写真a

MORIKAWA Yuka

Position

日本語特任講師

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Nara Women's University   Faculty of Literature   Graduated

    - 1988.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Osaka University of Foreign Studies   Graduate School, Division of Foreign Language   Master's Course   Completed

    - 1991.3

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Abolition organization   Institute for Language and Culture

    1996.9

Professional Memberships 【 display / non-display

  • Kansai Linguistic Society

    1989.10

  • The Society for the Teaching Japanese as a Foreign Language

    1991.5

  • The Society for Japanese Linguistics

    1989.5

  • Japanese Association of Language Proficiency

    2017.6

  • The Japan Association for Language Education and Technology

    2012.8

 

Research Career 【 display / non-display

  • Succession of Traditional Culture and Japanese Language Education

    Cooperative Research  

    Project Year: 2018.4  -   

Papers 【 display / non-display

  • A Video Material Introducing Japanese Culture to Invite Learners to Dialogical Interaction Reviewed

    Yuka Morikawa

    Journal of the Japanese Association of Language Proficiency   ( 10 )   33 - 42   2022.6

  • 文化の担い手が日本語学習者に伝えたい”思い”に関する分析と考察:能楽師へのインタビュー調査より

    森川 結花

    甲南大学教育学習支援センター紀要   ( 7 )   67 - 86   2022.3

     More details

  • Online Courses and Interactions for Future Study Abroad: a Report on Its Significance and Results

    Yuka Morikawa, Itsue Tanigawa

    CAJLE2021 Proceedings   127 - 134   2021.8

     More details

    Authorship:Lead author  

  • オンライン日本文化学習の限界と可能性

    森川結花

    日本語プロフィシェンシー研究学会 10周年記念シンポジウム   70 - 71   2021.6

  • 短期交換プログラム日本語コースにおける日本文化体験の意義と学習効果

    森川 結花

    甲南大学総合研究所叢書143『文化の継承と日本語教育』   119 - 146   2021.3

     More details

    Single Work

    Publisher:甲南大学総合研究所  

    本研究は森川・永須(2019)に引き続き実践した短期交換留学生対象の文化体験プログラム(「能楽」ワークショップ)の意義と学習効果について、学習者の振り返りシートの記述から分析し考察したものである。村野(2001)で述べられているように、留学環境にある学習者は身の周りの生活環境の中で様々なリソースに接触し言語と文化を学び取る。本研究では、細川(1997)(1998)(2003)および諏訪(2005)の成果に基づき、「能楽」ワークショップにおいて学習者の内面にどのような変化が起こったか、学習者自身にメタ認知的に言語化させるために振り返りシートへの記入を行わせた。その記述から、彼らの内面に起こった変化が認められ、ワークショップの学習効果が確認された。

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Online Courses and Interactions for Future Study Abroad: a Report on Its Significance and Results

    CAJLE 2021  (University of Alberta, Alberta (Online))  2021.8  Canadian Association for Japanese Language Education

     More details

    Event date: 2021.8

    Country:Canada  

  • オンライン日本文化学習の限界と可能性

    森川結花

    日本語プロフィシエンシー研究学会10周年記念シンポジウム  (オンライン)  2021.6  日本語プロフィシエンシー研究学会

     More details

    Event date: 2021.6

    Country:Japan  

  • Students' Cultural Awareness and the Teacher's Role during their Participation in Experiential Learning relating to Traditional Japanese Culture

    Yuka Morikawa, Mika Nagasu

    CAJLE Annual Conference 2019 in Victoria 

     More details

    Event date: 2019.8

  • 「めやす」の教育理念の実現を目指した現地体験型研修旅行の実践:留学生が感じ、学んだ「広島」

    森川結花

    カナダ日本語教育振興会 2017年次大会  (Calgary)  Canadian Association for Japanese Language Education

     More details

    Event date: 2017.8

    年間留学プログラムの恒例行事である広島・宮島研修旅行を日本語授業の一環として組み直すため、言語・文化・社会の理解と連携を目指す『外国語教育のめやす』を教育方針の基盤として学習プランを設計し、2017年3月に実践した。現地での見学や交流を通して学習者は負の経験をしつつ、それを自身の置かれた環境の中で癒やされていくことで内面の成長を遂げていく様が彼らの記した旅行記から読み取れた。

  • 原因・理由を問う「なんで」の使用実態と日本語教科書での扱わ れ方について ―「なぜ」「どうして」との比較を通して

    小山宣子,森川結花

    日本語/日本語教育研究会第5回研究集会  (学習院女子大学)  日本語/日本語教育研究会

     More details

    Event date: 2013.9

    原因理由を問う「なんで」が初級日本語教科書の中では扱われず、代わりに「どうして」「なぜ」が使われていることを既存の教科書を調査することで明らかにし、それが母語話者の言語使用の実態とズレていることを数種のコーパスとの比較において証明した。

display all >>

Other Research Activities 【 display / non-display

  • 日本語読解学習サイト tutor.bunko

    2009.9

     More details

    日本語学習者が独力で日本語の作品を読んで楽しむことができる短編小説やブログ記事の紹介。漢字学習の支援。教室活動用教材を提供する。URL:http://basil.is.konan-u.ac.jp/tutor/bunko/index.html

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 日本で学ぶ留学生の学習動機を促進させる文化体験型授業の設計

    2021.4 - 2024.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    谷川依津江

      More details

    Authorship:Principal investigator

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • Experiential Learning of Japanese Culture in the Japanese Language Education

  • 読解教材開発

  • 日本語学習者のための教育文法の構築

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.4   日本語プロフィシェンシー研究学会  ニューズレター編集委員

Social Activities 【 display / non-display

  • 公立小学校における外国ルーツ児童の学習支援活動

    Role(s): Advisor

    2022.5

     More details

    Audience: Schoolchildren

    日本語が母語ではない児童に対する日本語学習支援として補習指導を行う

  • 滋賀県高島市国際交流協会やさしい日本語教室

    2019.6

 

Qualification acquired 【 display / non-display

  • ACTFL Oral Proficiency Interview Tester

  • High School Teacher Specialization License

  • Junior High School Teacher Specialization License