写真a

松本 咲 (マツモト サキ)

MATSUMOTO Saki

職名

特任教員

専門分野

有機化学, 生体関連化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    大阪大学   理学部   化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    大阪大学  理学研究科  化学専攻  博士課程  修了

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    大阪大学  理学研究科  化学専攻  修士課程  修了

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年04月

      大日本住友製薬株式会社   リサーチディビジョン、化学研究ユニット  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中
     

    日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Small synthetic molecule-stabilized RNA pseudoknot as an activator for -1 ribosomal frameshifting.

    Matsumoto S, Caliskan N, Rodnina MV, Murata A, Nakatani K

    Nucleic acids research   46 ( 16 ) 8079 - 8089   2018年09月

    共著

    DOI PubMed

  • Synthetic ligand promotes gene expression by affecting GC sequence in promoter.

    Matsumoto S, Iida K, Murata A, Denawa M, Hagiwara M, Nakatani K

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   27 ( 15 ) 3391 - 3394   2017年08月

    共著

    DOI PubMed

  • Formation of a ligand-assisted complex of two RNA hairpin loops.

    Hong C, Otabe T, Matsumoto S, Dohno C, Murata A, Hagihara M, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   20 ( 18 ) 5282 - 5287   2014年04月

    共著

    DOI PubMed

  • Ligand-inducible formation of RNA pseudoknot.

    Matsumoto S, Hong C, Otabe T, Murata A, Nakatani K

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   23 ( 12 ) 3539 - 3541   2013年06月

    共著

    DOI PubMed

  • Triethynylmetahne: a molecular unit inducing excimer-like emission in aggregated states of hydrocarbon fluorophores

    Otabe T, Matsumoto S, Nakagawa H, Hong C, Dohno C, Nakatani K

    Tetrahedron Letters   54   143 - 146   2013年01月

    共著