写真a

安武 留美 (ヤスタケ ルミ)

YASUTAKE Rumi

職名

教授

学位

文学博士 (カリフォルニア大学ロサンゼルス校(アメリカ合衆国)), 文学修士(カリフォルニア大学ロサンゼルス校), 文学修士(テキサス大学オースティン校)

専門分野

アメリカ研究(アメリカ社会史、アメリカ女性史)

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    同志社大学   文学部   文化学科・心理学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年10月
    -
    1998年06月

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校  歴史学部  アメリカ史  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年10月
    -
    1998年06月

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校   正規学生

  • 1982年08月
    -
    1984年05月

    テキサス大学オースティン校   正規学生

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   文学部   准教授  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ史学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    総合女性史研究会

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    Organization of American Historians

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    American Historical Association

 

論文 【 表示 / 非表示

  • "Re-Franchizing Women of Hawai'i, 1912-1920: The Politics of Gender, Svereignty, Race, and Rank at the Crossroads of the Pacific."

    Rumi Yasutake

    In Catherine Cniza Choi and Judy Tsu-Chun Wu eds., Gendering the Trans-Pacific World (Leiden: Brill, 2017).     2017年01月  [査読有り]

    単著

  • Hawaiian Nationalism, American Patroirotism, and Re-franchising Women in Post-Annexation Hawaii, 1912-1920

    Rumi Yasutake

    甲南大学紀要文学編   ( 165 ) 119 - 126   2015年03月

    単著

  • 「禁酒」を巡る近代化の一側面―アメリカ白人女性大衆のトランスナショナルな社会運動と社会秩序の再編成―

    安武留美

    関学西洋史論集   38   23 - 34   2015年03月  [招待有り]

    単著

  • The Rise of Women's Internationalism in the Countreis of the Asia-Pacific Region during the Interwar Years, from a Japanese Perspective

    Rumi Yasutake

    Women's History Review   20 ( 4 ) 521 - 532   2011年09月  [査読有り]

    単著

  • 「ハワイのアメリカ化にともなう政治的有権者の男性化及び白人化、1820年‐1898年」

    安武留美

    『甲南大学紀要文学編』   ( 160 ) 103 - 112   2010年03月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Transnational Women's Activism: The United States, Japan, and Japanese Immigrant Communities in California, 1859-1920

    Rumi Yasutake (担当: 単著 )

    New York University Press  2004年08月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Challenging Hierarhcy?: The Pan-Pacific Women's Conferences during the Interwar Years

    Rumi Yasutake

    2009 AAAS Annual Meeting  (Honolulu, HI, USA)  2009年04月  -  2009年04月    Association for Asian American Studies

  • Pan-Pacific Women's Network and Japanese Women's Movement during the Interwar Years

    Rumi Yasutake

    2007 IFRWA Meeting  (Sophia, Bulgaria)  2007年08月  -  2007年08月    International Federation for Research in Women's History

  • Pan-Pacific Regionalism and the Transnational Women's Movement during the Interwar Years

    Rumi Yasutake

    2005 Berkshire Conference   (Claremont, CA, USA)  2005年06月  -  2005年06月    Berkshire Conference

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • Pan-Pacific Regionalism and Transnational Women's Movement during the Interwar Years

    2005年11月  -  2005年11月

    Berkshire Conference (2005、報告)

  • 北カリフォルニア移民社会における教会婦人の社会活動、1870s-1920:トランスナショナルな視点から

    2005年11月  -  2005年11月

    北米エスニシティ研究会(2005、報告)

  • Gedering Women's Social Activism in Meiji Japan: American Protestant Churchwomen and their Japanese Protégés

    2005年11月  -  2005年11月

    国際宗教学宗教史会議世界大会 (2005、報告)

  • 日米教会婦人による社会活動の拡大 — WCTU の場合 —

    2004年11月  -  2004年11月

    アメリカ史学会 (2004、報告)

  • Men, Women, and Temperance in Meiji Japan

    2004年11月  -  2004年11月

    Association for Asian Studies (2004、報告)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環太平洋地域のトランスナショナルな女性ネットワークとハイブリッドな女性たち

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  継続中 

    20世紀初め「資本主義の人道化」を目指した環太平洋地域の国際女性運動が、台頭する人種・民族ナショナリズムとどのように向き合ったのか、特に1930年代の国際連携の試みと挫折、そして対立・紛争の諸相とどう関わったのか、その深層を明らかにする。

  • アメリカのグローバル化と環太平洋地域の女性運動

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年04月 

    本研究は、20世紀初め、ハワイに誕生した汎太平洋婦人協会(PPWA)を中心とする環太平洋女性ネットワークが、アメリカのグローバル化、台頭する人種および地域ナショナリズムとどのように関わっていたのかを解明するものである。

  • 国家と人種を超えて

    基盤研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月 

    日米関係と活動家・学者・兵士の環太平洋ネットワークに関して女性関連の資料収集と分析。共同研究者ブライアン・M・ハヤシ(京都大学人間・環境学研究科)

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 国際的な視野で女性参政権運動を観る

    提供機関:   国際共同研究

    研究期間: 2000年05月  -  2000年06月 

    東京・関西・ソウルでの女性史研究家との交流と資料収集
    Ellen C. DuBois (UCLA 歴史学部教授) との共同研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • W.M. Keck Foundation and Andrew W. Mellon Foundation

     2000年09月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • トランスナショナルな女性史研究

  • 環太平洋地域のグローバル化と女性に関する歴史的研究

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年12月
     
     

    参考書の執筆

  • 2009年10月
     
     

    参考書の翻訳

  • 2002年04月
    -
    継続中

    参加型授業への努力

  • 2002年04月
    -
    継続中

    視聴覚教材の活用

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学人文科学研究所委託研究員

    2001年11月
    -
    2003年11月

  • History Teacher 編集委員

    2000年11月
    -
    2002年11月