial by Saibanin

    (Part: Joint Work )

    Shohakusha  2017.10 ISBN: 978-4-7754-0239-9

  • 『聴覚障害者と裁判員裁判』

    渡辺 顗修 (渡辺 修) (Part: Other ,  4~39頁,41~95頁(共著) )

    松柏社  2017.10

  • 『法廷通訳人の倫理』

    渡辺 顗修 (渡辺 修) (Part: Other ,  内容すべてにわたり共著者と共同作業・共同検討によりまとめる。 )

    松柏社  2015.11

  • 現代の刑事裁判

    渡辺修 (Part: Single Work ,  上記タイトルの論文集の執筆 )

    成文堂  2014.09 ISBN: 978-4-7923-5120-5

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • ■Misc■ この項目では新聞・雑誌などが紹介する刑事事件関係の記事内の研究者コメントを取り上げる。

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    *ここでは,主に新聞記事が取り上げる刑事事件について専門家としての意見・コメント・解説を掲載する     2020.12

    Single Work

  • ■「強制起訴」事件記事コメントー強制起訴制度に関するコメントには■「強制起訴」■を付している。

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    *市民が起訴を強制できる制度の運用に関するコメント。タイトル名の記事内で数行程度の専門家コメントとして掲載されている。     2020.11

    Single Work

  • 匿名審理 揺れる遺族/実名にリスク、大半の被害者に適用

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    日本経済新聞1月7日   11字 ( 17行 )   2020.01

    Single Work

  • ゴーン被告のPC押収で火花ー検察要求、弁護団は拒絶 裁判所協力せず、実現困難か

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    神戸新聞1月13日     13字 - 9行   2020.01

    Single Work

  • 「保釈、海外逃亡対策甘く」 ゴーン元会長巡り専門家指摘

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    日本経済新聞1月3日   11字 ( 33行 )   2020.01

    Single Work

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • 被疑者取調べについて

    渡辺修・甲南大学法科大学院教授

    被疑者取調べ録画研究会  (京都弁護士会)  2109.06  -  2109.06  同上

  • 司法場面における手話通訳研修

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    札幌聴覚障害者協会主催「手話通訳者研修会  2019.11  -  2019.11 

  • シンポジウム「あなたの知らない手話通訳の世界」

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    関西学院大学手話言語研究センター・兵庫県手話通訳士協会共催  2019.09  -  2019.09 

  • 聴覚障がい者と刑事裁判ー『手話通訳】の役割と課題

    渡辺 顗修 (渡辺 修)

    大阪弁護士会研修講座  2019.09  -  2019.09 

  • 録音録画媒体の実質証拠利用をめぐって~日本側指定討論者として

    渡辺 修

    日韓刑事法研究会  2018.11  -  2018.11 

display all >>