写真a

若林 公美 (ワカバヤシ ヒロミ)

WAKABAYASHI Hiromi

職名

教授

学位

博士(経営学)(神戸大学)

専門分野

会計学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    神戸大学  経営学研究科  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2018年08月

    コロンビア大学   客員研究員

  • 2013年08月
    -
    2014年08月

    コロンビア大学   客員研究員

  • 2003年10月
    -
    2004年09月

    ティルブルグ大学   客員研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   経営学部   准教授  

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   経営学部   経営学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2003年03月

      東京国際大学  

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

      東京国際大学   商学部  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    日本会計研究学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    国際会計研究学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    アメリカ会計学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    ヨーロッパ会計学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 財務報告の比較可能性と経営者報酬契約における相対業績評価

    若林 公美

    會計 ( 森山書店 )  199 ( 5 ) 57 - 70   2021年05月  [招待有り]

    単著

  • 会計情報の比較可能性と投資家間の情報の非対称性

    若林公美

    會計   195 ( 4 ) 1 - 344   2019年04月  [招待有り]

    単著

  • IFRSと財務情報の比較可能性

    若林公美

    国際会計研究学会年報   ( 41・42 ) 117 - 130   2018年07月

    単著

  • ROE情報と将来パフォーマンス

    馬場大治,山口聖,若林公美

    甲南経営研究   58 ( 3 ) 1 - 16   2017年12月

    共著

  • 日本企業の資本コストに対する認識の変遷とその背景

    馬場大治、若林公美

    甲南経営研究   57 ( 2 ) 85 - 121   2016年12月

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 国際財務報告の基礎概念

    若林公美 (担当: その他 )

    中央経済社  2013年12月

  • 会計情報のファンダメンタル分析

    若林公美,桜井貴憲,與三野偵倫,石光裕 (担当: その他 , 担当範囲: 第6章 企業の資金調達活動と将来業績の関連性 )

    中央経済社  2013年03月 ISBN: 978-4-502-4760-6

  • 企業価値評価の実証分析―モデルと会計情報の有用性検証

    八重倉孝,若林公美 (担当: その他 , 担当範囲: 第8章 企業価値評価モデルのインプットとしての利益 )

    中央経済社  2010年06月

  • 包括利益の実証研究

    若林公美 (担当: 単著 )

    中央経済社  2009年09月 ISBN: 978-4-502-29830-1

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 企業情報開示における比較可能性の意義

    若林公美

    日本会計研究学会関西部会  (京都産業大学)  2018年12月  -  2018年12月   

  • IFRSと財務情報の比較可能性

    若林公美

    国際会計研究学会第8回西日本部会  (長崎県立大学佐世保校)  2017年07月  -  2017年07月    国際会計研究学会

  • Changes in Earnings Synchronicity over the Last 30 Years: Preliminary Evicdence from Japan

    Kazuhisa Otogawa, Hiromi Wakabayashi

    アメリカ会計研究学会年次総会  (Hyatt Regency Chicago, Chicago, USA)  2015年08月  -  2015年08月    American Accounting Association

  • Changes in Earnings Synchronicity over the Last 30 Years: Preliminary Evicdence from Japan

    Kazuhisa Otogawa, Hiromi Wkabayashi

    ヨーロッパ会計学会年次総会  (Scottish Exhibition and Congress Centre, Glasgow, UK)  2015年04月  -  2015年04月    European Accounting Association

  • Changes in Earnings Synchronicity over the Last 30 Years: Preliminary Evicdence from Japan

    Kazuhisa Otogawa and Hiromi Wakabayashi

    韓国国際会計学会2014 年次大会  (韓国 釜山外国語大学校)  2014年11月  -  2014年11月    Korea International Accounting Association

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 中野貴之編著『IFRS適用の知見ー主要諸国と日本における強制適用・任意適用の分析ー』

    2021年01月  -  2021年01月

    『産業経理』第80巻第40号 112-113頁  書評

  • 第41回経営財務学会全国大会 討論者、野間幹晴氏「株主還元の変遷と退職給付に係る負債」

    2017年09月  -  2017年09月

  • 日本銀行金融研究所「会計研究報告会」討論者、浅野敬志・大坪史尚・天白隼也氏「株式市場の過熱感を評価するうえで有用な利益情報について――公正価値情報や減損損失はノイズなのか」

    2014年11月  -  2014年11月

  • The 2nd TJAR Conference, Discussant, Jang Youn CHO, The Value Relevance of Accounting Information

    2011年12月  -  2011年12月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 太田・黒澤賞

    2010年09月07日   日本会計研究学会  

    受賞者:  若林公美

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 会計情報の比較可能性に関する実証研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 会計基準のグローバル化と会計情報の比較可能性に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

      

  • 国際会計基準のコンバージェンス・アドプションと業績報告に関する実証研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月 

  • 包括利益情報と株式市場の評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

  • 地方債の格付けに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2006年03月 

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • IFRS時代における会計・財務・マネジメントの実態に関する国際比較―日韓上場企業を分析対象として―

    提供機関:  公益財団 村田学術振興財団  村田学術振興財団 研究助成

    研究期間: 2011年06月  -  2012年05月 

  • 関西地域発イノベーション・プラットフォームの構築

    提供機関:  総務省  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

    研究期間: 2010年04月  -  2019年03月 

  • 時価情報が企業価値評価に及ぼす影響に関する研究

    提供機関:  その他財団等  社会科学国際フェローシップ

    研究期間: 2003年10月  -  2004年08月 

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人堺市産業振興センター の経営評価

    提供機関: 公益財団法人堺市産業振興センター   一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    伝統産業会館に関する事業評価を実施

  • IFRS時代における会計・財務・マネジメントの実態に関する国際比較―日韓上場企業を分析対象として―

    提供機関:   学内共同研究

    研究期間: 2011年05月  -  継続中 

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2001年06月
    -
    2010年12月

    テキスト 国際会計基準 第1版ー新訂版 

  • 2019年03月
     
     

    改訂増補版 おもしろい経営学

  • 2010年10月
    -
    2011年03月

    経営学研究のしおり

  • 2008年10月
    -
    2009年09月

    1からの会計