写真a

川田 都樹子 (カワタ トキコ)

KAWATA Tokiko

職名

教授

学位

文学博士(大阪大学), 文学修士(大阪大学)

専門分野

美学・芸術諸学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    大阪大学   文学部   美学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    大阪大学  文学研究科  芸術学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年10月
    -
    2017年03月

    甲南大学   人間科学研究所   所長  

  • 2004年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

      京都芸術短期大学  

  • 1991年04月
    -
    1994年03月

      大阪大学  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    美学会

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    美術史学会

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    民族芸術学会

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    日本映像学会

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    意匠学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 美学(芸術学)と芸術慮法の架橋

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2008年04月  -  2018年03月

  • 近現代の美術批評

    (選択しない)  

    研究期間: 1986年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 『失語症』と/の芸術表現―ベケット、チェイキン、クルターグをめぐって」

    川田都樹子

    甲南大学人間科学研究所編『心の危機と臨床の知』(甲南大学人間科学研究所紀要)   ( 17 ) 73 - 94   2016年02月

    単著

  • 風景(画)の終焉と「風景構成法―芸術と臨床における「風景」の死と再構築について

    川田都樹子

    シェリング年俸   2011 ( 19 ) 65 - 75   2011年09月

    単著

  • サイ・トゥオンブリの写真 : 「脱・視覚」画家の視覚装置(改定版)

    川田都樹子

    科研「ポストモダンにおける芸術と写真」報告論文集(基盤研究B・課題番号:20320024)     7 - 18   2011年03月  [招待有り]

    単著

  • 「死馬を鞭打つことながら(Flogging a Dead Horse済んだことを蒸し返して)」―アラン・カプロウ追悼にかえて

    川田都樹子

    藤枝晃雄責任編集『芸術/批評』(特集 モダニズムとその周辺)   ( 2 )   2007年02月  [招待有り]

    単著

  • キュレーターのアイデアやコレクターの眼力を楽しむ

    川田都樹子

    『民族藝術』、民族藝術学会   ( 35 ) 182 - 183   2019年03月  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 川田都樹子・西欣也 編『アートセラピー再考 芸術学と臨床の現場から(甲南大学人間科学研究所叢書 心の危機と臨床の知14)』(共編著)

    川田都樹子,西欣也,服部正, 三脇康生,他 (担当: 共編者 , 担当範囲: 「第2部 アートにセラピーを見る/ジャクソン・ポロックとジョセフ・ヘンダーソン――〈精神分析ドローイング〉をめぐる諸問題」(pp.92~117) )

    平凡社  2013年03月 ISBN: 4582731082

    甲南大学人間科学科研究書叢書

  • 大森淳史・岡林洋・川田都樹子編『アートをまなぼう―開かれた芸術学の地平』(共著)

    川田 都樹子他 (担当: 共編者 , 担当範囲: 「現代美術批評の展開」 )

    ランダムハウス講談社  2008年10月 ISBN: 9784270004289

  • 川田都樹子 編『「いま」を読む ― 消費至上主義の帰趨』(共著)

    川田 都樹子他 (担当: 共編者 , 担当範囲: 「『ポップ』で『キッチュ』で『クール』なアート?―消費文化とアートの一つのエピソードとして )

    人文書院   2007年02月 ISBN: 9784409340332C3010

    甲南大学人間科学科研究書叢書

  • 大森淳史・岡林洋・仲間裕子編『芸術はどこから来てどこへ行くのか』(共著)

    「大森淳史」「岡林洋」「仲間裕子」「川田都樹子」他 (担当: 共著 , 担当範囲: アラン・カプロウ再考 ―死馬を鞭打つことながら(Flogging a Dead Horse:済んだことを蒸し返して), pp.454-469. )

    晃洋書房  2009年05月

    神林恒道先生 古希記念論文集

  • 『リアリティの変容?(心の危機と臨床の知・第3巻)』 (共著)

    「斧谷弥守一」「川田都樹子」他 (担当: 共著 , 担当範囲: 「電脳時代のグロテスク・リアリティ」pp.67-92. )

    新曜社  2003年05月 ISBN: 4788508532

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 長谷川天渓の未来派解釈をめぐって――自然主義評論家から心理学研究家への「変身譚」?

    川田 都樹子

    大阪大学大学院文学研究科芸術学専攻、文部省科学研究報告書『日本における「芸術」概念の誕生と死』     2003年

    単著

  • 'Post-Impressionism'と「後期印象派」――邦訳語の形成と意味の変化

    川田 都樹子

    (口頭発表)文芸学研究会、第11回研究発表会     2002年

    単著

  • (博士論文)美術批評におけるフォーマリズムの展開――イギリス、日本、アメリカ

    川田 都樹子

    (自家製本)大阪大学大学院に提出     2001年

    単著

  • The relationship of Modern Art Criticism ; Muneyoshi YANAGI and Roger FRY.

    KAWATA Tokiko

    (presentation) the Society of Fclk Art     2000年

    単著

  • 白樺派とブルームズベリー・グルプ

    川田 都樹子

    (口頭発表)意匠学会     2000年

    単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • [赤の書』公刊によるユング再解釈の動向と美術界での反応 〔シンポジウム:神話と象徴〕

    川田都樹子

    日本シェリング協会・第24回大会、シンポジウム「神話と象徴」、於 神奈川大学)  (神奈川大学)  2015年07月  -  2015年07月    日本シェリング協会

  • 「風景(画)の終焉と『風景構成法』―芸術と臨床における「風景」の死と再構築について―」

    川田都樹子

    科研『ポストモダンと写真』第3回研究会  (甲南大学)  2011年03月  -  2011年03月    科研『ポストモダンと写真』研究会(研究代表者:山口和子)

  • 「ジャクソン・ポロック<心理分析的ドローイング>をめぐる諸問題」

    川田都樹子

    現代芸術研究会、第四期 第3回  (セシオン杉並)  2011年01月  -  2011年01月    現代芸術研究会

  • 風景(画)の終焉と『風景構成法』―芸術と臨床における「風景」の死と再構築について―

    川田都樹子

    日本シェリング協会全国大会  (神奈川大学)  2010年07月  -  2010年07月    日本シェリング境協会

  • 「ジャクソン・ポロック<心理分析的ドローイング>をめぐる諸問題」

    川田都樹子

    甲南大学人間科学研究所第52回公開研究会「芸術療法と芸術学の対話・第1回」  (甲南大学)  2010年06月  -  2010年06月   

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • (共同討論)「人間の目とカメラの目:何を見るのか、何を見せるのか」

    2009年03月  -  2009年03月

    立命館大学 映像学研究室  「川田都樹子」「犬伏雅一」「櫻井篤史」「坂尻昌平」「北野圭介」「岩本憲児」  座談会

    『ecce〔エチェ〕/映像と批評』、森話社、第2巻、2010年、4-43頁に記録が掲載されている。

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  •  芸術学と芸術療法の共有基盤形成に向けた学際的研究(研究代表者:川田都樹子)

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2018年03月 

    芸術療法における作品の美的価値と展示行為に関する芸術学的考察/美術史と芸術療法史の対比

  • 美学・芸術学におけるフォーマリズムの諸相(研究代表者:川田都樹子)

    基盤研究(C)

    研究期間:  1996年04月  -  1999年03月 

    美学・芸術学におけるフォーマリズムの諸相

  • ポストモダンにおける芸術と写真(j研究代表者:山口和子)

    基盤研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

    絵画と写真における「視覚」の問題

  • 日本における「芸術」概念の誕生と死(研究代表者:上倉庸敬)

    基盤研究(A)

    研究期間:  1999年04月  -  2003年03月 

    日本における「後期印象派」なる訳語の発生について

  • 近代美術史(学)におけるユダヤ人(研究代表者:圀府寺司)

    基盤研究(B)

    研究期間:  1998年04月  -  2002年03月 

    20世紀アメリカのユダヤ系美術批評家たちについて

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 心の危機の見極めと実践的ネットワークの創造

    提供機関:  文部科学省  文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

    研究期間: 2008年11月  -  2012年11月 

    "甲南大学大学院人間科学研究所を研究母体として臨床心理学と人文諸科学の協働がら、現代人の心の危機の見極めと、その実践的解決のためのネットワーク形成を行う。
    [研究分担]芸術学と芸術療法の対話・架橋の試み

  • 現代人のメンタリティーに関する総合的研究 ―心の危機と臨床心理学的・現代思想的研究

    提供機関:  文部科学省  文部科学省 学術フロンティア推進事業

    研究期間: 1998年11月  -  2007年11月 

    "甲南大学大学院人間科学研究科を研究母体として、臨床心理学と現代思想の分野から、現代人・現代社会のメンタリティーを多角的に考察する。
    [研究分担]現代芸術における「グロテスク」表現"

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 環境芸術およびパブリック・アートに関する研究

  • 芸術療法と芸術学の対話・架橋の試み

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
     
     

    甲南大学ギャルリー・パンセ申請展「川原百合恵絵画展―振る舞いの色彩― 」企画

  • 2019年07月
     
     

    甲南大学ギャルリー・パンセ申請展「川原百合恵絵画展 」関連企画、対話型鑑賞教育の実践

  • 2012年09月
    -
    2012年10月

    甲南大学ギャルリー・パンセ展覧会の企画開催「矢原繁長展 -封印-」

  • 2012年09月
     
     

    甲南大学ギャルリー・パンセ展覧会の関連企画「鼎談「封印された時間」の企画・運営

  • 2011年12月
     
     

    文学部授業公開の試みについて

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年11月
    -
    2005年03月

    日本映像学会   編集委員

  • 1991年11月
    -
    1993年11月

    美学会   幹事

  • 1991年11月
    -
    1993年11月

    民族芸術学会   会計

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 博物館学芸員資格

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

      文学部教育検討委員長   (部局内委員会)

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

      文学部FD委員   (全学委員会)