写真a

中里 英樹 (ナカザト ヒデキ)

NAKAZATO Hideki

職名

教授

学位

修士(文学)(京都大学)

専門分野

家族社会学 社会学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    京都大学   文学部   社会学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    京都大学  文学研究科  社会学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

    甲南大学   文学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      (財)21世紀ヒューマンケア研究機構家庭問題研究所  

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      松阪大学  

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

      松阪大学  

  • 1998年04月
    -
    2003年03月

      国際日本文化研究センター  

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      松阪大学  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本人口学会

  • 1993年09月
    -
    継続中
     

    日本家族社会学会

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    日本社会学会

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    関西社会学会

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • [My Opinion] 働き方改革の試金石としての男性の「長期」育児休業

    中里英樹

    月刊 企業年金 ( 企業年金連合会 )  ( 2019.3 ) 22 - 23   2019年03月

    総説・解説(その他)   単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 「ライフコースの多様化と子育て期の働き方」

    中里 英樹

    甲南大学人間科学研究所第7回公開シンポジウム  2006年07月  -  2006年07月   

    『甲南大学人間科学研究所第7回公開シンポジウム 育てることの困難――家族・教育・仕事の今を考える』パネリスト

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • Tough Choices: Bearing an Illegitimate Child in Contemporary Japan. By Ekaterina Hertog . Stanford, Calif.: Stanford University Press. 2009. Pp. x+228. $55.00

    2011年01月  -  2011年01月

    書評

    The American Journal of Sociology 116(4)

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第2回日本人口学会普及奨励賞(共訳書に対して)

    2004年06月   a  

    受賞者:  中里 英樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本とオーストラリアにおける子育て期の仕事と生活の再構築に関する比較研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2013年03月 

    a

  • 近世日本の歴史人口データベースを利用した比較地域分析

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月 

    研究代表者:浜野潔(関西大学経済学部教授)、共同研究者:斎藤修(一橋大学・経済研究所・教授)他

  • 前工業化期日本の家族とライフコースの社会学的研究:地域的多様性の解明と国際比較

    基盤研究(B)

    研究期間:  2001年04月  -  2008年03月 

    a

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 「新しい共生社会のあり方」「家族ライフスタイルに関する研究」部門

    提供機関:   学内共同研究

    研究期間: 2005年11月  -  2005年11月 

  • 青少年の就労意識と家族に関する調査研究

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間: 2004年11月  -  2004年11月 

    (財)21世紀ヒューマンケア研究機構主任研究員としての研究

  • 男女共同参画社会の実現とその条件−働き方の考察を中心に−

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2004年04月  -  2007年03月 

  • 徳川日本の家族と社会

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2000年11月  -  2003年11月 

  • 現代家族の変容と家族ライフスタイルの多様化についての実証的研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2000年04月  -  2003年03月 

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    継続中

    家族と仕事の社会学

  • 2010年07月
    -
    2011年07月

    高大連携関連講義

  • 2010年04月
    -
    継続中

    配布資料とプロジェクター提示用スライドの分離

  • 2010年04月
    -
    継続中

    社会人口論ハンドアウト

  • 2009年11月
     
     

    野々山久也編『論点ハンドブック 家族社会学』世界思想社

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    継続中

    関西社会学会   専門委員

  • 2010年09月
    -
    継続中

    日本家族社会学会   理事

  • 2009年11月
    -
    継続中

    日本社会学会   データベース委員

  • 2004年07月
    -
    継続中

    日本人口学会   広報委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 芦屋市男女共同参画推進審議会委員(副委員長)

    2011年07月
    -
    現在

  • 大和郡山市男女共同参画社会の実現に向けた講座「子育て期に考える仕事と生活」講師

    2011年06月
     
     

  • 吹田市立男女共同参画センター主催講座講演

    2011年06月
     
     

    子育てに夢をもてる社会になるために--ワークライフバランスから仕事と生活の統合へ

  • 兵庫県立舞子高等学校体験入学模擬講義

    2010年07月
    -
    2011年07月

    協定高校の体験入学における中学生向け模擬講義

  • 企業における社員対象ワークショップ 仕事と生活の調和を目指して

    2010年07月
     
     

    企業における社員対象ワークショップ

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • ワーク・ライフ・バランス

    a

  • 男女共同参画

    a