写真a

秋宗 秀俊 (アキムネ ヒデトシ)

AKIMUNE Hidetoshi

職名

教授

学位

博士(理学)(京都大学), 修士(京都大学)

専門分野

実験核物理、原子核の巨大共鳴、原子核のクラスター状態、原子核の弱い相互作用に対する応答、加速器を用いた核反応、高エネルギー粒子の検出

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   理学部   物理第二教室   卒業

    - 1989年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   理学研究科   物理第二専攻   博士課程   単位取得満期退学

    - 1994年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   理工学部   教授

    2012年4月 - 現在

  • 甲南大学   理工学部   准教授

    2002年4月 - 2012年3月

  • 甲南大学   講師

    1999年4月 - 2002年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力研究所   先端基礎研究センター

    1998年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 大阪大学   核物理研究センター

    1995年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

    1991年4月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Compressional-mode resonances in the molybdenum isotopes: Emergence of softness in open-shell nuclei near A = 90 査読あり

    K.B. Howard, U. Garg, M. Itoh, H. Akimune, M. Fujiwara, T. Furuno, Y.K. Gupta, M.N. Harakeh, K. Inaba, Y. Ishibashi, K. Karasudani, T. Kawabata, A. Kohda, Y. Matsuda, M. Murata, S. Nakamura, J. Okamoto, S. Ota, J. Piekarewicz, A. Sakaue, M. Şenyiğit, M. Tsumura, Y. Yang

    Physics Letters B   807   135608 - 135608   2020年8月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2020.135608

    researchmap

  • Spin-dipole nuclear matrix element for the double beta decay of 76Ge by the (3He, t) charge-exchange reaction 査読あり

    H Akimune, H Ejiri, F Hattori, C Agodi, M Alanssari, F Cappuzzello, D Carbone, M Cavallaro, G Coló, F Diel, C A Douma, D Frekers, H Fujita, Y Fujita, M Fujiwara, G Gey, M N Harakeh, K Hatanaka, K Heguri, M Holl, A Inoue, N Kalantar-Nayestanaki, Y F Niu, P Puppe, P C Ries, A Tamii, V Werner, K Zuber

    Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics   2020年5月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:{IOP} Publishing  

    DOI: 10.1088/1361-6471/ab7a87

    researchmap

  • Compression-mode resonances in the calcium isotopes and implications for the asymmetry term in nuclear incompressibility 査読あり

    K. B. Howard, U. Garg, M. Itoh, H. Akimune, S. Bagchi, T. Doi, Y. Fujikawa, M. Fujiwara, T. Furuno, M. N. Harakeh, Y. Hijikata, K. Inaba, S. Ishida, N. Kalantar-Nayestanaki, T. Kawabata, S. Kawashima, K. Kitamura, N. Kobayashi, Y. Matsuda, A. Nakagawa, S. Nakamura, K. Nosaka, S. Okamoto, S. Ota, S. Weyhmiller, Z. Yang

    Physics Letters, Section B: Nuclear, Elementary Particle and High-Energy Physics   801   2020年2月

     詳細を見る

    共著

    © 2019 Recent data on isoscalar giant monopole resonance (ISGMR) in the calcium isotopes 40,44,48Ca have suggested that Kτ, the asymmetry term in the nuclear incompressibility, has a positive value. A value of Kτ>0 is entirely incompatible with present theoretical frameworks and, if correct, would have far-reaching implications on our understanding of myriad nuclear and astrophysical phenomena. This paper presents results of an independent ISGMR measurement with the 40,42,44,48Ca(α,α′) reaction at Eα=386 MeV. These results conclusively discount the possibility of a positive value for Kτ, and are consistent with the previously-obtained values for this quantity.

    DOI: 10.1016/j.physletb.2019.135185

    researchmap

  • Measurement of gamma rays from giant resonances excited by the C-12(p, p ') reaction at 392 MeV and 0 degrees 査読あり

    Reen M. S, Ou I, Sudo T, Fukuda D, Mori T, Ali A, Koshio Y, Sakuda M, Tamii A, Aoi I. N, Yosoi M, Ideguchi E, Suzuki T, Yamamoto T, Iwamoto C, Kawabata T, Adachi S, Tsumura M, Murata M, Furuno T, Akimune H, Yano T, Dhir R

    PHYSICAL REVIEW C   100 ( 2 )   2019年8月

     詳細を見る

  • Systematic analysis of inelastic scattering off self-conjugate A=4n nuclei 査読あり

    S. Adachi, T. Kawabata, K. Minomo, T. Kadoya, N. Yokota, H. Akimune, T. Baba, H. Fujimura, M. Fujiwara, Y. Funaki, T. Furuno, T. Hashimoto, K. Hatanaka, K. Inaba, Y. Ishii, M. Itoh, C. Iwamoto, K. Kawase, Y. Maeda, H. Matsubara, Y. Matsuda, H. Matsuno, T. Morimoto, H. Morita, M. Murata, T. Nanamura, I. Ou, S. Sakaguchi, Y. Sasamoto, R. Sawada,, Y. Shimizu, K. Suda, A. Tamii, Y. Tameshige, M. Tsumura, M. Uchida, T. Uesaka, H. P. Yoshida, and S. Yoshida,

    PHYSICAL REVIEW C   97 ( 014601 )   014601   2018年1月

     詳細を見る

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Neutron-skin thickness from excitation of spin-dipole resonanc

    秋宗 秀俊

    ACTA PHYS POL   33 (1): 331-336   2002年

     詳細を見る

  • Dipole excitation of alpha clusters in Li-6 and Li-7

    秋宗 秀俊

    PHYS REV LETT   87 122502   2001年

     詳細を見る

  • istribution of the Gamow-Teller strength in Nb-90 and Bi-208

    秋宗 秀俊

    PHYS REV C   64 067302   2001年

     詳細を見る

  • Evidence for a 3.8 MeV state in B-9

    秋宗 秀俊

    PHYS REV C   64 041305   2001年

     詳細を見る

  • Elastic proton scattering from He-4 at 297 MeV

    秋宗 秀俊

    PHYS REV C   63 034618   2001年

     詳細を見る

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 加速器を用いた原子核反応、原子核構造の研究

    提供機関:大阪大学核物理研究センター  国内共同研究

    2018年4月 - 2021年3月

  • 加速器を用いた原子核反応、原子核構造の研究

    提供機関:兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所  国内共同研究

    2018年4月 - 2021年3月

  • 加速器を用いた原子核反応、原子核構造の研究

    提供機関:大阪大学核物理研究センター  国内共同研究

    2014年6月 - 2016年3月

  • 軽核のクラスター構造の研究

    提供機関:大学院高度化推進特別経費  学内共同研究

    2004年4月 - 2005年3月

  • 高分解能・高エネルギー光子スペクトロメータによる逆コンプトンガンマ線のエネルギー分布の決定

    提供機関:(独法)核燃料サイクル開発機構  学内共同研究

    2003年9月 - 2004年3月

     詳細を見る

    核変換方法に関する核分光データを取得するために導入された、高分解能・高エネルギー光子スペクトロメータのガンマ線に対する応答を高精度化し、その成果に基づいて逆コンプトンガンマ線のエネルギー分布に関する研究

全件表示 >>

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  軽い核から中重核のアルファクラスター構造

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    粒子加速器から得られる高エネルギーイオンビームを原子核標的に照射し、反応により生じる粒子線を測定し、原子核の励起状態を調べる。特に、超前方への散乱粒子と励起された原子核の崩壊により放出される粒子を同時計測することにより、励起状態の微細な構造を明らかにする。

  • 2020年度  軽い核から中重核のアルファクラスター構造

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    粒子加速器から得られる高エネルギーイオンビームを原子核標的に照射し、反応により生じる粒子線を測定し、原子核の励起状態を調べる。特に、超前方への散乱粒子と励起された原子核の崩壊により放出される粒子を同時計測することにより、励起状態の微細な構造を明らかにする。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年4月
    -
    現在

    電磁気学

  • 2012年4月
    -
    現在

    原子核物理学

  • 2010年4月
    -
    2016年3月

    解析力学

  • 2000年4月
    -
    現在

    放射線計測学

  • 2000年4月
    -
    2016年3月

    力学

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    1電磁気学III(1)、コンピュータ実習II(2)、放射線計測学(3)、物理学実験II(4)、基礎物理学実験(5)、自然科学リサーチ(6)、物理学卒業研究(7)(以上学部)
    物理学研究演習I、II、III、IV、V(8)、物理学特別研究(9)、科学リテラシー(10)、原子核物理ゼミナール(11)、原子核物理学特論(12)(以上大学院)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    問題の定式化、解決における物理学の力強さを伝えるため。また、非常に体系的な学問である物理学が、多くの分野と互いに深い関係を持ち、基礎的な分野から応用的な分野まで網目状に関連性を持つことを伝えることを目指す。幹となる基礎の分野から、自身の専門とする分野まで継ぎ目なくカバーし、教育することを目指す。またこれにより、他分野との関連性を意識し、網目状に広がる物理学の体系の理解を促す。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    担当科目のスタイルは多岐にわたる。
    講義科目(1,3,12)、多人数実習科目(2)、中人数実習科目(4,5,10)、少人数実習科目(8)、少人数ゼミ科目(6,10,11)、少人数研究科目(7,9)など様々なスタイルを用いる。講義科目においては物理法則を導くまでの道筋を丁寧に説明する。典型的な演習問題を解くことによりいかに応用問題を解くことに活用するかを解説する。多人数、中人数実習科目においては、幅広レベルの学生が実習を通じで一定の水準を超える技能を身につけるよう、個別の学生に丁寧に対応し、実習課題を工夫する。少人数実習科目、研究科目においては、各学生の問題解決能力を涵養することを目指し、自主的、自律的な学習、思考を促すうよう工夫する。少人数ゼミ科目においては学生の事前の十分な準備とそれに基づく自由闊達な議論を促すよう工夫する。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    講義科目においては学生に対して行われる授業アンケートの結果を参考とする。科目により「平均的な理解度の高さ」、「科目そのものに興味を持たせること」、「次のステップで有用な考え方、技能を取得させること」など個別に目標を設定し、その達成度をアンケートの質問項目によって効果を測る。実習科目においては多くのレポートを課してその出来具合から目標の達成度をはかる。研究科目においては研究の成果の完成度を効果の指標とする。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    講義科目においては、期末試験の回答の状況から伝わっていない内容を精査し講義の改善点としていかす。授業アンケートでは「スピード・聞き取りやすさ」の評価が低いことが多いのでこの点を改善することを目標とする。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義ノート、授業改善アンケート、定期試験回答、レポート、卒論、修士論文

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ひょうご講座

    2012年9月 - 2012年12月

     詳細を見る

    「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」主催の市民向け講座「ひょうご講座」にて複数の甲南大学専任でリレー形式で「原発事故に接して:
    自然・科学・技術を考える」をテーマに講演

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 速中性子、高エネルギーγ線の検出

    速中性子、高エネルギーγ線の検出

  • 粒子線と物質との相互作用のシミュレーション

    粒子線と物質との相互作用のシミュレーション

  • 電磁スペクトロメータを用いたkeVからMeVまでの荷電粒子の測定

    電磁スペクトロメータを用いたkeVからMeVまでの荷電粒子の測定

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • ORCID Hicetoshi Akimune

    https://orcid.org/0000-0001-5237-5718

    物理学