写真a

西田 英一 (ニシダ ヒデカズ)

NISHIDA Hidekazu

職名

教授

学位

法学修士(京都大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   法学部   卒業

    - 1982年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   法学研究科   基礎法   博士課程   中退

    - 1985年3月

  • 京都大学   法学研究科   基礎法   修士課程   修了

    - 1984年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   法学部   教授

    2000年4月 - 現在

  • 甲南大学   法学部   助教授

    1997年4月 - 2000年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 産能短期大学

    1995年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本質的心理学会

    2011年4月 - 現在

  • 日本生態心理学会

    2000年4月 - 現在

  • 日本法社会学会

    1111年11月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ナラティヴとメディエーション —反物語の声—

    西田英一

    仲裁とADR   8   18 - 25   2013年5月

     詳細を見る

    単著

  • 法学教育とメディア利用

    西田英一

    甲南大学総合研究所 叢書   ( 107 )   15 - 39   2011年11月

     詳細を見る

    単著

  • Voice as Posture: Power of Voice that doesn’t Form into Stories

    NISHIDA Hidekazu

    甲南法学   51 ( 4 )   901 - 923   2011年3月

     詳細を見る

    単著

  • 紛争への第三者関与

    西田英一

    法社会学   ( 64 )   2006年3月

     詳細を見る

    単著

    当事者による自律的問題処理の力がどのような相互作用の中から生まれてくるのかについて、具体的な離婚調停の事例分析を通して検討した。

  • 日常的交渉場面に現れる法

    西田英一

    法社会学   ( 58 )   2003年3月

     詳細を見る

    単著

    具体的な紛争事例の観察を通して、日常的交渉場面において「法的なもの」がどのようにして現れ、それが紛争の成り行きをどのように規定していくのかについて考察した。

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 新ブリッジブック法社会学―臨床的アプローチ

    和田仁孝・西田英一・仁木恒夫( 担当: 共編者(共編著者))

    2022年3月  ( ISBN:9784797229424

     詳細を見る

    「臨床」というキーワードを導き手として、法の現場や多様な分野との対話を目指す法社会学の入門書。第1部「法と社会論の基礎」では、法社会学はじめ法意識やジェンダー論など含む基礎理論を紹介。第2部「紛争過程と当事者」では、裁判・ADR等の紛争処理手続や法専門家の役割等、紛争処理システムの仕組みを当事者の視点から解説する。第3部「実定法学との対話」では、民法・民事訴訟法・刑事法等の実定法学との対話を通して、法が働く姿について具体的事例に沿って考察する。法社会学の扉をひらくエントリーテキスト(全15章)。

  • 語りから学ぶ法社会学

    西田 英一( 担当: 単著)

    北大路書房  2021年10月  ( ISBN:978-4-7628-3171-3

     詳細を見る

     東日本大震災での大川小学校津波訴訟,職場喫煙問題,女性と育児と仕事をめぐる問題,リンチ殺人事件の被害者遺族と加害者の関係など,民事紛争および刑事事件の当事者の語りをできるだけ加工せずナマのまま提示。そこから人と人/人と組織/人と法の関わりの接面で何が起こっているのかをリアルに考える。

  • 声の法社会学

    西田 英一( 担当: 単著)

    北大路書房  2019年3月  ( ISBN:978-4-7628-3054-9

     詳細を見る

     紛争解決場面において <声> がどんな働きをし法とどう関わるのかを、フィールドワークを通して考察する。
    (第11章「身体的関わりと了解」では、児童74人が犠牲となった石巻市立大川小学校の津波事故と訴訟の意味について分析している)

  • 振舞いとしての法 ── 知と臨床の法社会学

    西田英一, 山本顯治( 担当: 編集 ,  範囲: 「痛みと償い ── 震えの声の前で」)

    法律文化社  2016年2月 

  • 震災後に考える

    早稲田大学震災復興研究論集編集委員会( 担当: 共著 ,  範囲: 原発事故をめぐる被害の構造と認知)

    早稲田大学出版部  2015年3月 

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Voice as Posture

    Hidekazu Nishida

    Injury as Cultural Practice Symposium  (Loyola Law School, Los Angeles) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • 紛争への第三者関与

    紛争への第三者関与

    日本法社会学会学術大会  (専修大学)  日本法社会学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

  • 日常的交渉場面に現れる法

    西田 英一

    日本法社会学会学術大会  (九州大学)  日本法社会学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

  • 法主体像の現在

    西田 英一

    日本法社会学会学術大会  (京都大学)  日本法社会学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 書評 和田安弘著『紛争と共感のリアリティ-「リアリティの共有」に関する法社会学的考察-』

    2014年3月

     詳細を見る

    書評

    法社会学 第80号、311-316頁。

  • 浪江町被害実態報告書(早稲田大学東日本大震災復興支援プロジェクト)

    2013年8月

     詳細を見る

    和田仁孝・中西淑美との共同分析・報告。

  • たばこ訴訟の法社会学

    2000年1月

     詳細を見る

    喫煙率の国際比較、性・年齢別分析、時系列分析を通して、日本の喫煙状況を人口学的に整理した。
    【担当部分】喫煙率の偏差と変化
    世界思想社 (棚瀬孝雄編)

  • 経済辞典(第3版)

    1997年3月

     詳細を見る

    用語解説。
    【担当部分】「CP」「トレーディング・スタンプ」「経済のサービス化」「ホスピタリティ」「クレジットカード」の5項目
    【著作者】金森久雄、荒憲治郎、森口親司、西田英一
    有斐閣

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 司法書士の法律業務に関する理論上の問題点

    国内共同研究

    2007年4月 - 現在

  • 「震災と犯罪(阪神大震災後の犯罪被害の実態と人々の不安感)」(国内共同研究)

    国内共同研究

    1998年4月 - 2000年3月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 調停者のコミュニケーション技法開発研究

  • 紛争の動態分析

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  ・紛争プロセスの法社会学的研究    ・ADR・リーガルカウンセリング技法研究

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2021年度  ・紛争プロセスの法社会学的研究    ・ADR・リーガルカウンセリング技法研究

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2020年度  ・紛争プロセスの法社会学的研究    ・ADR・リーガルカウンセリング技法研究

    研究費の種類: 教員研究費

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年4月
    -
    現在

    理解度確認アンケートの実施

  • 2002年4月
    -
    現在

    講義資料のMyKONANへのアップロード

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2006年4月
    -
    2007年3月

      法学部長   (全学委員会)

  • 2004年4月
    -
    2006年3月

      図書館長   (全学委員会)