写真a

AOKI Koji

Position

Professor

Research Field

International Economics

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kobe University   Faculty of Management   Commerce   Graduated

    1973.4 - 1977.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Kobe University   Graduate School, Division of Economic Science   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    1977.4 - 1982.3

Studying abroad experiences 【 display / non-display

  • 1997.9
    -
    1998.8

    Monash University, Department of Economics  

  • 1991.1
    -
    1991.11

    University of North Carolina at Chapel Hill  

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Professor

    1993.4

External Career 【 display / non-display

  • 追手門大学経済学部

    2006.4 - 2008.3

      More details

    Country:Japan

  • 神戸市外国語大学

    1999.4 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

  • 大阪外国語大学国際言語学部国際言語コミュニケーション学科

    1998.4 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

  • 神戸市外国語大学

    1996.4 - 1997.3

      More details

    Country:Japan

  • 長崎外国語短期大学

    1989.9 - 1993.3

      More details

    Country:Japan

display all >>

 

Research Career 【 display / non-display

  • Secular Trend and Cyclical Changes in Foreign Echange Rates

    (not selected)  

    Project Year: 2011.8  -   

Papers 【 display / non-display

  • Japan's exorbitant privilege and exotbitant duty

    Koji Aoki

    Konan Economic Papers   60 ( 1・2 )   1 - 43   2019.9

     More details

    Single Work

  • China's systemic financial risks during the period of finacial normalization of advanced economies

    Koji AOKI

    2018.4

     More details

    Single Work

  • Two Puzzles for China's International Investment Position

    Koji AOKI

    Konan Economic Papers   58 ( 1・2 )   1 - 25   2017.9

     More details

    Single Work

  • Note on the Determinats of the Exchange Rate Pass-through in the Presence of Foreign Affiliates

    Koji AOKI

    Konan Economic Papers   57 ( 3・4 )   79 - 93   2017.3

     More details

    Single Work

  • 大規模国際資本フローの変動に揺れるポスト・リーマンショック期の中国

    青木浩治

    アジアの成長に資する開発金融(研究報告)、一般財団法人アジア太平洋研究所   2017.3

     More details

    Joint Work

    2014年後半以降の中国からの大規模資本流出の要因とその経済メカニズムに関する研究報告。特に、中国からの資本流出の特徴として、人民元建て資本流出がかなり含まれていること、そして、その背景としての人民元の国際化の不完全性が寄与していることを明らかにした。

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Asian Crisis and the Rise of China:Theory and Empirical Study

    AOKI Koji( Role: Sole author)

    Chisen Shokan  2009.10  ( ISBN:978-4-86285-067-6

  • 国際経済理論

    中西訓嗣・広瀬憲三・井川一宏( Role: Joint author ,  第10章「為替レートの決定と変動」 197-220頁)

    有斐閣  2003.4  ( ISBN:4-641-08689-3 C1333

     More details

    大学院レベルの国際経済学教科書

  • 基礎国際経済学

    井川一宏・林原正之・佐竹正夫・青木浩治( Role: Joint editor ,  第7章「国民所得と国際収支」 126-149頁)

    中央経済社  2000.5  ( ISBN:4-502-64043-3 C3033

     More details

    国際経済学の学部レベル教科書

Presentations 【 display / non-display

  • 共通論題

    An Analysis of the Current Account Adjustment Following the Financial Crisis in South Korea

    日本国際経済学会第44回関西支部総会  (松山大学)  日本国際経済学会

     More details

    Event date: 2002.6

    1997年末の経済危機以後における韓国の経常収支不均衡調整メカニズムをopen economy macroeconomicsの観点から分析した。特に①為替レートの過剰反応、②深刻な不況とその後の景気回復、③当初の急激な経常収支改善とその後のなだらかな悪化、という三つの特徴をcontractionary devaluationと貿易調整の遅れという枠組みで説明した。この理論枠組みを基礎として、contractionary devaluationを実際のデータを用いて実証している。

  • 国際金融

    為替レートと外国為替市場介入―シグナリング・アプローチー

    国際経済学会関西支部総会  (広島大学)  日本国際経済学会

     More details

    Event date: 1989.6

    不胎化介入が為替レートに及ぼすインパクトは、①ポートフォリオ・チャネル、②情報チャネルの二つであると言われてきたが、後者についてきちんとした分析は少ない。この報告では不胎化介入の有効性をシグナル効果の視点から分析し、協調介入がなぜ単独介入よりも効果的であるのかを、情報経済学的視点より分析した結果を示した。さらにマクロ経済政策の時間非整合性の視点からの分析も提示している。

  • 貿易部会

    技術的貿易障壁

    国際経済学会全国大会  (神戸大学)  日本国際経済学会

     More details

    Event date: 1986.10

    規格認証制度が国際貿易に及ぼす経済効果を理論的に解明した結果を報告した。特に要素交易条件に対するインパクトを中心に分析した。また、制度を法的拘束力を持つ強制規格とそうでない任意規格に区別し、各々の効果の相違を明らかにしている。

  • 貿易部会

    青木浩治

    国際経済学会関西支部総会  (滋賀大学)  日本国際経済学会

     More details

    Event date: 1982.6

    収穫逓増現象をべーム、ヴィクセル、ハイエクのオーストリー学派による迂回生産論から基礎付け、収穫逓増下の比較優位構造の決定を理論的に明らかにした結果を報告した。また収穫逓増下の貿易利益配分についても分析し、小国が不利益を被る可能性を示している。

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 国際協力のもたらす世界の所得格差是正効果に関する統計的研究

    1994.4 - 1995.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    発展途上国から求められる援助、貿易上の恵国待遇、直接投資がどの程度所得格差を是正する効果を持つかを国際比較の観点から統計的に分析し、国際社会における日本を含めた先進国の果たすべき役割について考察した。

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • Chinese economy, foreign direct investment, macroeconomy

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2018.10 - 2020.10   Kojima Kiyoshi Fund Managing Commitee

  • 2001.9 - 2018.10   日本国際経済学会(幹事、2001-2002 、国内;理事、2003-2009、国内:常任理事、2010-2018 国内  日本国際経済学会幹事(2001-2002年度)、同理事(2003-2009年年度)、同常任理事(2010-2018年度)