写真a

SHOLDT Gregory P. (ショルト グレゴリー)

SHOLDT Gregory P.

職名

特定任期教員

学位

教育の達人(ハワイ大学), 文学士号(バージニア大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • バージニア大学   心理学   卒業

    - 1992年5月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • ハワイ大学   教育心理学   修士課程   修了

    - 1995年5月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   ■廃止組織■   国際言語文化センター   特定任期教員

    2019年4月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Japan Association of Language Teachers

    2004年4月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sharing Experiences from the 2018 Quantitative Research Training Project 査読あり

    Gregory Sholdt

    Extensive Reading Japan   12 ( 3 )   3 - 5   2019年10月

     詳細を見る

    単著

    出版者・発行元:JALT  

  • The 2018 Quantitative Research Training Project: First Stage Progress Report 査読あり

    Sholdt, Gregory

    Extensive Reading Japan   11 ( 1 )   14 - 17   2018年7月

     詳細を見る

    単著

    担当区分:筆頭著者  

  • Procedures for a First-Step Quantitative Study: Exploring Written Fluency

    SHOLDT PAUL, GREGORY

    Transformation in Language Education   1 - 9   2017年8月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:JALT  

    語学教師が授業を使って量的研究に着手しようとする時、その煩わしさや苛立ちを回避するためには明確な教示が必要に なる。本稿は、量的研究の手法について学び、貴重な実践的経験を得ることに関心を寄せる語学教師が初めて研究に着手す るにあたって必要となる詳細を説明したものである。これをガイドとして利用することにより、フリーライティングのトピック選 択方法が流暢に書くことに与える影響に関する、単独または小規模なチームによる再現研究の実施が可能になる。より具体的 には、それぞれの教育現場に適した研究目標を設定した後、詳細な手順に従って研究計画を立て、調査を実行し、データ分析 を完了することになる。プロジェクトがうまく遂行された暁には、それを論文化し、大学の紀要などに投稿することも可能とな る。さらにこのガイドには、語学教師の実践活動を補完し、基礎知識の醸成に役立つ

    researchmap

  • Sharing experiences with quantitative research

    SHOLDT PAUL, GREGORY

    Transformation in language education   87 - 94   2017年8月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:JALT  

    日本の語学教師、とりわけ高等教育機関に従事する教師の間で、研究の必要性が次第に高まりつつある。統計を学んだこと のない教師にとって、量的研究を行うことは容易でないかもしれない。こうした状況に置かれて、外国語教育の現場で初めて データを収集し、量的な手法を用いた研究を実施するのは非常に難しい課題である。これらの課題は、量的研究を試みる教師 の多くにとって学びの機会にもなり得る。JALT2016のワークショップ『量的研究の経験の共有』では、量的研究で乗り越えた困 難や直面した課題について検討し、これから量的研究に携わる教師に対して助言する場を提供した。本稿では、様々な経験を 持つ4人の語学教師が自ら行った量的研究の経験を紹介する。研究者である教師たちとの研究プロセスやその経験に関する 意見交換によって、研究初心者は研究に対する理解を深め、新たなアイディア

    researchmap

  • Procedures for a First-Step Quantitative Study: Exploring Written Fluency. 査読あり

    Sholdt, Gregory

    P. Clements, A. Krause, & H. Brown (Eds.), Transformations in Language Education   87 - 94   2017年3月

     詳細を見る

    単著

    担当区分:筆頭著者  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Exploring EFL Fluency in Asia

    Sholdt, Gregory( 担当: 共著)

    Palgrave Macmillan  2014年3月 

     詳細を見る

    Chapter: Employing a Fluency-Based Approach to Teach the TOEFL iBT: An Action Research Project

  • Language Teaching Insights from Other Fields: Sports, Arts, Design, and More

    Sholdt, Gregory( 担当: 共著)

    TESOL International Association  2013年7月 

     詳細を見る

    Chapter: How Would a Researcher Conduct a Language Course Evaluation?

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Sharing Experiences with Quantitative Research

    Ken Schmidt, Gregory Sholdt, Asako Takaesu, Chris Cooper, Roy Connolly

    JALT2019  (Aichi Industry and Labor Center)  JALT

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • First Project in Quantitative Research

    Gregory Sholdt

    JALT2019  (Aichi Industry and Labor Center)  JALT

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • Getting Research Funded Through JALT

    Gregory Sholdt, Tanja McCandie

    JALT2019  (Aichi Industry and Labor Center)  JALT

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  • Professional Development through Collaborative Quantitative Research 招待あり

    Gregory Sholdt

    2019 Professional Development Conference  (Kwansei Gakuin University)  Kwansei Gakuin University

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

  • Building language classroom research skills through online collaboration

    Gregory Sholdt

    JALTCALL2019  (Aoyama Gakuin University, Tokyo)  Japan Association of Language Teachers

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Peter and Patricia Dunn-Rankin Scholarship for Educational Research

    1995年3月   University of Hawaii  

    Gregory Sholdt

  • Educational Psychology Award

    1994年3月   University of Hawaii  

    Gregory Sholdt

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Development of a Second Generation Research Training Program for Language Teachers

    2016年4月 - 現在

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    英語, 外国語教育, 外国語教師養成

  • Development of a Quantitative Research Training Program for Language Teachers

    2013年4月 - 2016年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    英語, 外国語教育, 外国語教師養成

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  Speaking and Discussion, Self Access Learning

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    Using post-modern picture books to stimulate conversation in a self-access learning center.

  • 2020年度  Speaking and Discussion, Self Access Learning

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    Using post-modern picture books to stimulate conversation in a self-access learning center.

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Teacher, Spring 2018 Semester, School of Languages and Communication

    2018年8月   Kobe University  

  • Best of JALT 2014, Sendai JALT

    2015年11月   Japan Association of Language Teachers  

  • Selected Paper, JALT2013 Conference Proceedings

    2014年2月   Japan Association of Language Teachers  

  • Best of JALT, Himeji JALT

    2013年11月   Japan Association of Language Teachers  

  • Best of JALT, Osaka JALT

    2006年10月   Japan Association of Language Teachers  

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    College English Speaking, College English Listening, Intermediate English Writing, Intermediate English Reading and Writing, Global Topics, Life Topics

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    My approach to teaching English at universities in Japan is based on several core principles that guide all aspects of my work. I always strive to maintain a high level of professionalism, develop courses based on sound pedagogical theory, and foster an engaging learning environment focused on the particular needs of my students. Driving these principals is an enthusiasm for my work and a sincere interest in seeing growth in those I teach. While training and experience guides my teaching, I utilize a flexible approach and make adjustments to best fit the needs of my particular students.

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    For my classes, I generally employ a communicative approach mixed with an emphasis on task-based learning that incorporates diverse classroom activities to engage and motivate my students. I try to maximize communicative interaction, integrate vocabulary building, emphasize fluency development, and mostly keep solitary work outside of the classroom. Group work, projects, and presentations serve as the core tools of my instruction, but I build in aspects of individualized learning to try to meet each student’s unique needs.

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    With 20 years of language teaching experience in a wide range of settings with students with varied language abilities and academic skills, I have found my approach to be generally quite successful in obtaining the lesson goals I set out. However, this is often contingent on a period of building familiarity with the particular group of students I am working with. I typically need to make adjustments to the syllabus and approaches I use to maximize the learning gains.

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    As I have just finished up my first year at Konan University, I have had to learn a great deal regarding the program goals and features, the content of new individual courses, and the students abilities and interests. I plan to adjust my syllabuses, materials, and approach to accommodate the small group of lowest level students that I found in my classes.

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    Please refer to the course syllabi on My Konan.

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年1月 - 現在   Japan Association of Language Teachers  JALT Research Grants Committee, Member

  • 2012年6月 - 現在   Japan Association of Language Teachers  The JALT Journal, Consulting Editor

  • 2012年4月 - 2019年12月   Japan Association of Language Teachers  JALT Research Grants Committee, Chair

  • 2007年4月 - 2012年3月   Japan Association of Language Teachers  The JALT Journal, Reviewer