写真a

松田 洋平 (マツダ ヨウヘイ)

MATSUDA Yohei

職名

准教授

学位

博士(理学)(東北大学), 修士(理学)(東北大学), 学士(理学)(東北大学)

専門分野

, 自然科学一般, 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験

ホームページ

http://www.phys.konan-u.ac.jp/Nuclear/

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   理学部   物理学専攻 博士課程   卒業

    2004年4月 - 2009年9月

  • 東北大学   理学部   物理学専攻 修士課程   卒業

    2002年4月 - 2004年3月

  • 東北大学   理学部   物理学科   卒業

    1998年4月 - 2002年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   理学研究科   物理学専攻   博士課程   修了

    2004年4月 - 2009年9月

  • 東北大学   理学研究科   物理学専攻   修士課程   修了

    2002年4月 - 2004年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   理工学部   物理学科   准教授

    2021年4月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター

    2016年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 甲南大学   理工学部

    2014年5月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 大阪大学   核物理研究センター

    2013年4月 - 2014年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学   大学院理学研究科

    2011年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東北大学   大学院理学研究科

    2009年10月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

    2002年7月 - 現在

  • 日本加速器学会

    2020年6月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement of <sup>12</sup>C(n,n’) reaction cross section to determine triple-alpha reaction rate in high-density environments

    Tatsuya Furuno, Takanobu Doi, Kanako Himi, Takahiro Kawabata, Satoshi Adachi, Hidetoshi Akimune, Shiyo Enyo, Yuki Fujikawa, Yuto Hijikata, Kento Inaba, Masatoshi Itoh, Shigeru Kubono, Yohei Matsuda, Isao Murata, Motoki Murata, Shintaro Okamoto, Kosuke Sakanashi, Shingo Tamaki

    EPJ Web of Conferences   260   11010 - 11010   2022年

     詳細を見る

    出版者・発行元:EDP Sciences  

    The reaction rate of the triple-alpha reaction can be enhanced in hot and dense environments due to the deexcitation of the Hoyle state in <sup>12</sup>C by neutrons. The cross section of the deexcitation should be determined for the enhanced reaction rate. We plan to obtain the cross section by measuring the inverse reaction using a neutron beam around 10 MeV and an active target system. In the present paper, we report a proof-of-principle experiment using a neutron beam at 14 MeV. The obtained cross section is consistent with a previous result, demonstrating the validity of our method.

    DOI: 10.1051/epjconf/202226011010

  • Candidates for the 5α condensed state in 20Ne 査読あり

    S. Adachi, Y. Fujikawa, T. Kawabata, H. Akimune, T. Doi, T. Furuno, T. Harada, K. Inaba, S. Ishida, M. Itoh, C. Iwamoto, N. Kobayashi, Y. Maeda, Y. Matsuda, M. Murata, S. Okamoto, A. Sakaue, R. Sekiya, A. Tamii, M. Tsumura

    Physics Letters B   819   136411 - 136411   2021年5月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2021.136411

  • First experimental determination of the radiative-decay probability of the 31− state in 12C for estimating the triple alpha reaction rate in high temperature environments 査読あり

    M. Tsumura, T. Kawabata, Y. Takahashi, S. Adachi, H. Akimune, S. Ashikaga, T. Baba, Y. Fujikawa, H. Fujimura, H. Fujioka, T. Furuno, T. Hashimoto, T. Harada, M. Ichikawa, K. Inaba, Y. Ishii, N. Itagaki, M. Itoh, C. Iwamoto, N. Kobayashi, A. Koshikawa, S. Kubono, Y. Maeda, Y. Matsuda, S. Matsumoto, K. Miki, T. Morimoto, M. Murata, T. Nanamura, I. Ou, S. Sakaguchi, A. Sakaue, M. Sferrazza, K.N. Suzuki, T. Takeda, A. Tamii, K. Watanabe, Y.N. Watanabe, H.P. Yoshida, J. Zenihiro

    Physics Letters B   817   136283 - 136283   2021年4月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2021.136283

  • Formation of α clusters in dilute neutron-rich matter 査読あり

    Junki Tanaka, Zaihong Yang, Stefan Typel, Satoshi Adachi, Shiwei Bai, Patrik van Beek, Didier Beaumel, Yuki Fujikawa, Jiaxing Han, Sebastian Heil, Siwei Huang, Azusa Inoue, Ying Jiang, Marco Knösel, Nobuyuki Kobayashi, Yuki Kubota, Wei Liu, Jianling Lou, Yukie Maeda, Yohei Matsuda, Kenjiro Miki, Shoken Nakamura, Kazuyuki Ogata, Valerii Panin, Heiko Scheit, Fabia Schindler, Philipp Schrock, Dmytro Symochko, Atsushi Tamii, Tomohiro Uesaka, Vadim Wagner, Kazuki Yoshida, Juzo Zenihiro, Thomas Aumann

    Science   371 ( 6526 )   260 - 264   2021年1月

     詳細を見る

  • Compressional-mode resonances in the molybdenum isotopes: Emergence of softness in open-shell nuclei near A = 90 査読あり 国際共著

    K.B. Howard, U. Garg, M. Itoh, H. Akimune, M. Fujiwara, T. Furuno, Y.K. Gupta, M.N. Harakeh, K. Inaba, Y. Ishibashi, K. Karasudani, T. Kawabata, A. Kohda, Y. Matsuda, M. Murata, S. Nakamura, J. Okamoto, S. Ota, J. Piekarewicz, A. Sakaue, M. Şenyiğit, M. Tsumura, Y. Yang

    Physics Letters B   807   135608 - 135608   2020年8月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2020.135608

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 高強度小型サイクロトロンの実現に向けたLEBTの研究

    山﨑敦博, 松田洋平, 伊藤正俊, 足立智, 服部幸平, 米倉章平, 篠塚勉, 福田光宏, 依田哲彦, 神田浩樹, 武田佳次朗, 原隆文, 倉島俊, 宮脇信正, 涌井崇志, 中尾政夫

    Proceedings of the 19th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan   2022年

  • 中性子によるトリプルアルファ反応の増幅率決定に向けた10MeV単色中性子源の開発

    黒澤駿斗, 伊藤正俊, 松田洋平, 中川杏奈, 野坂恭子, 前田流, 小野寺史龍, 山本広平, 今間加奈子, 蜂須賀大暁, 秋宗秀俊, 久保野茂, 川畑貴裕

    日本物理学会講演概要集(CD-ROM)   75 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  • 大強度負重水素イオン加速に向けたCYRIC930型AVFサイクロトロン加速器の軌道計算

    松田 洋平, 伊藤 正俊, 篠塚 勉, 福田 光宏, 依田 哲彦, 神田 浩樹, 中尾 政夫, 倉島 俊, 宮脇 信正, 涌井 崇志

    Proceedings of the 17th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan   17th   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    J-GLOBAL

  • Gamow–Teller giant resonance in 132Sn 査読あり

    M. Sasano, J. Yasuda, L. Stuhl, R. G. T. Zegers, H. Baba, W. Chao, M. Dozono, N. Fukuda, N. Inabe, T. Isobe, G. Jhang, D. Kamaeda, T. Kubo, M. Kurata-Nishimura, E. Milman, T. Motobayashi, H. Otsu, V. Panin, W. Powell, M. Sako, H. Sato, Y. Shimizu, H. Suzuki, T. Suwat, H. Takeda, T. Uesaka, K. Yoneda, J. Zenihiro, T. Kobayashi, T. Sumikama, T. Tako, T. Nakamura, Y. Kondo, Y. Togano, M. Shikata, J. Tsubota, K. Yako, S. Shimoura, S. Ota, S. Kawase, Y. Kubota, M. Takaki, S. Michimasa, K. Kisamori, C. S. Lee, H. Tokieda, M. Kobayashi, S. Koyama, N. Kobayashi, H. Sakai, T. Wakasa, S. Sakaguchi, A. Krasznahorkay, T. Murakami, N. Nakatsuka, M. Kaneko, Y. Matsuda, D. Mucher, S. Reichert, D. Bazin, J. W. Le

    RIKEN Accelerator Progress Report 2018   52   2 - 2   2019年9月

  • Track distortion due to ion back flow in CAT-S at RIBF113: 132Sn(d, d’) measurement 査読あり

    S. Ota, H. Tokieda, C. Iwamoto, M. Dozono, U. Garg, S. Hayakawa, K. Kawata, N. Kitamura, M. Kobayashi, S. Masuoka, S. Michimasa, A. Obertelli, D. Suzuki, R. Yokoyama, J. Zenihiro, R. Kojima, H. Baba, O. Beliuskina, S. Chebotaryov, P. Egelhof, T. Harada, M. N. Harakeh, K. Howard, N. Imai, M. Itoh, Y. Kiyokawa, C. S. Lee, Y. Maeda, Y. Matsuda, E. Milman, V. Panin, H. Sakaguchi, P. Schrock, S. Shimoura, L. Stuhl, M. Takaki, K. Taniue, S. Terashima, T. Uesaka, Y. N. Watanabe, K. Wimmer, K. Yako, Y. Yamaguchi, Z. Yang, K. Yoneda

    RIKEN Accelerator Progress Report 2018   52   47 - 47   2019年9月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 放射線損傷に影響されない重RIビーム粒子識別の実現に向けた窒素ガスシンチレーション検出器の開発 (2)

    松田洋平, 石田駿野, 伊藤正俊, 中川杏菜, 黒澤駿斗, 野坂恭子, 前田流, 山本広平, 銭廣十三, 延與紫世, 原田 知也, 寺嶋 知, 坂口 治隆, 甲田 旭, 大田 晋輔, 堂園 昌伯, 前田 幸重, 清武 修平, 西村 冬尉

    日本物理学会2020年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  • 大強度負重水素イオン加速に向けたCYRIC930型AVFサイクロトロン加速器の軌道計算

    松田 洋平, 伊藤 正俊, 篠塚 勉, 福田 光宏, 依田 哲彦, 神田 浩樹, 中尾 政夫, 倉島 俊, 宮脇 信正, 涌井 崇志

    第17回日本加速器学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  • 放射線損傷に影響されない重RIビーム粒子識別の実現に向けた窒素ガスシンチレーション検出器の開発

    松田洋平, 石田駿野, 伊藤正俊, 中川杏菜, 黒澤駿斗, 野坂恭子, 前田流, 山本広平, 銭廣十三, 延與紫世, 原田知也, 寺嶋知, 坂口治隆, 甲田旭, 大田晋輔, 堂園昌伯, 前田幸重, 清武修平, 西村冬尉

    日本物理学会第75回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  • 大強度負重水素イオン加速に向けて(2) 〜CYRIC930型AVFサイクロトロン加速器の軌道計算〜

    松田洋平

    第18回AVF合同打ち合わせ  (理化学研究所 仁科ホール) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

  • 大強度負重水素イオン加速に向けて(1) 〜CYRIC930型AVFサイクロトロン加速器の軌道計算〜

    松田洋平

    第17回AVF打ち合わせ  (日本アイソトープ協会本部) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 稀少不安定核の精密中性子分布測定による中性子核物質状態方程式の解明

    2022年4月 - 2026年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    銭廣 十三, 坂口 治隆, 松田 洋平

  • 中性子非弾性機構によるトリプルアルファ反応の増幅率の決定

    2020年4月 - 2023年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    伊藤 正俊、松田 洋平、秋宗 秀俊、川畑 貴裕

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

  • エネルギー効率30%のRI製造用省エネ高強度小型加速器実現のための要素技術開発

    2020年4月 - 2023年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    福田 光宏、中尾 政夫、倉島 俊、涌井 崇志、伊藤 正俊、松田 洋平

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

  • 核物質の精密理解に向けた高濃度炭素14標的の開発

    2020年4月 - 2023年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    松田 洋平、池田 隼人、坂口 治隆、銭廣 十三 、伊藤 正俊

  • 極端環境下における元素合成過程の解明

    2019年6月 - 2024年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(S)

    川畑 貴裕、久保野 茂, 伊藤 正俊, 松田 洋平, 秋宗 秀俊

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 冷却標的の開発で実現する普遍的な独立粒子描像の破れの検証

    2022年8月 - 2023年8月

    公益財団法人木下記念事業団  公益財団法人木下記念事業団

    松田洋平, 秋宗秀俊, 小林俊雄, 大津秀暁, Sunji Kim

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 炭素14陽子弾性散乱測定による三体力の研究

    2015年4月 - 2016年3月

    日本私立学校振興・共済事業団   学術研究振興資金(若手研究者奨励金)

    松田 洋平

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  エキゾチック原子核に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    (1) エキゾチック原子核内の陽子と中性子の密度分布を実験的に求める (2) 偏極陽子ビームを用いたエキゾチック原子核の精密測定 (3) 重イオンビーム測定用検出器の開発 (4) 大強度サイクロトロン加速器の開発

  • 2020年度  エキゾチック原子核に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    (1) エキゾチック原子核内の陽子と中性子の密度分布を実験的に求める (2) 偏極陽子ビームを用いたエキゾチック原子核の精密測定 (3) 重イオンビーム測定用検出器の開発 (4) 大強度サイクロトロン加速器の開発

 

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    基礎物理学実験 (1年前期)
    ラボラトリー・フィジックス II (2年前期)
    ワークショップII(2年前期)
    物理学卒業研究(4年前期)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    甲南大学理工学部物理学科(学士課程)における教育基本方針
    https://www.konan-u.ac.jp/info/houshin/science_and_engineering/physics/
    甲南大学大学院自然科学研究科物理学専攻における教育基本方針
    https://www.konan-u.ac.jp/info/houshin/graduate_natural/physics/

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    甲南大学理工学部物理学科(学士課程)教育課程編成・実施の方針
    https://www.konan-u.ac.jp/info/houshin/science_and_engineering/physics/
    甲南大学大学院自然科学研究科物理学専攻 教育課程編成・実施の方針
    https://www.konan-u.ac.jp/info/houshin/graduate_natural/physics/

    本学が推進している”顔がわかる”少人数教育とアクティブラーニングを取り入れた教育。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    演習科目では、積極的に多くの演習問題に取り組むめるようにした。その結果、多くの学生がこちらの予想を超える数の問題を解答してくれた。また意欲的な学生は難題に対しても取り組んでくれた。
    実験科目では、実験結果を客観的・定量的・定性的に評価する練習を積んでもらった。その結果、実験結果を考察できる学生数が増えていった。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    演習科目では、問題内容を改良し、学習効果を高めていきたい。
    実験科目では、考察する力と論理的に説明できる力がさらにつくような内容に改善していきたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    MyKonan参照

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • クレーン運転士

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)