写真a

谷口 るり子 (タニグチ ルリコ)

TANIGUCHI Ruriko

職名

教授

学位

博士(人間科学)(大阪大学), 修士(認知科学)(中京大学)

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1977年04月
    -
    1981年03月

    大阪大学   基礎工学部   生物工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    大阪大学  人間科学研究科  博士課程  修了

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    中京大学  情報科学研究科  認知科学専攻  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    甲南大学   マネジメント創造学部   マネジメント創造学科   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大規模な都市公園の商業化問題について―大阪城公園を例に―

    谷口るり子

    Hirao School of Management Review   9   53 - 68   2019年03月

    単著

  • 大阪市における総合区・特別区(新たな大都市制度)に関する意見募集・説明会の内容のテキスト分析

    谷口るり子

    実践政策学   4 ( 1 ) 29 - 36   2018年06月  [査読有り]

    単著

  • 大阪市における特別区設置協定書に関する住民説明会での説明内容のテキスト分析

    谷口るり子

    実践政策学   2 ( 1 ) 5 - 14   2016年06月  [査読有り]

    単著

  • 情報リテラシー科目に対応したWebクイズの開発と授業への導入方法別の解答問題数を用いた結果分析

    谷口るり子

    教育システム情報学会誌   32 ( 4 ) 257 - 262   2015年10月  [査読有り]

    単著

  • 授業評価アンケートを用いた授業の総合評価に影響する要因の分析

    谷口るり子

    日本教育工学会論文誌   37 ( 2 ) 145 - 152   2013年08月  [査読有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • コンピューターと情報システム

    福田真規夫監修 (担当: 共編者 , 担当範囲: 第1章2節,第3章担当 )

    日本理工出版会  2017年04月 ISBN: 9784890195282

  • Visual Basic入門―はじめてのプログラミング―

    谷口るり子,小田野郁子 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1-20章(pp.1-131)担当 )

    開成出版  2004年04月 ISBN: 4876033234

  • データベース入門―Microsoft Accessを使って―

    小田野郁子,谷口るり子 (担当: 共著 , 担当範囲: 第11・12章(pp.93-118)と第14.1-14.4節(pp.131-142)担当 )

    開成出版  2004年04月 ISBN: 4876033161

  • 高等教育とIT

    山地弘起,佐賀啓男 (担当: 共編者 , 担当範囲: 第一部第1章(pp.34-43)担当 )

    玉川大学出版部  2003年10月 ISBN: 447240298X

  • Visual Basic入門テキスト―例題で学ぶ―

    谷口るり子,小田野郁子,伊藤俊秀,青山千彰 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1-20章(pp.1-116)担当 )

    関西大学出版部  1999年03月 ISBN: 4873542855

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 特別区設置協定書に関する住民説明会で市長は何を説明したのか

    谷口るり子

    統計関連学会連合大会  2015年09月  -  2015年09月   

  • 基礎学力が情報リテラシー科目の理解度に与える影響

    谷口るり子

    教育システム情報学会第40回全国大会  2015年09月  -  2015年09月   

  • 情報リテラシー科目におけるクイズ形式問題の出し方と学生の取り組み結果との関係

    谷口るり子

    教育システム情報学会第39回全国大会  2014年09月  -  2014年09月   

  • スマートデバイス時代の情報リテラシー授業‐PCおよび複数デバイスの連携‐

    矢島彰,田窪美葉,石川高行,谷口るり子,安高真一郎,安達康生

    2014PCカンファレンス  2014年08月  -  2014年08月   

  • 語源の英語の学習を通したコンピュータ基本用語学習用e-ラーニング教材の開発

    谷口るり子

    教育システム情報学会第38回全国大会  2013年09月  -  2013年09月   

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    2019年08月

    「ITベーシック」、「ビジネス研究プロジェクト」、「卒業研究プロジェクト」における教育の方法・工夫

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    コンピューターと情報システム

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    ITベーシック(1年次配当、2単位)、ビジネス研究プロジェクト(2年次前期配当、6単位)、ビジネス研究プロジェクト(2年次後期配当、6単位)、卒業研究プロジェクト(4年次配当、8単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     ICT(Information & Communication Technology)に関する知識と技術は、大学4年間の学びを支えると共に卒業してから社会で生きていく上で必須である。ITベーシックはこの基本となるICTに関する知識と技術を1年次の前期の段階で学生が身に付けることを目標としている。ビジネス研究プロジェクトでは、ITの基礎・コンピュータを用いた処理の自動化(プログラミング)とテキスト分析を行っている。後者は、グループ単位で実データに対して⾃分たちが設定した仮説をテキスト分析の⼿法を⽤いて検証するもので、卒業研究プロジェクトに繋げる意味を持つ。卒業研究プロジェクトでは、4年間の学びの集大成として、一人ひとりが設定したテーマに関する研究を行い、根拠に基づいて論理的な考察を行うことができるようになることを目標としている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     ITベーシックでは、市販のテキストの他に、授業内容を解説したパワーポイントファイルを用意し、授業ではそれを提示しながら解説する。これをpdf化したファイルを毎授業前にダウンロード可能な状態にしておくことで、学生は前に提示されたものを見ることもできるし、自分のPCやスマホにpdfファイルをダウンロードして手元で見ることもできる。各自がダウンロードすることで、いつでも見たいスライドを参照できる。テキストには単元毎に練習問題が用意されているので、ほぼ毎授業でその日の内容に関連する問題を宿題にしている。研究プロジェクトは、テキストを使用せずに適宜プリントやpdf等のファイルを配布し、基礎的な知識や技術の習得は個人学習で、その応用はグループ学習にしている。後期のグループ学習では、学生は自分たちが設定した仮説の検証を行い、レポートにまとめて発表を行う。データの前処理方法、分析方法、結果の解釈方法等でつまずいている場合や誤りがある場合は適宜アドバイスを行っている。また、提出されたレポートにコメントを細かく記入して返却し、学生には必要ならレポートの修正を行うよう指示している。卒業研究プロジェクトは、テーマが学生によって異なるため個別に対応し、最終的には10000字程度の論理的な論文に仕上がるように指導している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     ITベーシックのテキストはこれまでやや難しかったため、今年度は少し難易度は低いが実用的な面の多いテキストに変更した。その結果、「授業についていけない」という意見が減り、小テストの平均点も上がり理解度は高くなった。後期の研究プロジェクトでは、自分たちで見つけてきたデータを利用して非常に興味深い結果を導き出したグループがあったが、一方ではまとまりに欠け一部の学生だけが取り組んでいたグループもあった。卒業研究プロジェクトは個人差が大きく、量的にも質的にも申し分ない論文を書き上げた学生もいたが、根拠に基づいた結論を書くのが非常に難しい学生もいた。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     前期の研究プロジェクトにはITの基礎とプログラミングの2種類の内容を入れているが、次年度はプログラミングの比重をやや重くして、最後のプログラミングによる課題作成でより広い範囲のテーマを扱えるようにしたい。後期の研究プロジェクトでは、使用するソフトの機能の説明をより詳しくし、グループで自分たちのデータを分析する際の選択肢を広げたい。また、ビジネス研究プロジェクトにおいても卒業研究プロジェクトにおいても、積極的に取り組めない学生へのより一層の支援が必要である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、授業改善アンケート

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭2種免許

  • 中学校教諭1種免許

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者