写真a

青木 珠緒 (アオキ タマオ)

AOKI Tamao

職名

教授

学位

博士(理学)(京都大学), 理学修士(京都大学)

専門分野

(光物性・半導体・誘電体)

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    京都大学   理学部   物理学第一   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    京都大学  理学研究科  物理学第一専攻  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年09月
    -
    1996年03月

    ライデン大学   日本学術振興会 博士研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   教授  

  • 2003年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   助教授  

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    甲南大学   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

      長岡技術科学大学  

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

      長岡技術科学大学  

  • 1995年09月
    -
    1996年03月

      ライデン大学  

  • 1995年04月
    -
    1996年03月

      京都大学大学院 理学研究科  

  • 1995年04月
    -
    1995年07月

      京都大学 人間総合学部  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1996年12月
    -
    継続中
     

    応用物理学会

  • 1989年12月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhanced photoluminescence by excitation energy transfer in thin films consisting of fluorescent conjugated polymer and porphyrin

    Mizuno, H., Nasu, S., Kitamura, K., Aoki, T., Fujita, A., Fujita, Y., & Hiromitsu, I.

    Thin Solid Films   653   136 - 142   2018年05月  [査読有り]

    共著

    MEH-PPV薄膜とポルフィリン薄膜の間にMgF2層をはさむことによって距離を変え、エネルギー移動の効率を調べた。8nm以下の膜厚でエネルギー移動は観測されたが、15nmでは観測されなかった。このことはフェルスター型のエネルギー移動が起きていることを示している。

    DOI

  • Effect of counter shock wave on the expanding plume

    Keita Katayama,Yuki Horai,Hiroshi Fukuoka,Toshiki Kinoshita,Takehito Yoshida,Tamao Aoki,Ikurou Umezu

    Applied Physics A   124   150   2018年02月  [査読有り]

    共著

    ガス中の二つのレーザーアブレーションプルームに対する衝突の影響をNb2O5およびNiターゲットに対して調べた。500Paでは衝突後、二つのプルームは停滞し、2000Paではプルーム同士が衝突していないにも関わらずプルームの後退が見られた。ポイントブラストモデルで衝撃波の進展を見積もったところ、この後退は衝撃波とプルームの衝突によることがわかった。プルーム進展のダイナミクスにおいて対向衝撃波の影響が重要であることを示唆している。

    DOI

  • Lasing in organic mixed-crystal thin films with cavities composed of naturally formed cracks

    Masaaki Mantoku, Masao Ichida, Ikurou Umezu, Akira Sugimura, and Tamao Aoki-Matsumoto

    Optics Letters   42 ( 8 ) 1528 - 1531   2017年04月  [査読有り]

    共著

    フルオレンにアントラセンを20%添加した薄膜結晶を石英板間のμサイズの隙間に成長させると、自然発生的にクラックが形成される。クラックは必ずしも平たんなものではなく、穴のつらなりのような場合もあるが、日本の平行なクラックがレーザーキャビティを構成してレーザー発振が観測されることを報告した。

    DOI

  • Dynamics of colliding laser ablation plumes in background gas

    Ikurou Umezu, Yusuke Hashiguchi, Hiroshi Fukuoka, Naomichi Sakamoto,Tamao Aoki, Akira Sugimura

    Appl. Phys. A   122   485   2016年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Pulsed laser irradiation-induced microstructures in the Mn ion implanted Si

    Muneyuki Naito 他

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atom   365   110 - 113   2015年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • “Exciton related Optical Processes in CuGaS2 Crystal”

    AOKI-MATSUMOTO Tamao (担当: その他 )

    Ternary and Multi nary Compounds in the 21st century  2001年

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 金属・半導体の熱伝導特性

    梅津郁郎、青木珠緒

    電気特性の測定、評価とデータ解釈 ( (株)技術情報協会 )    11 - 20   2015年09月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • “Exciton-related Optical Processes in CuGaS2 Crystals”

    S.Iida, T. Matsumoto-Aoki and K. Tanaka

    Ternary and Multinary Compounds in the 21st Century ( IPAP, Tokyo )    244 - 250   2001年

    総説・解説(その他)   共著

  • 多結晶及びアモルファスCaGa2S4のラマン散乱

    青木(松本) 珠緒

    三元・多元機能性材料研究会 平成10年度成果報告集     75 - 78   1999年

    単著

  • CaGa2S4:Ce,Euの熱ルミネッセンス

    青木(松本) 珠緒

    三元・多元機能性材料研究会 平成10年度成果報告集     67 - 70   1999年

    単著

  • 多結晶及びアモルファエCaGa2S4の分光エリプソメトリー

    青木(松本) 珠緒

    三元・多元機能性材料研究会 平成10年度成果報告集     71 - 74   1999年

    単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • パルスレーザーメルティング法(PLM)によって硫黄を過飽和ドープしたSi単結晶のpn接合特性

    川本 兼司1、早瀬 弘基1、青木 珠緒1、梅津 郁朗

    応用物理学会春季学術講演会  2019年03月  -  2019年03月   

  • ダブルパルスレーザーアブレーションにおけるプルームダイナミクスと堆積構造の相関

    片山 慶太1、中村 亘1、福岡 寛2、吉田 岳人3、青木 珠緒1、梅津 郁朗1

    応用物理学会春季学術講演会  2019年03月  -  2019年03月   

  • ダブルパルスレーザーアブレーションに対するレーザー照射遅延効果

    肥後 輝1、片山 慶太1、中村 亘1、福岡 寛2、吉田 岳人3、青木 珠緒1、梅津 郁朗

    応用物理学会春季学会春季学術講演会  2019年03月  -  2019年03月   

  • フェナントレン-テトラセン混晶における光学特性の濃度依存性

    橋詰知尚, 青木珠緒, 梅津郁朗

    秋季大会  (同志社大学 田辺キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月    日本物理学会

    テトラセン分子を添加したフェナントレン結晶において、テトラセンダイマーや凝集体の伴う格子緩和について研究を行った。フェナントレン単結晶はテトラセン単結晶よりも最近接分子間距離が少し長く、フェナントレンを置換したテトラセンはその凝集状態で格子緩和を伴わないことが予想されていた。実際にダイマーは格子緩和が小さいことがわかったが、より大きな凝集体については、濃度を濃くしたときにテトラセンバルクが析出してしまったため測定できなかった。測定された結果は、アントラセンと同様、テトラセンでも母体結晶の分子間距離が大きくなると格子緩和が起きにくくなることがわかった、

  • パルスレーザーアブレーションにおける対向衝撃波のプルームダイナミクスへの影響

    片山 慶太、木下 稔基、福岡 寛、吉田 岳人、青木 珠緒、梅津 郁朗

    第65回応用物理学会 春季学術講演会  (早稲田大学⻄早稲田キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月    応用物理学会

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • Ce添加チオガレートレーザー

    特願2000-71095 

    青木(松本) 珠緒

    特開P2001-257408、出願2000.03.09

  • カルコパイライト型化合物半導体の製造方法

    特願2000-52264 

    青木(松本) 珠緒

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 財団法人 昭和報公会研究助成金

    寄附者名称:財団法人 昭和報公会研究助成金 2001年04月

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
     
     

    光物性物理学の復習用動画の作成

  • 2019年01月
     
     

    原子物理学の復習用動画の作成

  • 2012年08月
    -
    2012年09月

    ワークショップ課題集の改訂

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    原子物理学(2年次配当、2単位)、光物性物理学(3、4年次配当、2単位)、ワークショップIVC(4年次配当、1単位)、リサーチ(3年次配当、4単位)、ワークショップIIC(2年次配当、1単位)、固体物理学(大学院M1配当、2単位)、ラボラトリーフィジックスII(2年次配当、2単位)、基礎物理学実験(1年次配当、1単位)、物理学実験I(2年次配当、2単位)、卒業研究(4年次配当、8単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    物理学はいろいろな概念を理解し、それを論理的に応用する、という学問である。応用のためには概念の深い理解や、数学の力が必要であり、難易度は高い。これらを工夫を凝らした講義を通じて学生に習得させ、論理的思考力を養うことを目標に教育を行っている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    講義では、理解すべき概念やその導出や応用などについてプロジェクターと黒板を併用して説明している。プロジェクターでうつした内容については、講義資料として配布した。説明の途中で振り返りの時間を設け、内容を配布したプリントやノートで振り返って頭の整理をしてもらっている。また、説明後には、学生が苦手とする数学(式変形)や間違えやすいポイントなどを学生が手を動かして確認できるようなプリントを作成し、時間をとって取り組んでもらう。その際には、教室を巡回して質問をしやすい雰囲気になるように心がけている。この時間は、近くの学生同士で教えあうことも推奨している。また、講義の最後に、その授業の内容に関する簡単な小テストを行い、その小テストに向けて、学生が緊張感をもって講義を受講するようにしている。また、中間テストや期末テストの前には、小テストの出来が良くなかった項目の説明の動画を配信し、理解不足を補うようにした。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    講義の途中に振り返りの時間をとる、という点については、授業の理解に有効であるという評価をもらっている。講義の途中でわからなくなってついていけなくなる、ということをある程度防ぐ効果があるようだ。講義中のプリントについては、何がポイントなのかを理解するのに有効で、続けてほしいという意見があった。講義の最後の小テストについては、おおむね良いという意見で、小テストがあるために周りの学生も真剣に講義を聞くので、振り返りの時間に有効に教えあいができる、という評価があった反面、短い時間で頭の整理をしたり記憶するのが難しいので、翌週に回してほしいという意見も少数あった。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    小テストに関しては、学生の意欲を高めるために、講義の最後に実施しようと思うが、負担になりすぎない難易度の問題にする予定である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、YouTube動画、リアクションペーパー、授業改善アンケート(自由記述欄)

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)