写真a

杉山 善浩 (スギヤマ ヨシヒロ)

SUGIYAMA Yoshihiro

職名

教授

学位

博士(経営学)(神戸大学), 経済学修士(大阪大学), 経済学士(大阪大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   経済学部   経営学科   卒業

    1981年4月 - 1985年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   経済学研究科   経営学専攻   修士課程   修了

    1985年4月 - 1987年3月

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年4月
    -
    2016年3月

    神戸大学大学院経営学研究科   研修員

  • 1995年8月
    -
    1996年3月

    エバーグリーン州立大学(Evergreen State College)   交換教員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   経営学部   教授

    2006年4月 - 現在

  • 甲南大学   経営学部   学部長

    2017年4月 - 2019年3月

  • 甲南大学   社会科学研究科   研究科長

    2017年4月 - 2018年3月

  • 甲南大学   キャリアセンター   所長

    2020年4月 - 2021年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 兵庫県立大学   経営学部 教授

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 神戸商科大学   商経学部 教授

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 神戸商科大学   商経学部 助教授

    1994年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 神戸商科大学   商経学部 講師

    1991年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 神戸商科大学   商経学部 助手

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本管理会計学会(国内)

    1991年7月 - 現在

  • 日本原価計算研究学会(国内)

    1987年10月 - 現在

  • 日本会計研究学会(国内)

    1987年10月 - 現在

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 管理会計システムの有効性に関する総合的研究

    (選択しない)  

    研究期間: 2004年2月  -  現在

  • 企業環境の変化が資本予算に及ぼす影響に関する研究

    (選択しない)  

    研究期間: 1985年4月  -  2004年1月

論文 【 表示 / 非表示

  • 戦略管理会計の発展に向けて

    甲南大学経営学会編『新時代の経営学』(千倉書房)   2022年3月

  • 資本予算研究の回顧と展望

    杉山善浩

    甲南経営研究   60 ( 1・2 )   75 - 86   2019年10月

     詳細を見る

    単著

  • 投資評価における新しい視点―欧米文献のレビューからの示唆―

    杉山善浩

    甲南経営研究   56 ( 2 )   43 - 56   2015年9月

     詳細を見る

    単著

  • 資本予算の展開―環境要因の変化の視点から― 招待あり

    杉山善浩

    甲南会計研究   ( 9 )   47 - 60   2015年3月

     詳細を見る

    単著

  • 予算管理の新潮流

    杉山善浩

    甲南経営研究   54 ( 3・4 )   23 - 42   2014年3月

     詳細を見る

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • セミナー管理会計

    門田安弘、他22名( 担当: 共著)

    税務経理協会  2016年4月  ( ISBN:9784419063153

  • スタンダードテキスト 管理会計論 第2版

    山本浩二,小倉昇,尾畑裕,小菅正伸,中村博之,清水信匡,菅本栄造,杉山善浩,富田知嗣,中川優,本橋正美,松尾貴巳,山本達司,頼誠( 担当: 共著)

    中央経済社  2015年10月  ( ISBN:9784502162213

  • 工業簿記・原価計算演習―理論と計算― 第4版

    上埜進、島田美智子、川島和浩、朴景淑、長坂悦敬、杉山善浩、諸藤裕美、小倉幸雄、河野充央、李健泳( 担当: 共著)

    税務経理協会  2015年5月  ( ISBN:9784419062552

  • 管理会計変化の探究

    杉山善浩( 担当: 単著)

    中央経済社  2014年4月  ( ISBN:9784502093609

  • 管理会計の基礎―理論と実践― 第4版

    上埜進,杉山善浩,島吉伸,窪田祐一,吉田栄介( 担当: 共著)

    税務経理協会  2010年4月  ( ISBN:9784419054595

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 松下幸之助から学ぶ

    杉山善浩

    藤棚   31   4 - 5   2014年4月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:甲南大学図書館  

  • 予算、決算とは何だろう

    杉山善浩

    おもしろい経営学―経営学の身近な実践例― 増補版   49 - 52   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:甲南大学ビジネス・イノベーション研究所・甲南大学経営学会  

  • BASIC講座 原価計算―計算制度ごとの流れを理解する― 第5回 標準原価計算

    杉山善浩

    税経セミナー   49 ( 1 )   193 - 204   2004年1月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:税務経理協会  

  • BASIC講座 原価計算―計算制度ごとの流れを理解する― 第4回 総合原価計算②:組別・等級別計算

    杉山善浩

    税経セミナー   48 ( 17 )   189 - 199   2003年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:税務経理協会  

  • BASIC講座 原価計算―計算制度ごとの流れを理解する― 第3回 総合原価計算①:減損・仕損の処理と工程別計算

    杉山善浩

    税経セミナー   48 ( 15 )   187 - 198   2003年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:税務経理協会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 管理会計変化の探究―歴史的視点からの分析―

    杉山善浩

    日本組織会計学会2013年度第4回研究会  (関西学院大学)  日本組織会計学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  • コンティンジェンシー理論の再評価

    杉山善浩

    日本管理会計学会関西中部部会2013年度第1回大会  (甲南大学)  日本管理会計学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  • 学部・大学院の会計教育の現況―国際的視点からの分析―

    上埜進,長坂悦敬,杉山善浩,椎葉淳

    日本原価計算研究学会第32回全国大会  (明治大学)  日本原価計算研究学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

  • 管理会計・原価計算教育の現況―実態調査を踏まえて―

    上埜進,長坂悦敬,杉山善浩,椎葉淳

    日本管理会計学会関西中部部会2006年度第1回大会  (甲南大学)  日本管理会計学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

  • 国際資本予算における理論と実務の乖離―実態調査の結果から―

    杉山善浩

    日本会計研究学会第54回関西部会  (大阪府立大学)  日本会計研究学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • キャッシュ・フロー予測問題に焦点を当てた資本予算モデルの構築(課題番号04853018)

    1992年4月 - 1993年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 奨励研究(A)

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 管理会計変化の探究

    2014年4月

    甲南大学経営学会  甲南大学経営学会出版助成金

  • 会計学の教育と研究の現況–国際調査–

    2005年4月 - 2006年3月

    甲南学園  甲南学園平生太郎基金科学研究奨励助成金

    上埜進、長坂悦敬、椎葉淳

  • 投資効率を高める資本予算

    2002年9月

    神戸商科大学  神戸商科大学後援基金出版助成金

  • 日本版ビッグバンにおける連結会計情報の質的改善と活用の研究

    1997年4月 - 1998年3月

    神戸商科大学  神戸商科大学特別研究助成金

    野村健太郎、斉藤清、鳥邊晋司

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 会計学の教育と研究の現況-国際調査-

    国内共同研究

    2005年4月 - 2006年3月

     詳細を見る

    本研究では、今日まで会計の国際化を主導してきた英語圏の会計学の教育・研究のあり方を、わが国の会計学の教育・研究のそれと比較する。そして、どこに相違がみられるかを確認するとともに、制度、歴史、文化といった多角的な視点から、こうした相違の原因を探る。

  • 日本版ビッグバンにおける連結会計情報の質的改善と活用の研究

    学内共同研究

    1997年4月 - 1998年3月

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  管理会計と戦略の関係性に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2021年度  管理会計と戦略の関係性に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    管理会計と戦略の関係性を調査・研究し、その成果を研究論文(「戦略管理会計の発展に向けて」、甲南大学経営学会編『新時代の経営学』、第11章、千倉書房、2022年3月)として公表した。

  • 2020年度  管理会計におけるシステムと理論の整合性に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    企業で採用している管理会計システムが理論と整合的かどうかを検討した。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年3月
     
     

    授業科目解説書「経営学研究のしおり(増補第14版)」(甲南大学経営学会)共同執筆

  • 2017年3月
     
     

    授業科目解説書「経営学研究のしおり(増補第13版)」(甲南大学経営学会)共同執筆

  • 2016年4月
     
     

    教科書「セミナー管理会計」(税務経理協会) 共同執筆

  • 2015年10月
     
     

    教科書「スタンダードテキスト 管理会計論(第2版)」(中央経済社) 共同執筆

  • 2015年5月
     
     

    教科書「工業簿記・原価計算演習―理論と計算―(第4版)」(税務経理協会) 共同執筆

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    基礎演習(1年次配当、4単位)、専門演習Ⅰ(2年次配当、2単位)、専門演習Ⅱ(3年次配当、4単位)、専門演習Ⅱ(4年次配当、4単位)、管理会計(2・3・4年次配当、4単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    講義(管理会計)では、受講生が次の能力を習得することを教育目標としている。すなわち、①会計情報に関する知識を深め、それを読み解く能力、②会計情報を有効に活用し、企業内の意思決定や業績管理を合理的かつ賢明に実行できる能力、である。また、演習(基礎演習、専門演習Ⅰ・Ⅱ)では、受講生が次の能力を習得することを教育目標としている。すなわち、①人間関係を形成する能力、②プレゼンテーション能力、③自律的に思考し、行動する能力、④情報を整理し、分析する能力、⑤問題を発見し、解決する能力、である。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    講義(管理会計)では、パワーポイントを用いた授業を行っている。図表や写真を豊富に取り入れたスライドを作成するとともに、受講生の理解度をみるために授業中にミニレポートを作成・提出してもらっている。また、演習(基礎演習、専門演習Ⅰ・Ⅱ)では、受講生による報告(プレゼンテーション)およびディスカッション形式の授業を行っている。基礎演習ではほぼ毎回小テストを行い、専門演習Ⅰ・Ⅱでは年に数回程度のレポートを課している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    講義(管理会計)で使用するスライドの内容や配布資料については、受講生が授業を理解するために十分な分量・内容であった。また、受講生に提出してもらったミニレポートの点検を行うことで、各受講生が当該テーマについてどの程度の理解度があるかを把握することができた。以上により、受講生にはこの授業に総合的に満足してもらえたと考えている。また、演習(基礎演習、専門演習Ⅰ・Ⅱ)では、コーディネーターとして活発なディスカッションを誘導できたと考えている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    講義(管理会計)では、準備学習として、①新聞の経済や産業の欄を読み、企業行動に注目すること、②教科書の内容を予習すること、③教科書および授業中に配布したプリントの内容を復習することの3点を課している。受講生にはこれらの準備学習の重要性をさらに周知徹底したい。また、演習(基礎演習、専門演習Ⅰ・Ⅱ)では、ディスカッションのテーマの選択をより適切に行うとともに、配布資料の内容のさらなる充実を図りたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月 - 現在   日本管理会計学会  理事

  • 2020年4月 - 現在   日本管理会計学会  関西・中部部会 評議員・顧問

  • 2017年4月 - 2020年3月   日本管理会計学会  関西・中部部会 会長

  • 2014年4月 - 2017年3月   日本管理会計学会  学会誌『管理会計学』 常任編集委員

  • 2022年4月 - 現在   日本会計研究学会  入会審査委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 公認会計士試験 試験委員(管理会計論担当)

    2014年12月 - 2017年2月

  • 独立行政法人大学入試センター教科科目第一委員会 簿記・会計部会 委員

    2004年4月 - 2005年3月

  • 独立行政法人大学入試センター教科科目第一委員会 簿記部会 委員

    2003年4月 - 2004年3月

  • 学校法人 とよた学園 理事

    役割:運営参加・支援

    2018年7月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

  • 公益財団法人 関西生産性本部 人材開発委員会 委員

    2020年4月 - 2021年3月

全件表示 >>

 

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年7月
    -
    2019年10月

    研究倫理教育(APRIN eラーニングプログラム)

  • 2015年7月
    -
    2015年9月

    研究倫理教育(CITI eラーニングプログラム)

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    2021年3月

      甲南大学キャリアセンター 所長   (全学委員会)

  • 2017年4月
    -
    2019年3月

      甲南大学経営学部  学部長   (全学委員会)

  • 2017年4月
    -
    2019年3月

      甲南大学大学院社会科学研究科経営学専攻 専攻主任   (全学委員会)

  • 2017年4月
    -
    2019年3月

      学校法人甲南学園 評議員(5号)   (全学委員会)

  • 2017年4月
    -
    2019年3月

      学校法人甲南学園 理事(2号)   (全学委員会)

全件表示 >>