写真a

谷口 るり子 (タニグチ ルリコ)

TANIGUCHI Ruriko

職名

教授

学位

博士(人間科学)(大阪大学), 修士(認知科学)(中京大学)

専門分野

教育工学、情報教育

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   基礎工学部   生物工学科   卒業

    1977年4月 - 1981年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学   人間科学研究科   博士課程   修了

    2006年4月 - 2010年3月

  • 中京大学   情報科学研究科   認知科学専攻   修士課程   修了

    2003年4月 - 2005年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   マネジメント創造学部   マネジメント創造学科   教授

    2017年4月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大阪城公園におけるPMO事業の実態について―収支の問題を中心として― 査読あり

    谷口るり子

    実践政策学   8 ( 1 )   29 - 36   2022年6月

  • 大規模な都市公園の商業化問題について―大阪城公園を例に―

    谷口るり子

    Hirao School of Management Review   9   53 - 68   2019年3月

     詳細を見る

    単著

  • 大阪市における総合区・特別区(新たな大都市制度)に関する意見募集・説明会の内容のテキスト分析 査読あり

    谷口るり子

    実践政策学   4 ( 1 )   29 - 36   2018年6月

     詳細を見る

    単著

  • 大阪市における特別区設置協定書に関する住民説明会での説明内容のテキスト分析 査読あり

    谷口るり子

    実践政策学   2 ( 1 )   5 - 14   2016年6月

     詳細を見る

    単著

  • 情報リテラシー科目に対応したWebクイズの開発と授業への導入方法別の解答問題数を用いた結果分析 査読あり

    谷口るり子

    教育システム情報学会誌   32 ( 4 )   257 - 262   2015年10月

     詳細を見る

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • コンピューターと情報システム

    福田真規夫監修( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第1章2節,第3章担当)

    日本理工出版会  2017年4月  ( ISBN:9784890195282

  • Visual Basic入門―はじめてのプログラミング―

    谷口るり子,小田野郁子( 担当: 共著 ,  範囲: 第1-20章(pp.1-131)担当)

    開成出版  2004年4月  ( ISBN:4876033234

  • データベース入門―Microsoft Accessを使って―

    小田野郁子,谷口るり子( 担当: 共著 ,  範囲: 第11・12章(pp.93-118)と第14.1-14.4節(pp.131-142)担当)

    開成出版  2004年4月  ( ISBN:4876033161

  • 高等教育とIT

    山地弘起,佐賀啓男( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第一部第1章(pp.34-43)担当)

    玉川大学出版部  2003年10月  ( ISBN:447240298X

  • データベースを作ろう―Microsoft Accessを使って―

    小田野郁子,谷口るり子,伊藤俊秀,青山千彰( 担当: 共著 ,  範囲: 第14章(pp.137-147)担当)

    関西大学出版部  1999年3月  ( ISBN:4873542847

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 特別区設置協定書に関する住民説明会で市長は何を説明したのか

    谷口るり子

    統計関連学会連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 基礎学力が情報リテラシー科目の理解度に与える影響

    谷口るり子

    教育システム情報学会第40回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • 情報リテラシー科目におけるクイズ形式問題の出し方と学生の取り組み結果との関係

    谷口るり子

    教育システム情報学会第39回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

  • スマートデバイス時代の情報リテラシー授業‐PCおよび複数デバイスの連携‐

    矢島彰,田窪美葉,石川高行,谷口るり子,安高真一郎,安達康生

    2014PCカンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

  • 語源の英語の学習を通したコンピュータ基本用語学習用e-ラーニング教材の開発

    谷口るり子

    教育システム情報学会第38回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

全件表示 >>

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  オンライン授業の特徴分析、大阪市廃止住民投票の妥当性の検証

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2021年度  授業改善アンケート結果の分析(各種特徴分析)、大阪城公園の現状(収支面)

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2020年度  授業改善アンケートの結果の活用、大規模都市公園の商業化問題

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

     2020年度前期はコロナの影響で全授業がWeb活用授業となった。そこで2020年度前期の学部の授業改善アンケートの結果を集計し、対面授業からWeb活用授業に切り替えた影響を受けそうな項目「この授業の課題などの分量はいかがでしたか?」と「授業内容について質問したとき、教員は適切な回答をしたと思いますか?」の科目群別の評価を求め、前者に関しては学部内で結果を共有した。  大阪城公園では2015年度から指定管理者制度を採り入れ管理を民間に委託し、それに依る商業化が進んでいる。指定管理者制度を導入する直前の2014年度から2018年度までの5年間の大阪城公園における収支を、大阪市から提供された資料に基づいて集計し、大阪市がHPで公開している収支との比較・検証を行った。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年9月
    -
    2019年8月

    「ITベーシック」、「ビジネス研究プロジェクト」、「卒業研究プロジェクト」における教育の方法・工夫

  • 2016年4月
    -
    2017年3月

    コンピューターと情報システム

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    ITリテラシー(1年次前期配当、2単位、2クラス)、情報の科学(1年次後期配当、2単位)、ロジカル・シンキング(1年次前期配当、2単位)、リサーチ・イントロダクション(1年次後期配当、2単位)、ビジネス研究プロジェクト(2~4年次前期配当、6単位)、ビジネス研究プロジェクト(2~4年次後期配当、6単位)、卒業研究プロジェクト(4年次配当、8単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     ICT(Information & Communication Technology)に関する知識と技術は、大学4年間の学びを支えると共に卒業してから社会で生きていく上で必須である。ITリテラシーはこの基本となるICTに関する知識と技術を1年次の前期の段階で、情報の科学はコンピュータやネットワークのしくみを1年次の後期の段階で学生が身に付けることを目標としている。ロジカル・シンキングとリサーチ・イントロダクションは必修の初年次教育科目で、本学部で学ぶ上で必要な力を皆と協力し合いながら身に付けることを目標としている。ビジネス研究プロジェクトでは、コンピュータシミュレーション・コンピュータを用いた処理の自動化(プログラミング)とテキスト分析を行っている。後者は、グループ単位で実データに対して自分たちが設定した仮説をテキスト分析の手法を用いて検証するもので、卒業研究プロジェクトに繋げる意味を持つ。卒業研究プロジェクトでは、4年間の学びの集大成として、一人ひとりが設定したテーマに関する研究を行い、根拠に基づいて論理的な考察を行い文章化することができるようになることを目標としている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     ITリテラシーでは、市販のテキストの他に授業内容を解説したパワーポイントファイルを用意し、一人でも学べる形にした。対面授業が可能なときは教室内で学生からの質問に適宜対応し、オンデマンド形式の授業の場合は、質問は授業時間に設定したZoomで受け付けた。新規科目ロジカル・シンキングではZoomでのディベートに挑戦し、リサーチ・イントロダクションは対面でプレゼン大会に向けたグループワークを行った。研究プロジェクトは、適宜プリントやpdf等のファイルを配布し、基礎的な知識や技術の習得は個人学習で、その応用はグループ学習にした。後期のグループ学習では、学生は自分たちが設定した仮説の検証を行い、レポートにまとめて発表を行った。データの前処理方法、分析方法、結果の解釈方法等でつまずいている場合や誤りがある場合は適宜アドバイスを行った。また、提出されたレポートにコメントを細かく記入して返却し、学生には必要ならレポートの修正を行うよう指示した。レポートを出して終わりではなく、少しでも質の高いレポートになるよう修正させた。卒業研究プロジェクトは、テーマが学生によって異なるため個別に対応し、最終的には卒業研究発表会で研究内容をしっかり説明できるように、また10000字程度の論理的な卒業論文を仕上げることができるように指導した。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     ITITリテラシーはコロナの影響でWeb活用授業が多くなり、そのためか小テストの平均点はコロナ前より少し低くなった。この点は今後の課題として検討する必要がある。ロジカル・シンキングのZoomディベートは学生にとっても教員にとってもなかなかハードルの高いテーマだったが、学生は想定以上に準備をしてしっかりとしたディベートを行った。前期の研究プロジェクトは、Zoom利用の回が多くグループワークは大変だったと思うが、協力し合いながらプログラムを作り上げた。卒業研究プロジェクトはこの年も個人差が大きく、申し分ない論文を書き上げた学生もいたが、なかなか思うように書けず締切さえ守れない学生が複数発生してしまった。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     ITリテラシーは、Web活用授業が多くなるのであればExcelの理解度を上げるための工夫が必要だと考える。ロジカル・シンキングのクリティカル・シンキングとロジカルライティングの部分は、もう少し教材を工夫する必要があると感じた。情報の科学はあまりグループワークに適した科目ではないが、ディスカッションの要素をもう少し入れたい。後期の研究プロジェクトでは、学生にテキスト分析に関する文献を読んでもらいその内容を発表してもらっているが、学生がより興味を持てるような文献を開拓したい。また、研究プロジェクトのグループワークでは、毎年ほんの一部ではあるがグループワークが上手くてきないグループが発生する。このようなグループへの支援・介入は難しいがある程度必要であると感じた。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、試験結果

全件表示 >>

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭2種免許

  • 中学校教諭1種免許

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者