写真a

小畑 俊太郎 (オバタ シュンタロウ)

OBATA Shuntaro

職名

教授

学位

博士(政治学)(東京都立大学), 修士(政治学)(東京都立大学)

専門分野

西洋政治思想史

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    東京都立大学   法学部   政治学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年03月

    東京都立大学  社会科学研究科  政治学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    2001年03月

    東京都立大学  社会科学研究科  政治学専攻  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    甲南大学   法学部   法学科   教授  

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    甲南大学   法学部   法学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

      成蹊大学   法学部  

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

      首都大学東京   都市教養学部法学系  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2015年01月
    -
    継続中
     

    社会思想史学会

  • 2008年10月
    -
    継続中
     

    日本政治学会

  • 2006年06月
    -
    継続中
     

    日本ピューリタニズム学会

  • 2005年05月
    -
    継続中
     

    政治思想学会

  • 2004年03月
    -
    継続中
     

    日本イギリス哲学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 'Utility and Religion: Bentham’s Theory of Toleration'

    Shuntaro Obata

    Revue d’études benthamiennes   ( 16 )   2019年12月

    単著

  • 「ベンサムの功利主義と人間の尊厳」

    小畑俊太郎

    『甲南法学』   58 ( 1 ) 1 - 37   2017年11月

    単著

  • 「ベンサムにおけるデモクラシーと官僚制——『責任』の概念を中心に」

    小畑俊太郎

    『年報政治学2013-Ⅰ』     279 - 297   2013年06月

    単著

  • 「ブラックストンのイングランド国制論——自然法・古来の国制・議会主権」

    小畑俊太郎

    『政治思想研究』   ( 10 ) 272 - 301   2010年05月  [査読有り]

    単著

  • 「ジェレミー・ベンサム:その知的世界へのアプローチ」

    深貝保則、高島和哉、川名雄一郎、小畑俊太郎、板井広明

    『エコノミア』   58 ( 2 ) 25 - 57   2007年11月

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『社会思想史事典』

    社会思想史学会編 (担当: 共著 , 担当範囲: 「18世紀の功利主義」 )

    丸善出版  2019年01月

  • 『逆光の政治哲学——不正義からの問い返し』

    姜尚中・齋藤純一編 (担当: 共著 , 担当範囲: 「講義4.功利主義と不正義——ベンサム:快苦の非対称性」 )

    法律文化社  2016年04月

  • 『ジェレミー・ベンサムの挑戦』

    深貝保則・戒能通弘編 (担当: 共著 , 担当範囲: 「第3章 ベンサムにおけるキリスト教と功利主義」(執筆)、「第6章 憲法上の権利と安全」(翻訳)  )

    ナカニシヤ出版  2015年

  • 『岩波講座政治哲学3——近代の変容』

    宇野重規編 (担当: 共著 , 担当範囲: 「1.ベンサム――功利主義における倫理と統治」 )

    岩波書店  2014年

  • 『ベンサムとイングランド国制——国家・教会・世論』

    小畑俊太郎 (担当: 単著 )

    慶應義塾大学出版会  2013年

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「国際学会報告 第13回国際功利主義学会横浜大会(The 13th Conference of the International society for Utilitarian Studies: Happiness and Human Well-being Reconsidered )」

    成田和信、山本圭一郎、小畑俊太郎

    『イギリス哲学研究』 ( 日本イギリス哲学会 )  ( 38 )   2015年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 「ベンサム研究の現在」

    高島和哉、小畑俊太郎、板井広明

    『イギリス哲学研究』 ( 日本イギリス哲学会 )  ( 37 )   2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 「訳者解説」

    小畑俊太郎

    『ベンサム——功利主義入門』 ( 慶應義塾大学出版会 )    2013年01月

    総説・解説(その他)   単著

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 書評:高島和哉『ベンサムの言語論――功利主義とプラグマティズム』(慶應義塾大学出版会、2017年)/『イギリス哲学研究』第42号所収

    2019年03月  -  2019年03月

    書評

  • 書評:遠山隆淑『妥協の政治学――イギリス議会政治の思想空間』(風行社、2017年)/『年報政治学2018-I』所収

    2018年07月  -  2018年07月

    書評

  • 第13回国際功利主義学会プログラム編成委員

    2014年08月  -  2014年08月

  • 書評:有江大介編『ヴィクトリア時代の思潮とJ.S.ミル』(三和書籍、2013年)/『ピューリタニズム研究』第8号所収

    2014年03月  -  2014年03月

    書評

  • 書評:仲丸英起『名誉としての議席――近世イングランドの議会と統治構造』(慶應義塾大学出版会、2011年)/『ピューリタニズム研究』第6号所収

    2012年03月  -  2012年03月

    書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 政治思想学会研究奨励賞

    2010年05月   政治思想学会  

    受賞者:  小畑俊太郎

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「幸福、存続、ウェル‐ビーイングの思想基盤:功利主義の射程と得失をめぐる国際的研究」

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

    ウェルビーングの知的基盤としての功利主義に焦点を当てて、その理論的射程を国際的視野から研究する。

  • ベンサムの国際法論と国際秩序構想の政治思想史的研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

    18世紀後半から19世紀初頭にかけてベンサムの展開した国際法論と国際秩序構想の功利主義的特質を、同時代の他の思想家の理論と比較しつつ浮き彫りにする。

  • 「ルソーと現代デモクラシー」

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

    ルソーの思想の現代的意義を、政治学、歴史学、文学などの多様な領域から解明する。

  • ベンサム政治思想の生成と展開

    特別研究員

    研究期間:  2003年04月  -  2005年03月 

    ベンサムの政治思想の形成過程とその特質を、18世紀イングランドの代表的な法学者であるウィリアム・ブラックストンとの対立関係のなかから明らかにする。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
     
     

    教科書『逆光の政治哲学』の出版

  • 2007年04月
    -
    継続中

    リアクションペーパーの配布によるフィードバックの実践

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
    -
    2020年05月

    政治思想学会   事務局

  • 2017年05月
    -
    2018年05月

    政治思想学会   研究企画委員(開催校責任者)

  • 2017年01月
    -
    2017年12月

    日本政治学会   書評委員

  • 2015年03月
    -
    2016年03月

    日本イギリス哲学会   選挙管理委員

  • 2014年06月
    -
    2015年06月

    日本ピューリタニズム学会   監事