写真a

杉本 喜美子 (スギモト キミコ)

SUGIMOTO Kimiko

職名

教授

学位

博士(経済学)(大阪大学)

専門分野

国際金融・開発経済学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    大阪大学   経済学部   経済学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    大阪大学  経済学研究科  博士課程  修了

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    大阪大学  経済学研究科  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    甲南大学   マネジメント創造学部   マネジメント創造学科   教授  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    甲南大学   マネジメント創造学部   マネジメント創造学科   准教授  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月
    -
    継続中
     

    国際開発学会

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    東アジア経済学会(East Asian Economic Association)

  • 2009年10月
    -
    継続中
     

    日本カナダ学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本アフリカ学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本国際経済学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アフリカにおける金融統合、金融深化と経済成長

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

  • 西アフリカにおける為替・金融政策

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

  • アジア・アフリカの株式市場の動向

    (選択しない)  

    研究期間: 2012年07月  -  継続中

  • 西アフリカCFAフラン圏における通貨統合の実証分析

    (選択しない)  

    研究期間: 2001年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Capital Flow Dynamics in Emerging Market Economies

    Masahiro Enya, Akira Kohsaka, Kimiko Sugimoto

    OSIPP Discussion Paper 19 E 011, Osaka School of International Public Policy, Osaka University.     1 - 31   2019年11月

    共著

  • International spillovers into Asian stock markets under the unconventional monetary policies of advanced countries

    Kimiko Sugimoto, Takashi Matsuki

    Journal of the Japanese and International Economies   52   171 - 188   2019年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • サブサハラ・アフリカにおけるグローバリゼーション

    杉本喜美子

    関西学院大学国際学研究   6 ( 3 ) 103 - 114   2017年03月

    単著

  • Reactions to Shocks and Monetary Policy Regimes: Inflation Targeting Versus Flexible Currency Board in Sub-Saharan Africa

    Fadia Al Hajj, Gilles Dufrénot, Kimiko Sugimoto and Romain Wolf

    The Developing Economies   53 ( 4 ) 237 - 271   2015年12月  [査読有り]

    共著

  • Effects of the Bank of Japan’s current quantitative and qualitative easing

    Takashi Matsuki, Kimiko Sugimoto, Katsuhiko Satoma

    Economics Letters   133   112 - 116   2015年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • カナダの歴史を知るための50章

    杉本喜美子(細川道久編著) (担当: 共著 , 担当範囲: 「第33章:北米自由貿易協定とカナダ」 P. 233~239. )

    明石書店  2017年08月 ISBN: 9784750345062

  • Risk Management in Emerging Markets: Issues, Framework, and Modeling

    T. Matsuki, Kimiko Sugimoto and Y. Yoshida / Editor: S. Boubaker, B. G. Buchanan and D. K. Nguyen (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 14: Regional Integration and Risk Management of African Stock Markets (p. 421-466) )

    Emerald Group Publishing  2016年09月 ISBN: 9781786354525

  • 現代アフリカ経済論

    杉本喜美子 ( 北川勝彦・高橋基樹編著) (担当: 共著 , 担当範囲: 「第7章 アフリカにおける金融の役割」P. 196~220. )

    ミネルヴァ書房  2014年10月 ISBN: 9784623071722

    アフリカ開発銀行の助成のもと、英訳版が、第6回アフリカ開発会議(TICADⅥ in Kenya, 平成28年8月27-28日)にて配布された。英訳版タイトル(Contemporary African Economies: A Changing Continent under Globalization、担当部分Chapter 6: Financial Development and Economic Growth in Africa, pp. 173-204)

  • 国際関係を生きる-教育する国際学-

    杉本喜美子(島岡宏・白井元康編著) (担当: 共著 , 担当範囲: 「第四章 経済学と国際問題」 p. 101~135. )

    晃洋書房  2004年03月 ISBN: 9784771015142

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The demographic productivity gap in the developing world: An international comparison

    Kimiko Sugimoto

    90th International Atlantic Economic Virtual Conference  (Virtual (Washington, USA))  2020年10月  -  2020年10月    The International Atlantic Economic Society

  • Determinants and effects of international financial integration in Africa

    kimiko Sugimoto

    the 33rd Eurasia Business and Economics Society Conference, Madrid (Online presentation)  2020年10月  -  2020年10月    Eurasia Business and Economics Society

  • Does international financial integration increase the standard living in Africa? A frontier approach

    kimiko sugimoto

    Asia-Pacific Economic Association, 15th Annual conference  (Fukuoka University)  2019年08月  -  2019年08月    Asia-Pacific Economic Association

  • Does international financial integration increase the standard living in Africa? A frontier approach

    kimiko sugimoto

    SSEM Euro Conference 2019: Emerging Market Economies  (University of Milano - Bicocca, Italy)  2019年06月  -  2019年06月    SSEM: The Society for the Study of Emerging Markets

  • Does international financial integration increase the standard living in Africa? A frontier approach

    Kimiko Sugimoto

    The 87th International Atlantic Economic Conference  (Athens, Greece)  2019年03月  -  2019年03月    The International Atlantic Economic Society

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • Benjamin Keddad 氏の博士審査会に審査委員として招聘参加

    2013年11月  -  2013年11月

    DEFI, Aix Marseille University, France  Kimiko Sugimoto, Jean-Pierre Allegret, Marcel Aloy, Virginie Coudert and Gilles Dufrenot  座談会

    DEFI研究所(Aix Marseille University)に所属するBenjamin Keddad氏の博士審査会に、Reporterとして招聘参加。博士審査論文のタイトル:Four Essays on Monetary and Financial Integration in Asia

  • 書評 『アフリカ問題 開発と援助の世界史』 平野克巳著 日本評論社

    2011年05月  -  2011年05月

    書評

    平野克巳著の『アフリカ問題 開発と援助の世界史』に関する書評を、日本アフリカ学会の査読誌「アフリカ研究」(2011)から依頼原稿の形で78号p79-81に掲載。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪銀行協会 大銀協 フォーラム 平成25年度  最優秀賞

    2014年02月20日   大阪銀行協会   

    受賞者:  アベノミクスにおける金融政策の評価 (大阪学院大学 里麻克彦教授、松木隆准教授と共著)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アフリカの持続的な経済成長に貢献しうる金融のグローバル化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月 

    本研究では、アフリカにおける金融のグローバル化(資本取引自由化に伴う国際資本市場への統合)がアフリカ新興・途上国の持続的な経済成長にどう貢献しうるのかを実証分析する。

  • アフリカにおける金融のグローバル化と経済成長

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

    フランスAix Marseille UniversityのGilles Dufrenot教授と共同研究の形で、アフリカにおける金融グローバル化は技術生産性を押し上げているのか、アフリカ諸国の経済を成長させるかを検証する。

  • アフリカにおける金融深化と経済成長:金融統合が果たす役割

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

    本研究では、アフリカにおける金融部門の発展とグローバル化、および地域金融統合の促進が、経済成長の促進にどう貢献しうるのか、以下の 4 点から検討する。
    ①アフリカの金融発展の現状を、株式・債券市場と銀行部門における深度/アクセス/効率性の側面から分類し、各国の経済発展段階や経済構造との関連性を明確にする
    ②対外資本取引の自由化を通して、アフリカ各国の金融市場がグローバル化しているのかを、グローバル/地域からの影響の程度とその要因を推計により導出することで検証する
    ③金融深化が経済成長に貢献するか、金融市場の国外開放が経済成長に貢献するか、地域的な金融統合は対外ショックの緩和に貢献するか、金融発展と金融統合の両側面から分析する
    ④アフリカ各国にとって、経済成長に貢献しうる金融部門の役割とは何かを、為替制度の選択も含めて総括する。金融グローバル化がもたらす脆弱性を補うため、国内金融の発展を促進させると同時に、地域金融統合を強化するという政策的提言を行う

  • 西アフリカにおける為替・金融政策に関する実証研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

    西アフリカ各国は、現時点で、ユーロに釘づけされた共通通貨を使用し金融政策の裁量を持たないセネガルなどの国から、管理フロート制とインフレ・ターゲティングを併用するガーナまで、様々な為替・金融政策のコンビネーションを保持している。そこで本研究では、現状の為替・金融政策は、各国特有の経済事情を鑑みた適切な政策といえるのか、将来的に共通通貨を導入し共通の金融政策を施行することが、経済成長を促進させるのか検証する。各国異なる主要産品の輸出に依存する経済構造や未熟な金融市場から企業が資金調達する現状も鑑み、共通の為替・金融政策の施行にあわせて、西アフリカにどのような金融システムの基盤をつくることが経済成長を促進するといえるのかも分析する。

  • 西アフリカで経済成長に貢献しうる通貨統合に関する実証分析

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

    研究の目的は、西アフリカという途上国地域で最近活発化してきた通貨圏創設に向けた動きが、各国の経済成長に本当に貢献するのか?現実に通貨統合する際、アンカー通貨の選択を含め、どういった制度作りをしていくべきか?というテーマを検証することである。 
    そこで、最初に、共通通貨導入に向けて動いている西アフリカ第2の通貨圏WAMZ(West African Monetary Zone)において、将来どの通貨をアンカー通貨に設定しようとしているのか、Frankel and Wei (1994)の手法を用いて検証した。1999~2008年の間、実際に運営されている為替制度はなにかを分析すると、WAMZ各国は、ウェイトは異なるが事実上、ドルに対して固定相場制を採用するよう移行しつつあることが示された。これは、CFAフラン圏が公表どおりユーロに対して固定相場制を採用していることと対照的な結果である。しかし、このウェイトは期間中一定ではなく、ユーロ・ドル間の為替変動と、一次産品世界価格の変動に影響を受けていることが分かった。結果的に、WAMZ各国は、アンカー通貨をドルに選択するよう収斂を試みる一方で、各期の対外ショックを最小にするように対処していることが示された。
    次に、西アフリカ各国の輸入需要関数をARDLモデルで推計し、ワルド検定によって、外貨準備が輸入需要の流動性制約となるのかを確認した。その結果、CFAフラン圏は通貨の交換性が保証されていることで、輸入需要の流動性制約がかからない状況を生み出せていることがわかった。今後、西アフリカ第2の通貨圏WAMZが現実に通貨統合し、アンカー通貨を選択する際、通貨の交換性を保証するための制度作りが同時に必要であることを再認識した。

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年09月
     
     

    日本カナダ学会   第36回年次研究大会 大会副委員長

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 模擬講義(神戸山手女子高校)

    2018年12月
     
     

  • 模擬講義(神戸山手女子高校)

    2017年12月
     
     

  • 2017年度 兵庫県阪神シニアカレッジにて講義

    2017年11月
     
     

    兵庫県阪神シニアカレッジ国際理解学科3年生と4年生の講義を担当。講義タイトル『アフリカ経済の現状と課題』

  • 模擬講義(小林聖心女子学院高等学校)

    2017年10月
     
     

  • Weekday Campus Visit (グローバルプロジェクト)

    2017年10月
     
     

全件表示 >>