写真a

MAESHIMA Kyoko

Position

Professor

Research Field

Civil law

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1976.03

    Osaka University   Faculty of Law   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1981.03

    Osaka University  Graduate School, Division of Law  Doctor's Course  Accomplished credits for doctoral program

Campus Career 【 display / non-display

  • 2004.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Law   Professor  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 取締役の対第三者責任-平成期の判決等の傾向-

    前嶋京子

    甲南法学   49 ( 1・2 ) 1 - 62   2009.01

    Single Work

    平成に入って20年ほどの間に、取締役の対第三者責任に関する判決等は100を超える。本稿は、これらの判決等を、事例の類型毎に分析し、理論的妥当性について検討を加えている。

  • わが国における経営判断の原則の適用について

    前嶋京子

    下関市立大学論集   34 ( 1・2合併 ) 1 - 15   1992.09

    Single Work

    経営判断の原則のわが国の法解釈への導入が主張され、判例上もかかる原則を適用した事例がみられるが、かかる原則を導入した場合、善管注意義務・忠実義務との関係如何が問題となる。また、具体的にいかなる場合にどのような形で適用するのが妥当か、実際上の適用要件も問題となる。このような問題点につき、本稿では、検討し、考察を加えている。

  • 米国におけるLBOと詐害行為取消による債権者保護

    前嶋京子

    下関市立大学論集   34 ( 3 ) 37 - 54   1991.01

    Single Work

    LBO(買収者が、買収先の会社の財産を担保として融資者から買収資金を借り入れ、買収を実行するという形態の買収)では、被買収会社の債権者保護が問題とされることも多い。かような場合の米国における債権者保護の諸法理について、とりわけ詐害行為取消による債権者保護を中心として検討したものである。

  • 第三者割当による新株発行と取締役の株主に対する責任

    前嶋京子

    下関市立大学論集   34 ( 2 ) 19 - 42   1990.09

    Single Work

    有利な価額での第三者割当増資が行われた場合、及び、価額が特に有利なものでなくとも、不公正な方法による第三者割当増資が行われた場合、旧来の株主はいかなる損害を蒙るのか、また、どのような損害について取締役の責任追及が可能であるのかについて考察する。また、虚偽の情報が与えられるなどして、新株主が損害を蒙ることも有り得るので、旧株主同様、新株主の問題についても言及している。

  • 登記簿上の取締役の責任

    前嶋京子

    阪学法学   ( 149・150 ) 415 - 431   1989.03

    Single Work

    登記簿上の取締役、すなわち、名目的取締役、取締役としての就任登記承諾者、取締役の辞任登記未了者の各々について、取締役としての対第三者責任が追及され得るのか、いかなる理論構成により責任を追及されるのかについて、わが国の学説・判例を研究、考察している。

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 知っておきたい クレジット・サラ金事件処理の最新論点

    前嶋京子、菅陽一、大森景一他 (Part: Joint Work ,  「取締役の対第三者責任の理論と判例~倒産貸金業者への過払金債権者による追求の可能性~」(6頁~23頁) )

    全国クレジット・サラ金問題対策協議会 出版部  2012.11 ISBN: 978-4-86377-026-3

    2012年5月12日に京都で開催された第20回クレサラ実務研究会での講演を基に書籍用の原稿として執筆したものであり、取締役の対第三者責任の理論の内、特に第三者が会社債権者の場合について、学説・判例の推移などを論述したものとなっている。

  • 「両損害包含説の意義と問題点」

    前嶋京子 (Part: Single Work )

    『企業ビジネスと法的責任』法律文化社(単行本、1999)/pp.51-61  1999.11

  • 企業ビジネスと法的責任

    沢野直紀、高田桂一、森淳二朗、蓮井良憲、永野周志、片木晴彦、正井正筰、前嶋京子、周田憲二、酒井太郎、西山芳喜、内海淳一、松本博、別府三郎、畠田公明、早川勝、島袋鉄男、河村博文、今中利昭、内田博文、砂田太士、及能正男、松村寛治、中出哲、笹本幸祐、志田惣一、芳賀良、前越俊之、田邊宏泰、北川俊光、花立文子、吉村信明、長尾治助、楠元純一郎、熊谷健一、大隅一武 (Part: Joint Work ,  両損害包含説の意義と問題点(pp.51-61) )

    法律文化社  1999.11

    取締役の対第三者責任における議論のうち、取締役が責任を負うべき損害の範囲に関する論点で、従来は両損害包含説が多数説とされてきた。しかし、取締役が責任を負う第三者として、従来は会社債権者が強く認識されていたが、近時、株主からの責任追及も散見されるようになり、かかる観点からの議論をも深める必要性が増している。本稿では、理論面の考察に加え、現実に取締役が責任を負うべき具体的な場合をも検討している。

  • 会社法 第6版

    岩崎稜、末永敏和、新井修司、王義郎、田村詩子、伊藤紀彦、北村雅史、小林成光、吉井敦子、吉本健一、藤井俊雄、宮川茂夫、内海健一、前嶋京子、戸塚登、早川勝、山手正史 (Part: Joint Work ,  三章 有限会社 第一節 序説、第二節 会社の設立、第三節 社員の地位(pp.399-412) )

    法律文化社(本間輝雄、古瀬村邦夫編)  1999.10

    上記『会社法 第5版』の会社法改正に伴う改訂版である。

  • 両損害包含説の意義と問題点

    前嶋 京子 (Part: Other )

    企業ビジネスと法的責任 法律文化社  1999

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 取締役の対第三者責任ー平成期の判決等の傾向ー

    前嶋 京子

    甲南法学   49 ( 1・2 ) 1 - 62   2009.01

    Single Work

  • 監査役の責任

    前嶋 京子

    蓮井良憲先生・今井宏先生の古稀記念 企業監査とリスク管理の法構造 法律文化社   34 ( 2 ) 19 - 42   1994

    Single Work

  • Business Judgment Rule

    MAESHIMA Kyoko

    SHIMONOSEKI CITY UNIVERSITY REVIEW   36 ( 1・2合併 ) 1 - 15   1992

    Single Work

  • Leveraged Buyouts and Fraudulent Conveyances

    MAESHIMA Kyoko

    SHIMONOSEKI CITY UNIVERSITY REVIEW   34 ( 3 )   1991

    Single Work

  • Directors' Liability for Issue of Shares

    MAESHIMA Kyoko

    SHIMONOSEKI CITY UNIVERSITY REVIEW   34 ( 2 )   1990

    Single Work

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • 機能資本家の第三者に対する責任

    前嶋京子

    機能資本家の第三者に対する責任  1989.06  -  1989.06  九州法学会

    機能資本家の第三者に対する責任に関し、米国の判例上みられる状況を中心に発表した。

  • 取締役の第三者に対する責任

    前嶋京子

    取締役の第三者に対する責任  1983.06  -  1983.06  中四国法政学会

    米国における取締役の対会社債権者責任・対株主責任についての理論を参考に、わが国における取締役の対会社債権者責任・対株主責任について、その理論的根拠、対会社債権者責任と対株主責任の相互の関係等について発表した。