写真a

町田 信也 (マチダ ノブヤ)

MACHIDA Nobuya

職名

教授

学位

工学博士(大阪府立大学)

専門分野

無機材料・物性

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    大阪府立大学   工学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年08月

    大阪府立大学  工学研究科  応用化学  博士課程  中退

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   教授  

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   理工学部   助教授  

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    甲南大学   理学部   助教授  

  • 1991年04月
    -
    1998年03月

    甲南大学   理学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1997年03月

      ドイツ・ミュンスター大学  

  • 1986年04月
    -
    1991年03月

      大阪府立大学 工学部   応用化学科  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2011年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 1992年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ電気化学協会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    粉体粉末冶金協会

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    電気化学会

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    日本セラミックス協会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • イオン伝導性ガラス

    その他の研究制度  

    研究期間: 2000年04月  -  継続中

    固体であるにもかかわらず、室温で高いイオン伝導性を示す「高イオン伝導性ガラス」あるいは「高イオン伝導性無機結晶材料」に関する研究

  • 全固体リチウム電池

    その他の研究制度  

    研究期間: 1991年04月  -  継続中

    高い安全性と高エネルギー密度を併せ持つことができるデバイスとして期待されている全固体型リチウム電池の特性向上に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Liquid-phase syntheses of sulfide electrolytes for all-solid-state lithium battery

    Akira Miura1, Nataly Carolina Rosero-Navarro 1, Atsushi Sakuda, Kiyoharu Tadanaga, Nguyen H. H. Phuc, Atsunori Matsuda, Nobuya Machida, Akitoshi Hayashi and Masahiro Tatsumisago

    Nature Reviews Chemistry ( SPRINGER NATURE )  3   189 - 198   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • NMR studies on lithium ion migration in sulfide-based conductors, amorphous and crystalline Li3PS4

    Kikuko Hayamizu, Yuichi Aihara, TakuWatanabe, Takanobu Yamada, Seitairo Ito, NobuyaMachida

    Solid State Ionics ( Elsevier )  285   51 - 58   2016年  [査読有り]

    共著

  • 銅シェブレル相と硫黄の混合物を正極活物質として用いたリチウム-硫黄全固体電池の特性

    木下俊二、町田信也、重松利彦

    粉体および粉末冶金   62 ( 4 ) 81 - 92   2015年  [査読有り]

    共著

  • Additive effect of ionic liquids on the electrochemical property of a sulfur composite electrode for all-solid-state lithiumesulfur battery

    Shunji Kinoshita*, Kazuya Okuda, Nobuya Machida, Toshihiko Shigematsu

    Journal of Power Sources   269   727 - 734   2014年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 非晶質Li₃PS₄を固体電解質として用いた電気化学セルにおける炭素系負極材料(MCMB)の電気化学的特性

    小川 明純、町田 信也、木下 俊二、内藤 宗幸、重松 利彦

    粉体および粉末冶金   61 ( 6 ) 298 - 305   2014年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 全固体リチウム電池の開発動向と応用展望

    監修:辰巳砂昌弘、林 晃敏 、第Ⅱ編、第2章 町田信也 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2019年06月 ISBN: 978-4-7813-1419-8

    全固体リチウム硫黄電池について

  • 全固体電池開発の最前線

    辰巳砂昌弘編 町田信也(分担執筆) (担当: 共著 , 担当範囲: 全固体型リチウム電池用Li-Si合金の開発と応用 )

    シーエムシー出版  2011年12月 ISBN: 978-4-7813-0478-6

  • 電池ハンドブック

    電気化学会 電池技術委員会編、  町田信也(分担執筆) (担当: 共著 , 担当範囲: リチウム-硫黄電池 )

    オーム社  2010年02月 ISBN: 978-4-274-20805-8

    pp.354-357

  • 無機化学 (役に立つ化学シリーズ)

    出来成人、水畑 穣、辰巳砂昌弘 編、 町田信也(分担執筆) (担当: 共著 , 担当範囲: 結合と構造 )

    朝倉書店  2009年03月 ISBN: 978-4254255935

  • 現代無機材料科学

    足立吟也、南努 編著 町田信也(分担執筆) (担当: 共著 , 担当範囲: エネルギーと材料 )

    化学同人  2007年01月 ISBN: 978-4-7598-1074-5

    pp.105-113

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 無機系固体電解質を用いた全固体リチウム電池

    町田信也、重松利彦

    マテリアル・インテグレーション ( 株式会社TIC )  15   25 - 30   2002年11月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • メカニカルミリング法による全固体リチウム電池用負極材料の合成

    町田信也、重松利彦

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  2001   76 - 80   2001年11月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • メカニカルミリング法による全固体リチウム電池用負極材料の合成

    町田 信也

    工業材料     76 - 80   2001年

    単著

  • メカニカルミリングにより合成したLi4.4Si合金の負極材料特性

    町田 信也

    粉体および粉末冶金   48   267   2001年

    単著

    DOI

  • Effect of calcining temperature on the tetragonal-to monoclinic phase transition characteristics in 2 mol% yittria-doped zirconia ceramics

    MACHIDA Nobuya

    J. Mater. Science   35 ( 12 ) 3053 - 3057   2000年

    単著

    DOI CiNii

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • High Temperature Performance of Sulfer-VGCF-Li3PS4 Composites as a Positive Electrode for All-solid-state Batteries

    Tsubasa Fujiwara*, Kazuya Okuda, and Nobuya Machida

    21st International Conference on Solid State Ionics  ( Padua, Italy,)  2017年06月  -  2017年06月   

  • A Synthesis of Li7P3S11 Solid Electrolytes Using Ethereal Solvents

    Nobuya Machida* and Moeka Nakakita

    21st International Conference on Solid State Ionics  ( Padua, Italy,)  2017年06月  -  2017年06月   

  • ポリアミド樹脂を用いて作製したシリコン塗布膜の全固体リチウム電池用負極材料特性

    町田信也、及川 航

    粉体粉末冶金協会平成29年度春季大会(第119回講演大会)  (早稲田大学 国際会議場)  2017年05月  -  2017年06月    粉体粉末冶金協会

  • メカニカルミリング法による(1-x)LiI・xLiBr・2Li3PS4非晶質体の合成とそのイオン伝導特性

    小西 洋輔、町田信也

    粉体粉末冶金協会平成29年度春季大会(第119回講演大会)  (早稲田大学 国際会議場)  2017年05月  -  2017年06月    粉体粉末冶金協会

  • 湿式法によるリチウムイオン伝導性(1-x)LiI・xLiBr・2Li3PS4の作製とイオン伝導特性

    町田信也、田中 隆

    粉体粉末冶金協会平成29年度春季大会(第119回講演大会)  (早稲田大学 国際会議場)  2017年05月  -  2017年06月    粉体粉末冶金協会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 粉体粉末冶金協会 進歩賞

    2004年11月11日   粉体粉末冶金協会   

    受賞者:  町田信也

  • 日本セラミックス協会 進歩賞

    1992年11月11日   日本セラミックス協会   

    受賞者:  町田信也

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー密度型全固体リチウム電池用材料の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2003年04月  -  2004年03月 

    a

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 先進・革新蓄電池材料評価技術開発(第2期)

    提供機関:  新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)  NEDO SOLiD-EV

    研究期間: 2018年06月  -  継続中 

  • 硫化物型全固体電池

    提供機関:  科学技術振興機構(JST)  先端的低炭素化技術開発(ALCA)

    研究期間: 2013年08月  -  継続中 

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 無機固体電解質を用いた全固体二次電池の創出

    提供機関: JST ALCA SPRING  一般受託研究

    研究期間: 2013年07月  -  継続中 

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 全固体リチウム電池の開発  産学連携、民間を含む他機関との連携を望みます。

  • リチウム電池用の電極材料の合成・物性  民間企業などとの共同研究を望みます(技術相談)

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
     
     

    2019年度 他大学との合同セミナーによる卒業研究指導の方法・内容に関する討論(FD)

  • 2019年01月
     
     

    2018年度 他大学との合同セミナーによる卒業研究指導の方法・内容に関する討論(FD)

  • 2018年01月
     
     

    2017年度 他大学との合同セミナーによる卒業研究指導の方法・内容に関する討論(FD)

  • 2017年01月
     
     

    2016年度 他大学との合同セミナーによる卒業研究指導の方法・内容に関する討論(FD)

  • 2016年01月
     
     

    2015年度 他大学との合同セミナーによる卒業研究指導の方法・内容に関する討論(FD)

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    無機化学基礎(2年次配当、2単位)、無機化学A(3年次配当、2単位)、物理化学要論2(3年次配当、2単位)、物理化学演習2(3年次配当、2単位)、機能分子化学研究ゼミ(3年次配当、1単位)、機能分子化学卒業研究(4年次配当、8単位)技術の歴史(基礎共通科目、2単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    現在の高度化社会は科学技術を基盤として成立している。この基盤となる科学技術は多方面に渡っているが、これらの科学技術を具現化するためには、高度に設計・最適化された材料を使いこなすことが必須となっている。このような材料を設計・最適化する手法は、新規材料を開発するためには非常に有用である。このような考え方に学生が触れるとともに、身に付けることを教育目標としている。特に、担当者の専門領域となるエネルギー関連無機材料を題材として、主に卒業研究や研究ゼミなどの科目において実践しているが、その他の講義科目においても、学生がこのような「視点を意識」する機会を提供するようにしている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    化学という学問体系の性質上、知識を積み上げていく学習過程が必要となるため、低学年においてはどうしても基礎的な知識の習得・習熟を目的とすることになる。また、科学技術の急速な発展に伴い、必要とされる基礎知識の量も増加傾向にあるため、より効率的な学習が必要である。多量の問題を自立的に解く練習を積むことが最も効率的かつ効果的な学習法の一つであることから、低学年の授業においては、宿題や小テストを毎回課すように心かけている。一方、卒業研究等の科目においては、一つのテーマに対して多方面からのアプローチができるように、じっくり時間をかけて、材料の設計・最適化手法を体験できるようにしている。これらの科目については、毎週報告会を行い、自らが考え行った内容を、他人が論理的に理解できるように伝える演習を実践している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    低学年の科目においては、宿題や小テストの量が多くなるため、自律的に問題を解く努力を惜しまない学生と、漫然と聴講している学生とには顕著な差が生じる傾向にある。自ら調べて、具体的に手を動かして課題に取り組む姿勢に乏しい学生が散見される。講義内容が多岐に渡るためか、欠席が続くと授業内容が理解できなくなることが多い。学生から、このような観点での改善を求められている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    講義では、基礎的な内容を理解しやすいようにできるだけシンプルな題材を扱うようにしているが、現実に生活で役立っている物質や新規材料の開発においては、「例外」こそが重要であるため、このバランスをとることが課題である。「例外」は混乱を招くことが多いと考えられるので、これらの扱い割合を減らす方向で検討したい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、授業改善アンケート

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    電気化学会   関西支部幹事

  • 2001年04月
    -
    2010年03月

    日本化学会   近畿支部幹事

  • 1995年04月
    -
    継続中

    (社団法人)ニューガラスフォーラム   幹事

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • リチウムイオン伝導性固体材料の合成・特性評価技術

    高エネルギー密度と安全性を兼ね備えた次世代蓄電池として期待される材料の合成・特性評価に関するノウハウの提供

  • 硫化物系固体電解質の取り扱い方法

    次世代型蓄電池である全固体電池の構築に必要不可欠であるが、その取扱い方法が幾分難しい固体電解質の取り扱い方法について、取り扱い環境を含めて提供する