写真a

木成 勇介 (キナリ ユウスケ)

KINARI Yusuke

職名

准教授

学位

博士(経済学)(大阪大学), 修士(経済学)(大阪大学)

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    大阪大学   経済学部   経済・経営学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    大阪大学  経済学研究科  経済学  博士課程  修了

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    大阪大学  経済学研究科  経済学  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    甲南大学   マネジメント創造学部   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年12月
    -
    2018年03月

      九州大学   経済学研究院  

  • 2010年04月
    -
    2012年11月

      九州大学   経済学研究院  

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

      名古屋商科大学   経済学部  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    行動経済学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本経済学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本金融学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Competitiveness and Individual Characteristics: a double-blind placebo-controlled study using oxytocin

    Hirofumi Kurokawa, Yusuke Kinari, Hiroko Okudaira, Kiyotaka Tsubouchi, Yoshimichi Sai, Mitsuru Kikuchi, Haruhiro Higashida, Fumio Ohtake

    Scientific Reports     2020年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Happiness before and after an election: An analysis based on a daily survey around Japan's 2009 election

    Yusuke Kinari, Fumio Ohtake, Miles Kimball, Shoko Morimoto, Yoshiro Tsutsui

    Japan and the World Economy   49   187 - 194   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Happiness before and after an election: An analysis based on a daily survey around Japan's 2009 election

    木成勇介

    Japan and the World Economy   49   187 - 194   2019年03月

    単著

  • 金融資産選択における行動経済学的要因の影響

    フォン・シュエン, パニニー・チュアイシリ, 木成勇介

    季刊個人金融     10 - 16   2017年

    共著

  • 金融資産選択における行動経済学的要因の影響

    フォン・シュエン、パニニー・チュアイシリ、木成勇介

    季刊個人金融     2017年  [招待有り]

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 行動経済学会奨励賞

    2010年12月05日   行動経済学会  

    受賞者:  木成勇介

  • 兼松フェローシップ賞

    2007年05月31日   神戸大学  

    受賞者:  柴本昌彦、木成勇介

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 期待形成と経済活動との相互作用の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

    (代表)期待及び期待バイアスの特徴とそれらが経済活動へ与える影響に関する研究

  • 労働市場における男女格差の実態、発生要因およびその政策対応に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    (分担)競争的環境に対する男女間での選好の違いに関する研究

  • 期待形成解明に向けてーダイレクトアンケート調査による分析

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

    (代表)期待及び期待バイアスの特徴に関する研究

  • 報酬体系の選好の男女差に関する経済実験

    萌芽研究

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月 

    (分担)競争的環境への参入意思決定実験を用いた男女間での報酬体系選好の違いに関する研究

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 期待形成と経済活動との相互作用の解明:理論・実証・実験 による多面的アプローチ

    提供機関:  日本学術振興会  日本学術振興会海外特別研究員

    研究期間: 2014年02月  -  2016年02月 

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    常に実践を意識した学習

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

     数学的論理思考(1年次配当、2単位)、経済学入門Ⅱ(1年次配当、2単位)、基礎リテラシー(1年次配当、4単位)、研究プロジェクト・データで学ぶマクロ経済学(2年~4年次配当、6単位)、研究プロジェクト・『体験』行動経済学(2年~4年次配当、6単位)、卒業研究プロジェクト(4年次配当、8単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     学習内容を活かした社会問題の解決やビジネスシーンにおける学習内容の活かし方を常に意識しながら経済学の講義・議論をすることで、大学での学習内容と社会での実践との橋渡しとなる講義の提供が目標である。目標達成のために「寺子屋教育」及び「実践学習」をモットーとし、学習内容を社会で活かす方法について実例を紹介しながら、学生自らが立案し試してみる・検証してみる実践学習を中心に据えながら、学生一人一人に寄り添った丁寧な学習・実践サポートを心掛けている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     机上の空論と思われがちな経済学の抽象的な内容を講義する際に、必ず実社会で利用されている実例あるいはビジネスシーンでの利用の仕方を併せて紹介することで、常に学習と実践とのリンクを意識させる。また、学習内容をもとに仮説を立て、その仮説を検証するための実験やアンケート調査を企画・実施、収集したデータを分析し、分析結果を考察することを要求している。学習内容を実践して終わりにしてしまうのではなく、自ら実践した物事の効果を適切に把握し、自らへフィードバックすることで、学生たちが自分自身を持続的に成長させていくための学習・実践・振り返りの繰り返しサイクルを意識している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     研究プロジェクトでは毎回、学習内容をもとに仮説を立てデータを用いて検証することを要求しているが、講義序盤ではそもそもデータで検証することが不可能あるいはデータでの検証にそぐわない仮説を立てる学生が多いが、講義回数を重ねるにつれてデータで検証可能な仮説を設定するようになった。上記繰り返しのサイクルにおいて、分析できないというフィードバックが次の実践へ活かされたものと思われる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     研究プロジェクトにおいて、学習内容をもとに仮説をたて検証することを要求しているが、検証結果が予想したものと異なる場合、一部の学生には「自分がたてた仮説が間違っていた」と解釈してしまう傾向がある。本来は、どのような仮説および検証結果であれ、事実が明らかになったと判断すべきものである。仮説に対する考え方、検証結果に対する考え方について講義する際にはもっと注意深く伝えるようにしたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、提出物(ポスター)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
     
     

    日本経済学会   2017年度春季大会プログラム委員