写真a

西方 敬人 (ニシカタ タカヒト)

NISHIKATA Takahito

職名

教授

学位

理学博士(京都大学)

専門分野

細胞生物学, 発生生物学, 分子生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    京都大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    京都大学  理学研究科  動物学発生生物学  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    甲南大学   フロンティアサイエンス研究科   研究科長  

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    甲南大学   フロンティア研究推進機構   機構長  

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1990年03月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    国際発生生物学会(国際)

  • 2000年08月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会(国内)

  • 1999年08月
    -
    2016年03月
     

    日本RNA学会(国内)

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    日本動物学会(国内)

  • 1985年04月
    -
    継続中
     

    日本発生生物学会(国内)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dermal fibroblasts internalize phosphatidylserine-exposed secretory melanosome clusters and apoptotic melanocytes

    Hideya Ando, Satoshi Yoshimoto, Moemi Yoshida, Nene Shimoda, Ryosuke Tadokoro, Haruka Kohda, Mami Ishikawa, Takahito Nishikata, Bunpei Katayama, Toshiyuki Ozawa, Daisuke Tsuruta, Ken-Ichi Mizutani, Masayuki Yagi, Masamitsu Ichihashi

    International Journal of Molecular Sciences   21 ( 16 ) 5789   2020年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Comparison of macrophage activation using γ-globulin and serum-derived macrophage activating factor.

    Akamatsu M, Mashiba R, Kawakatsu K, Ishikawa M, Nishikata T.

    Anticancer Research   40 ( 8 ) 4707 - 4710   2020年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Therapeutic effect of intravenously administered autologous adipose-derived stem cells on chronic stage stroke patients

    Masamitsu Ichihashi, Masaki Tanaka, Takashi Iizuka, Narumi Nagoe, Youko Sato, Hitomi Takahashi, Asami Ueda, Hiroko Tokura, Narumi Takanashi, Takahito Nishikata, Osamu Matsuo, Hideya Ando, and Ken-ichiMizutani

    International Journal of Stem Cell Research & Therapy   7   070   2020年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • DMPK is a New Candidate Mediator of Tumor Suppressor p53-Dependent Cell Death.

    Itoh K, Ebata T, Hirata H, Torii T, Sugimoto W, Onodera K, Nakajima W, Uehara I, Okuzaki D, Yamauchi S, Budirahardja Y, Nishikata T, Tanaka N, Kawauchi K.

    Molecules   24 ( 17 ) E3175   2019年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Characteristic morphological changes and rapid actin accumulation in serum-MAF-treated macrophages

    Kawakatsu K, Ishikawa M, Mashiba R, Tran NK, Akamatsu M, Nishikata T

    Anticancer Research   39 ( 8 ) 4533 - 4537   2019年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大学的神戸ガイド −こだわりの歩き方

    西方敬人,井野瀬久美惠 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 灘の酒造り )

    昭和堂  2021年03月 ISBN: 9784812220153

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース3 培養細胞トレーニング

    西方敬人,川上純司,藤井敏司,長濱宏治,川内敬子 (担当: 共著 )

    秀潤社  2015年02月 ISBN: 978-4-7809-0903-6

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース2 遺伝子組換え基礎実習

    西方敬人,川上純司,藤井敏司,長濱宏治 (担当: 共著 )

    秀潤社  2012年12月 ISBN: 4-7809-0862-6

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース1 実験の基本と原理

    西方敬人,川上純司,藤井敏司,長濱宏治 (担当: 共著 )

    秀潤社  2012年10月 ISBN: 4-7809-0856-5

  • 超実践バイオ実験イラストレイテッド レッスン2 遺伝子実験ステップアップ

    西方敬人,真壁和裕 (担当: 共著 )

    秀潤社  2006年12月 ISBN: 4-87962-347-4

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 実験教材の製作

    西方敬人,柏崎寿宣,谷田部弘,小林正浩

    「新たなものづくり」3Dプリンタ活用最前線 ( NTS社 )    169 - 177   2015年12月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • ホヤRNAiプロトコル

    藤原滋樹,西方敬人,菅沼一樹,佐藤愛,浦野亜規,片野美緒

    細胞工学 ( 秀潤社 )  21   771 - 777   2002年11月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • ホヤのRNAiプロトコル

    西方 敬人

    細胞工学   21, 771-777   2002年

    単著

  • Maternal cytoplasmic factors for generation of unique cleavage patterns in animal embryos.

    Nishida, H., Morokuma, J., and Nishikata, T.

    Curr. Top. Dev. Biol. ( Academic Press )  34   1 - 37   1999年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Maternal cytoplasmic factors for generation of unique cleavage patterns in animal embryos.(共著)

    NISHIKATA Takahito

    Curr. Top. Dev. Biol.   34,1-37   1999年

    単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • MAF化タンパク質によるマクロファージの迅速な貪食能活性化におけるAnnexin A2の関与

    川勝 薫平,前村 美里,勢田 佳加,岩崎 哲史,宮本 昌明,日下部 良子,西方 敬人

    第24回バイオ治療法研究会学術集会  (OnLine)  2020年12月  -  2020年12月   

  • 卵内における細胞骨格のダイナミックな制御と初期発生における役割

    Toshiyuki Goto, Shuhei Torii, Haruka Yagi, Takahito Nishikata  [招待有り]

    第42回日本分子生物学会年会  (福岡)  2019年12月  -  2019年12月   

  • Studies on the serum-MAF mediated phagocytic activation mechanism in macrophage.

    Riho Mashiba, Kumpei Kawakatsu, Takahito Nishikata

    第48回日本免疫学会学術集会  (浜松)  2019年12月  -  2019年12月   

  • The formation of galectin lattice and rapid morphological change in serum-MAF treated macrophages.

    Kumpei Kawakatsu, Riho Mashiba, Takahito Nishikata

    第48回日本免疫学会学術集会  (浜松)  2019年12月  -  2019年12月   

  • 貪食効率と形態変化から見るserum-MAFとγ-globulinによるマクロファージの活性化の比較

    赤松 実憲、真柴 里歩、川勝 薫平、西方 敬人

    第23回バイオ治療法研究会学術集会  (新潟)  2019年12月  -  2019年12月   

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • HL-60細胞とHEK293細胞の紫外線刺激に対する応答

    2007年11月  -  2007年11月

    第29回日本フリーラジカル学会/日本過酸化脂質・フリーラジカル学会
    第31回大会合同学会 名古屋 (2007. 報告)

  • Re-examination of cellular and molecular mechanisms of ascidian neural tube formation

    2007年11月  -  2007年11月

    4th International Tunicate Meeting, Villefranche-sur-Mer, France (2007. 報告)

  • Re-examination of cellular and molecular mechanisms of ascidian neural tube formation

    2007年11月  -  2007年11月

    4th International Tunicate Meeting, Villefranche-sur-Mer, France (2007. 報告)

  • Tudor domain containing protein, Ci-TDRD7/TRAP, is a novel component of perinuclear germ granules in an ascidian Ciona intestinalis

    2007年11月  -  2007年11月

    日本発生生物学会第40回・日本細胞生物学会第59回合同大会 福岡
    (2007. 報告)

  • The analysis of neural tube specific promoter in Ciona intestinalis.

    2007年11月  -  2007年11月

    日本発生生物学会第40回・日本細胞生物学会第59回合同大会 福岡
    (2007. 報告)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ホヤ胚神経管形成過程の細胞運動をコントロールする分子メカニズム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月 

    神経管と脊索でそれぞれ特異的に発現する遺伝子のプロモータを利用して,いくつかの候補分子を胚内で発現させ,神経管移動に関する分子メカニズムを明らかにする。

  • 脊椎動物の神経分化に関わるRNA結合タンパク質のホヤ胚での役割

    基盤研究(C)

    研究期間:  2001年04月  -  2002年03月 

    脊椎動物の神経分化に関わるRNA結合タンパク質のホヤ胚での役割

  • 脊椎動物の神経分化に関わるRNA結合タンパク質のホヤ胚での役割

    基盤研究(C)

    研究期間:  2001年04月  -  2002年03月 

    ホヤ胚で見つかったCiHu,CiMsi両タンパク質のホヤ胚での機能解析

  • ホヤ胚における神経管形成メカニズムの解析

    特定領域研究

    研究期間:  2001年04月  -  2001年12月 

    ホヤ胚で新規に見つかったCinut遺伝子の機能解析

  • マキシザイムを利用したホヤ胚遺伝子機能抑制実験系の確立

    基盤研究(C)

    研究期間:  1999年04月  -  2000年03月 

    新規のリボザイムを用いて,ホヤ胚での遺伝子機能を抑制できる実験系を開発する

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 金めっき技術を応用した新規免疫学的検出技術の開発

    提供機関:  独立行政法人科学技術振興機構  シーズ発掘試験

    研究期間: 2007年08月  -  2008年03月 

    「簡便かつ安全な金めっき浴」の技術を、バイオ領域の技術に応用・移転し、免疫学的手法における検出感度の飛躍的向上を図り、抗体マーカーを用いた高感度のガン診断法の確立を目指す。

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 3D実モデル用画像鮮明化システムの開発

    提供機関: 八十島プロシード株式会社  一般受託研究

    研究期間: 2014年05月  -  2015年03月 

  • マイナス電位ミストによる肌バリア機能改善の作用機序解明に関する研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

  • 培養細胞を用いた白金微粒子の抗酸化性評価に関する研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2005年10月  -  2006年03月 

    白金微粒子の細胞活性酸素及び細胞外由来の活性酸素に対する抗酸化性作用の解明を行う

  • 発生運命決定機構プロジェクト~卵細胞質内決定因子の分配機構

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間: 1999年04月  -  2001年03月 

    卵細胞質内決定因子の分配機構

  • 発生運命決定機構(未来開拓学術研究推進事業)

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 1996年04月  -  2000年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • バイオテクノロジー関連技術

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  発生学、自然免疫、ガン治療、皮膚科学 マクロファージ活性化メカニズムの解明とヒトの健康への応用

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2020年度  発生学、腫瘍学、ガン治療、自然免疫 ガン微小環境と多様性を生じるメカニズムの解明

    研究費の種類: その他

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    ナノバイオラボベーシックのKit化

  • 2017年04月
    -
    継続中

    グローバルサイエンスキャンプROOTプログラム

  • 2015年02月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース3 培養細胞トレーニング

  • 2012年12月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース2 遺伝子組換え基礎実習

  • 2012年10月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース1 実験の基本と原理

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    バイオサイエンス序論 (1年次配当、2単位)、細胞工学 (2年次配当、2単位)、発生学 (3年次配当、2単位)、ナノバイオラボベーシックB (1年次配当、2単位)、ナノバイオラボIIA, B (3年次配当、2単位)、ナノバイオ卒業研究 (4年次配当、15単位)、など。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    物事を論理的に考えること、論理的に理解すること、論理的に説明することは、日常生活の多くの局面でも役立ち、理系的思考として社会的にも評価されている。またそれらは、企業における研究開発や日本における科学基盤の発展においても大きく寄与するものと期待される。その能力を育成するため、自ら能動的に考え、目の前の現象やデータからできるだけ多くの情報を取りだし、それらの情報とそれまでに蓄えられた知識とを有機的に結びつけ、その関連性を予測し理解するスキルに習熟することは、今、日本社会に求められる人材を有効に育成する手段であると考えている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    OnLine講義では、学生の利便性を重視してオンデマンドを基本とした。その代わり、毎回の小テストとリフレクションの提出を必須としている。個々の学生の理解度の把握や、質問・感想などの学生の意見を聞き、次回までにそのすべてに回答した資料をアップし、その確認も必須とすることで、間隔は空いてしまうが、確実な学生との対話の機会を確保している。さらに、中間試験やそのための予習課題なども提示し、その質問なども随時受け付けることで対話の機会を増やした。さらに、学生間で課題等に関することを説明しあうことを課題とし、学生間での会話や説明文を作成することで自分の理解度の再確認を行う様にさせた。これらは、オンデマンドであっても対面講義と同等かそれ以上の教育効果を持つと考えている。一部、対面での講義が可能な場合には、オンデマンドでのノウハウを活かして、反転授業として、質問に対する回答への更なる質問と回答を行い、よりビビッドに理解度を深めることが期待される。実習では、しっかりと対面での対応ができている。昨年度実習をKit化した際にムダを削り取った内容を作り上げ、説明動画などもキッチリ作っているので、反転授業のようにしっかりと予習させた上での実習ができている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    オンデマンド講義の小テストの提出などが、期日までにできていな学生も散見され、彼らに対する注意喚起などをMyKonanを通じて行うことで、細やかな対応ができている。さらに実習などで登校する機会に対面での質問に訪れる学生も増えており、学生のモチベーションも維持した状態で授業が進められていると感じている。実習では、昨年度用意した動画の視聴などを事前学習として課しておくことで、学生も何のためにどのように進めて行くかの段取りを理解しやすく、教育効果は上がっていると感じる。ただ、失敗した実験の再実験を行わせ、じっくりと長時間かけて、実習を行うといったやり方で救ってきた学生に対しては、少し難しさを感じさせているかもしれない。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    上記の結果と評価をもとに、講義ではオンデマンド教材と対面での授業のメリットを活かす反転授業をさらにブラッシュアップすることができれば、より高い教育効果が期待できる。実習では、内容をしっかりと厳選して、手を慣らした上で、しっかりと理解し、考察等につなげることを重視するようにしていきたい。対面の機会をできるだけ確保することで、友人同士の会話や議論を促進させることで、学生一人一人が自身にフィードバックすることで、学習内容の理解を深めていってもらえる様にしたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義動画、講義資料、授業ごとの小テストとリフレクション、中間試験およびその解答、授業改善アンケート(自由記述欄)

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 13=

    2019年06月
     
     

    「分子設計が開く未来」

  • 垂水すみれ苑文化教室

    (垂水すみれ苑) 

    2019年03月
     
     

    「ボケまで治る? ~ 再生医療研究の最前線と謎~」

  • 甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 12=

    2018年06月
     
     

    「食品化学・栄養学と医療」

  • 垂水すみれ苑文化教室

    (垂水すみれ苑) 

    2017年10月
     
     

    「ホヤ百珍」

  • 甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 11=

    2017年07月
     
     

    「皮膚科学・化粧品と医療」

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 抗体作製等、免疫学的手法

    a

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

      フロンティアサイエンス研究科長   (部局内委員会)

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

      フロンティア研究推進機構 機構長   (全学委員会)

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

      フロンティアサイエンス学部 副学部長   (部局内委員会)

  • 2009年04月
    -
    継続中

      遺伝子組換え実験安全管理委員長   (全学委員会)

  • 2007年04月
    -
    継続中

      動物実験委員会委員長   (全学委員会)

全件表示 >>