写真a

田中 雅史 (タナカ マサシ)

TANAKA Masashi

職名

教授

学位

文学修士(東京大学)

専門分野

比較文学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    東京大学   文学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年11月

    東京大学  総合文化研究科  比較文学専攻  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

      徳島大学  

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      徳島大学  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    東大比較文学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本比較文学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ナルシシズムの「空虚」と文学 ジュリア・クリステヴァの一次同一化とそのSF・ホラー・ミステリーなどを含む文学研究への応用について

    田中雅史

    甲南大學紀要 文学編 No169     2019年03月

    単著

  • 村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』における「美的対象」の回復 ーードナルド・メルツァーの「美的対象」および「閉所」理論の文学研究への応用

    田中 雅史

    甲南大學紀要 文学編 No.167     2017年03月

    単著

  • 小野不由美作品における分離の象徴化② 「秩序」と「世界の外」

    田中 雅史

    甲南大學紀要 文学編 No.166     2016年03月

    単著

  • 小野不由美作品における分離の象徴化① 自分自身の王であるということ

    田中 雅史

    甲南大學紀要 文学編 No.165     2015年03月

    単著

  • 文学作品の解釈と前エディプス期の精神分析理論

    田中 雅史

    甲南大学紀要   ( 163 ) 3 - 14   2013年03月

    単著

全件表示 >>