写真a

山本 常夏 (ヤマモト トコナツ)

YAMAMOTO Tokonatsu

職名

教授

学位

博士(理学)(東京大学)

専門分野

素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    大阪市立大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年04月

    東京大学  理学系研究科  物理学  博士課程  修了

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年02月
    -
    2007年03月

      The University of Chicago  

  • 2002年02月
    -
    2004年01月

      The University of Chicago  

  • 2000年04月
    -
    2002年01月

      東京大学宇宙線研究所  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Coherent Radio Emission from the electron beam sudden appearance

    Krijn D. de Vries, Michael DuVernois, Masaki Fukushima, Romain Gaïor, Kael Hanson, Daisuke Ikeda, Yusuke Inome, Aya Ishihara, Takao Kuwabara, Keiichi Mase, John N. Matthews, Thomas Meures, Pavel Motloch, Izumi S. Ohta, Aongus O’Murchadha, Florian Partous, Matthew Relich, Hiroyuki Sagawa, Tatsunobu Shibata, Bokkyun Shin, Gordon Thomson, Shunsuke Ueyama, Nick van Eijndhoven, Tokonatsu Yamamoto, and Shigeru Yoshida

    Physical Review D   98 ( 123020 ) 1 - 8   2018年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A Technique for Estimating the Absolute Gain of a Photomultiplier Tube

    M.Takahashi, Y.Inome, S.Yoshii, A.Bamba, S.Gunji, D.Hadasch, M.Hayashida, H.Katagiri, Y.Konno, H.Kubo, J.Kushida, D.Nakajima, T.Nakamori, T.Nagayoshi, K.Nishijima, S.Nozaki, D.Mazin, S.Mashuda, T. Yamamoto, T.Yoshida

    Nuclear Instruments and methods in physics research section A   894 ( 21 ) 1 - 7   2018年06月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Measurement of microwave radiation from electron beam in the atmosphere

    I. S. Ohta, H. Akimune, M. Fukushima, D. Ikeda, Y. Inome, J.N. Matthews, S. Ogio, H. Sagawa, T. Sako, T. Shibata, T. Yamamoto

    Nuclear Instruments and methods in physics research section A   810   44 - 50   2016年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Propagation of Ultra-High-Energy Cosmic Ray Nuclei in Cosmic Magnetic Fields and Implications for Anisotropy Measurements

    Hajime Takami, Susumu Inoue, Tokonatsu Yamamoto

    Astroparticle Physics   35 ( 12 ) 767 - 780   2012年07月  [査読有り]

    共著

    Recent results from the Pierre Auger Observatory (PAO) indicate that the composition of ultra-high-energy cosmic rays (UHECRs) with energies above $10^{19}$ eV may be dominated by heavy nuclei. An important question is whether the distribution of arrival directions for such UHECR nuclei can exhibit observable anisotropy or positional correlations with their astrophysical source objects despite the expected strong deflections by intervening magnetic fields. For this purpose, we have simulated the propagation of UHECR nuclei including models for both the extragalactic magnetic field and the Galactic magnetic field. Assuming that only iron nuclei are injected steadily from sources with equal luminosity and spatially distributed according to the observed large scale structure in the local Universe, at the number of events published by the PAO so far, the arrival distribution of UHECRs would be consistent with no auto-correlation at 95% confidence if the mean number density of UHECR sources $n_s >~ 10^{-6}$ Mpc$^{-3}$, and consistent with no cross-correlation with sources within 95% errors for $n_s >~ 10^{-5}$ Mpc$^{-3}$. On the other hand, with 1000 events above $5.5 \times 10^{19}$ eV in the whole sky, next generation experiments can reveal auto-correlation with more than 99% probability even for $n_s <~ 10^{-3}$ Mpc$^{-3}$, and cross-correlation with sources with more than 99% probability for $n_s <~ 10^{-4}$ Mpc$^{-3}$. In addition, we find that the contribution of Centaurus A is required to reproduce the currently observed UHECR excess in the Centaurus region. Secondary protons generated by photodisintegration of primary heavy nuclei during propagation play a crucial role in all cases, and the resulting anisotropy at small angular scales should provide a strong hint of the source location if the maximum energies of the heavy nuclei are sufficiently high.

  • Prototyping hexagonal light concentrators using high-reflectance specular films for the Large-Sized Telescopes of the Cherenkov Telescope Array

    A. Okumura, T.V. Dang, S. Ono, S. Tanaka, M. Hayashida, J. Hinton, H. Katagiri, K. Noda, T. Yamamoto, T. Yoshida

    Journal of Instrujmentation   12 ( P12008 ) 1 - 18   2017年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

 

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    力学II、基礎物理学I、ワークショップIC、基礎物理学実験、天文学特論、ラボラトリーフィジックス

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    圧倒的な教育力により人物教育のクオリティ・リーダーと呼ばれることを目指す。現在の物理学において重要な概念の一つに時空がある。これは時間と空間を同一に扱うべきという考えである。時空は「じくう」と読むが「じ」と「くう」を別々に発音してはいけない。時間と空間は同様に扱わなければいけないので、同時に発音するべきである。英語では Spacetimeと書くがSpaceとTimeの間にスペースを空けない。そして同時に発音しなければならない。「スペース タイム」ではなく「スぺタイ」という感じに発音する。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    物理学は身近な出来事から宇宙の果てで起こっていることまで全ての現象を説明する学問である。実際に甲南大学周辺で起こっている現象について考えてみよう。摂津本山駅の標高は海抜20m程度である。これに対し理工学部のある甲南大学7号館は海抜75mくらいである。その差は55mだ。つまり摂津本山駅から理工学部まで来ると地球の中止から55m離れたことになる。地球の半径は6357kmであり、重力は地球中心からの距離の2乗に反比例することを考えると、摂津本山から理工学部まで来ると体重が0.0017%くらい軽くなる。同時に気圧が0.6%程度低くなる。人の体積は約70ℓなので、空気による浮力が0.5g程度小さくなりその分重くなる。つまりほとんど変わらないということである。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    ろうそくの燃焼速度はろうそくの種類や大きさに関係なくだいたい同じである。ロウを細い糸の先で燃やすと発生する熱量は1秒間に60 Jくらいである。これはトイレの電球より少し明るく、何もしていない人が消費するエネルギーと同じくらいである。つまり何もしなくてもろうそくが燃えるくらいの速さでエネルギーを消費するのである。ろうそくが燃焼する速さは重さにして1時間当たり8g程度だ。1日たてば200gくらい燃える。ひと月で6㎏である。運動した分しか食べないと決めておけば毎月6㎏体重が減るはずである。実際に毎月6kg減量するのは並大抵の努力では足りない。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    物理学による計算では1ヵ月6㎏の減量は原理的に可能である。実際にそうならない最大の理由はビールにある。この原因をどうするかは簡単な問題ではない。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    理科年表、