写真a

中辻 享 (ナカツジ ススム)

NAKATSUJI Susumu

職名

教授

学位

博士(文学)(京都大学), 文学修士(京都大学)

専門分野

人文地理学、地域研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    京都大学   文学部   行動文化学専攻地理学専修   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    京都大学  文学研究科  行動文化学専攻地理学専修  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   歴史文化学科   教授  

  • 2008年10月
    -
    2018年03月

    甲南大学   文学部   歴史文化学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年09月

      福島大学人間発達文化学類  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    日本地理学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    兵庫地理学協会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    人文地理学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    東北地理学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    地理科学学会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ラオスにおける焼畑村落の変動

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2000年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • ラオス農村におけるブタの生産・流通・消費の変化

    中辻享

    甲南大学総合研究所叢書   141   17 - 30   2021年03月

    単著

  • Land use and land cover changes during the Second Indochina War and their long-term impact on a hilly area in Laos

    Nakatsuji Susumu

    Southeast Asian Studies   8 ( 2 ) 203 - 231   2019年08月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • ラオス焼畑民の土地利用戦略

    中辻享

        2018年01月

    単著

  • ラオス焼畑山村における家畜飼養拠点としての出作り集落の形成−ルアンパバーン県ウィエンカム郡サムトン村を事例として

    中辻享 ラムプーン・サイウォンサー 竹田晋也

    甲南大學紀要文学編   ( 165 )   2015年03月

    共著

  • ラオス山地部における焼畑実施の村落差とその要因―ルアンパバーン県シェンヌン郡の14村の比較から

    中辻享

    人文地理   65 ( 4 ) 339 - 356   2013年08月  [査読有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 資源と生業の地理学

    横山智 (担当: 共編者 , 担当範囲: ラオス山村における出作り集落と家畜飼養 )

    海青社  2013年11月 ISBN: 9784860992743

  • 横山智編『資源と生業の地理学』

    中辻 享 (担当: その他 , 担当範囲: ラオス山村における出作り集落と家畜飼養 )

    海青社  2013年

  • 竹田晋也編『非木材林産物生産による熱帯林の持続的利用と多様性保全』

    中辻 享 (担当: その他 , 担当範囲: ラオス焼畑農村における土地利用について―特にカジノキ栽培に注目して― )

    京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科  2003年

  • 石原潤・傅綬寧・秋山元秀編『内陸工業都市綿陽市と周辺農村の変容』

    中辻 享 (担当: その他 , 担当範囲: 綿陽市三台県蘆渓鎮の土地利用政策について )

    京都大学大学院文学研究科地理学教室  2001年

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 地誌・地域研究(学界展望2017年1月〜12月)

    中辻 享

    人文地理   70 ( 3 ) 356 - 359   2018年

    単著

  • コメント(山岳地域における資源利用と観光化−ヒマラヤ・ヨーロッパ・日本)

    中辻 享

    E-journal GEO   11 ( 1 ) 346 - 347   2016年

    単著

  • コメント(空中写真からみたアジア・アフリカ農村の変動)

    中辻 享

    人文地理   67 ( 5 ) 438 - 438   2015年

    単著

  • 焼畑とネズミ

    中辻 享

    月刊みんぱく 2008年1月号     2008年01月

    単著

  • ラオスの焼畑農村から

    中辻 享

    季刊地理学   60 ( 4 ) 249 - 250   2008年

    単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ラオス山地部における70年間の土地利用・土地被覆の変化

    中辻享

    日本地理学会2021年度 春季学術大会  2021年03月  -  2021年03月   

  • Resettlement programs and highlanders’ reactions in Laos

    Susumu Nakatsuji

    農村集落再編に関する国際会議  2019年01月  -  2019年01月   

  • Resettlement Programs and Highlanders’ Reactions in Laos

    中辻 享

    International Workshop for the Reorganization of Rural Settlement System  2019年01月  -  2019年01月   

  • Changes in land use in Laos during the Second Indochina War

    Susumu Nakatsuji

    2018年国際地理学連合地域学会  2018年08月  -  2018年08月   

  • Changes in Land Use in Laos during the Second Indochina War

    中辻 享

    2018 International Geographical Union Regional Conference  2018年08月  -  2018年08月   

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 科研費若手(B)「ラオス焼畑山村における畜産業の地理学的研究」にともなう現地調査

    2010年02月  -  2010年03月

    フィールドワーク

  • 科研費基盤(A)「東南アジア大陸山地林の撹乱動態と山地民の生活環境保全」にともなう現地調査

    2009年11月  -  2009年11月

    フィールドワーク

  • 科研費若手(B)「ラオス焼畑山村における畜産業の地理学的研究」にともなう現地調査

    2009年08月  -  2009年09月

    フィールドワーク

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2006年度日本地理学会賞(奨励賞)

    2007年03月   日本地理学会  

    受賞者:  中辻享

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ラオス焼畑山村におけるウシ・水牛飼養の地理学的研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月 

    ラオスの焼畑山村におけるウシや水牛の飼養実態を地理学の立場から研究する.

  • 東南アジア大陸山地林の撹乱動態と山地民の生活環境保全

    基盤研究(A)

    研究期間:  2009年04月  -  2014年03月 

    ラオスの焼畑民の生計活動,土地利用,森林利用,健康問題などを林学,生態学,地理学,医学などの研究者により,総合的に考察し,今後のあるべき姿を模索する.

  • ラオス焼畑山村における畜産業の地理学的研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月 

    ラオス山村の焼畑民によるウシ,水牛,ブタ,家禽などの飼養を地理学の立場から研究する.

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ラオス焼畑山村における家畜飼養に関する研究

  • 東南アジア大陸山地部におけるカルスト地形での土地利用に関する研究

  • 日本の農山村の活性化策を探る研究ー兵庫県内の農村を事例として

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  東南アジアにおける生計と土地利用の変化に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     全文表示

    2020年度に引き続き、長期的な土地利用・土地被覆の変化と家畜の生産・流通・消費の変化に関して研究を進めていく。

  • 2020年度  東南アジアにおける生計と土地利用の変化に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     全文表示

    特にラオス北部を研究対象地域に設定し、研究課題に関し、(1)古い航空写真を活用して、長期的な土地利用・土地被覆を明らかにする研究に取り組み、日本地理学会でその内容を発表した。また、(2)近年の家畜飼養の生産・流通・消費に関する大きな変化に関して予備的なフィールド調査を実施した結果を論文にまとめた。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中

    森林ボランティア活動への参加

  • 2011年09月
    -
    継続中

    授業方法

  • 2010年12月
     
     

    FD委員会主催ワークショップ「新任教員と中堅・ベテラン教員のFDワークショップ」への参加。

  • 2010年07月
     
     

    FD講演会「就業力育成に向けた教育のあり方について考える」

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年12月
    -
    2016年08月

    人文地理学会   選挙管理委員

  • 2008年11月
    -
    2010年09月

    人文地理学会   編集委員