写真a

YAMANAKA Kimihiro

Position

Associate Professor

External Link

Graduate School 【 display / non-display

  • Konan University   Graduate School, Division of Science and Technology   Doctor's Course   Completed

    - 2005.3

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Intelligence and Informatics   Faculty of Intelligence and Informatics Department of Intelligence and Informatics   Associate Professor

    2016.4

External Career 【 display / non-display

  • 首都大学東京   システムデザイン学部

    2016.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  • 神奈川大学   人間科学部

    2014.4 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  • 首都大学東京   システムデザイン学部

    2009.4 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  • 首都大学東京   システムデザイン学部

    2005.4 - 2009.3

      More details

    Country:Japan

 

Papers 【 display / non-display

  • Classification of visual attention level during target gazing using microsaccades Reviewed

    Soichiro Yokoo, Nobuyuki Nishiuchi, Kimihiro Yamanaka

    Transaction on Computational Science   35   1 - 11   2020.1

     More details

    Joint Work

  • 眼電位ならびに頭部運動関連パラメータを用いたドライバーのメンタルワークロード評価

    森島 圭祐, 茅原 崇徳, 乙川 友佑, 西内 信之,山中仁寛

    ヒューマンインタフェース学会論文誌   21 ( 1 )   121 - 130   2019

     More details

    Single Work

  • Quantitative Usability Testing Based on Eye Fixation-Related Potentials

    Kimihiro Yamanaka

    Proceedings of the International Conference on Human-Computer Interaction 2018 International   2018

     More details

    Single Work

  • Relation between mental workload and useful field of view in elderly Reviewed

    Kimihiro Yamanaka, Kohei Shioda, Mitsuyuki Kawakami

    Proceedings of the International Conference on Human-Computer Interaction 2016 International   2016

     More details

    Joint Work

  • 眼球・頭部協調運動と有効視野の関係 Reviewed

    森島圭祐, 大本浩司, 茅原崇徳, 山中仁寛

    日本経営工学会論文誌   2016

     More details

    Joint Work

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 車載HMIの開発動向と自動運転、ADASへの応用

    技術情報協会 編( Role: Joint author)

    (株)技術情報協会  2019 

  • ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策

    技術情報協会 編( Role: Joint author)

    (株)技術情報協会  2019 

  • 自動車技術ハンドブック <人間工学編>

    自動車技術会 編( Role: Joint author)

    社団法人 自動車技術会  2016 

  • 車載ディスプレイのHMIと視認性、安全性向上

    技術情報協会 編

    (株)技術情報協会  2015 

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 有効視野を用いたドライバーのメンタルワークロード

    山中仁寛

    車載テクノロジー   5 ( 4 )   14 - 18   2018

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:情報技術協会  

  • 自動車運転時の有効視野計測・評価法に関する研究

    山中仁寛, 森島圭祐, 大本浩司

    自動車技術   2014

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (international conference proceedings)   Publisher:自動車技術会  

Industrial property rights 【 display / non-display

  • 演算処理装置及び人の状態推定方法

    山中仁寛、大本浩司、森島圭祐

     More details

    Patent/Registration no:6344747

    Country of applicant:Domestic  

  • ウェアラブルデバイス対応眼電位データ処理装置、それを備えた眼鏡型ウェアラブルデバイス、及びウェアラブルデバイス対応眼電位データ処理方法

    森島圭祐, 山中仁寛, 茅原崇徳

     More details

    Announcement no:2019-034144

    Country of applicant:Domestic  

  • 視線移動関連値取得装置、それを備えた輸送機器及び視線移動関連値取得方法

    森島圭祐, 山中仁寛, 茅原崇徳

     More details

    Announcement no:2019-034723

    Country of applicant:Domestic  

  • 人の状態推定装置およびそれを備えた輸送機器

    山中仁寛, 大本浩司, 森島圭祐

     More details

    Patent/Registration no:6087171

    Country of applicant:Domestic  

Academic Awards Received 【 display / non-display

  • 岩谷直治記念賞

    2017.3   公益財団法人 岩谷直治記念財団  

     

  • ヒューマンインタフェースシンポジウム2015, 優秀プレゼンテーション賞

    2015.9   ヒューマンインタフェース学会  

     

  • ヒューマンインタフェースシンポジウム2014, 優秀プレゼンテーション賞

    2014.9   ヒューマンインタフェース学会  

     

  • Pan-Pacific Conference on Ergonomics final,Best Paper Award

    2014.8   Society for Occupational Safety, Health and Ergonomics  

     

  • 日本人間工学会論文賞

    2014.6   日本人間工学会  

     

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 眼電図を用いたドライバーの余裕度推定

    2016.4 - 2019.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Exploratory Research

      More details

    眼電図計測から得られる各パラメータ(眼球運動の各種パラメータと頭部運動関連パラメータ)を説明変数とし,機械学習を行うことでドライバーの余裕度を推定する評価関数を構築した.

  • 眼球頭部協調運動を用いた作業者の精神的負担把握システムの構築

    2013.4 - 2016.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    作業者のメンタルワークロードを評価することができる指標を提案することを目的とし,実験的アプローチにより眼球と頭部運動の開始時間差をはじめとする眼球頭部協調運動をパラメータとすることで,作業者のメンタルワークロード(情報処理余裕度)を評価できることを示した.

  • 自由視での有効視野計測・評価法の開発

    2010.4 - 2013.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

      More details

    認識可能とされている眼球運動速度30°/sec以下の状態において,眼球運動の速度や方向の違いが有効視野にどのような影響を与えるか,実験的に検討を行い,自由視での有効視野推定式の提案を行った.

  • 人間信頼性確保のための作業者モニタリングシステムの構築

    2008.4 - 2011.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    ヒューマン・インタフェースにおける作業者の精神状態をモニタリングするシステムの開発を目指し,作業者の精神的な状態を評価するために非接触で計測が可能である瞳孔径の変動に着目することで研究を実施した.

  • 知覚情報に対する生体応答機構の解明とヒューマンエラーを考慮した安全設計法の開発

    2006.4 - 2009.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

      More details

    ヒューマン・インタフェースにおける重大事故の要因であるヒューマンエラーを防止するために,人間の応答や生理反応の特性分析が必要であると考え,作業時の視覚情報収集可能範囲の計測法と評価法を提案した。

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2019.4   ヒューマンインタフェース学会  評議員

  • 2017.9   ヒューマンインタフェース学会  ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 大会実行委員

  • 2015.5   日本経営工学会  2015年 春季大会, 大会組織委員

  • 2014.8   産業保健人間工学会  10th Pan-Pacific Conference on Occupational Ergonomics, International Scientific Committee

  • 2013.12   日本人間工学会  関東支部第43回大会, 実行委員プログラム委員長

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 国際フロンティア産業メッセ2019

    2019.9

     More details

    ドライバモニタリングに関する研究の展示

  • 大学都市KOBE!発信プロジェクト

    2016.1 - 2016.2

     More details

    手の動きから操作性を評価するタブレット型システムの展示

  • 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構, 外部研究員

    2011.4 - 2012.3

     More details

    工場における作業者負担軽減のための生産システム改善に関する研究