写真a

板倉 集一 (イタクラ シュウイチ)

ITAKURA Shuichi

職名

教授

専門分野

民事法学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1988年03月

    関西大学  法学研究科  私法学専攻  博士課程  単位取得満期退学

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年09月
    -
    2006年08月

    ポワチエ大学法学部 国際司法研究協力センター   客員研究員

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

      神戸学院大学   大学院実務法学研究科  

  • 2005年09月
    -
    2006年08月

      ポワチエ大学(フランス)   法学部国際司法研究協力センター  

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

      姫路獨協大学   大学院法務研究科  

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      姫路獨協大学   法学部  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1993年06月
    -
    継続中
     

    日本工業所有権法学会

  • 1999年10月
    -
    継続中
     

    著作権法学会

  • 1987年10月
    -
    継続中
     

    日仏法学会

  • 1996年11月
    -
    継続中
     

    法とコンピュータ学会

  • 1988年05月
    -
    継続中
     

    比較法学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 商品形態模倣商品の輸入者の適用除外の主張が否定された事例

    板倉 集一

    知財管理   64 ( 11 ) 1739 - 1744   2014年11月

    単著

  • 鑑定書における絵画の引用の適法要件

    板倉 集一

    知財管理   61 ( 8 ) 1249 - 1254   2011年08月  [招待有り]

    単著

  • 模倣商品の善意取得者の保護

    板倉 集一

    知財管理59巻9号   59 ( 9 ) 1169 - 1174   2009年12月

    単著

  • 侵害訴訟における部分意匠の類否判断

    板倉 集一

    知財管理 ( 日本知的財産協会 )  57 ( 6 ) 941 - 946   2007年06月  [招待有り]

    単著

  • メタタグへの商標の記述が商標としての使用に該当するとされた事例

    板倉 集一

    判例評論   ( 577 ) 213 - 218   2007年03月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 続・知的財産法最高裁判例評釈大系

    小野昌延先生追悼論文集刊行事務局編,板倉集一他 (担当: 共著 , 担当範囲: 「放送番組等の複製物の取得を可能にするサービスの提供者が複製の主体と解される場合―ロクラクⅡ事件 (最高裁〔一小〕平成23年1月20日判決)」 (186−198頁) )

    青林書院  2019年08月 ISBN: 978-4-417-01768-4

  • 特許権侵害紛争の実務−裁判例を踏まえた解決手段とその展望−

    三山俊司,尾近正幸他87名 (担当: その他 , 担当範囲: 第5章「判決,上訴,その他」中「再審」(1038〜1049頁) )

    青林書院  2018年08月

  • 大改正時代の民法学

    深谷格・西内祐介編,板倉 集一他 (担当: 共著 )

    誠文堂  2017年12月 ISBN: 978-4792327088

    「知的財産法の一般不法行為法による補完−パブリシティ権を中心として−」(563〜579頁)

  • 商標の法律相談Ⅱ

    小野昌延,小松陽一郎,三山俊司他55名 (担当: その他 , 担当範囲: 「取消審判」(17〜24頁) )

    青林書院  2017年09月

  • 不正競争の法律相談Ⅱ

    小野昌延,山上和則,松村信夫他41名 (担当: その他 , 担当範囲: 『模倣商品』と『不正行為に係る営業秘密』の善意取得」(325〜331頁) )

    青林書院  2016年05月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 公序良俗〔ビンゴ事件〕

    板倉 集一

    特許判例百選[第5版]別冊ジュリスト ( 有斐閣 )  ( 244 ) 148 - 149   2019年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 同一性保持権⑷〔計装工業会講習資料事件:控訴審〕

    板倉 集一

    著作権判例百選[第6版]別冊ジュリスト ( 有斐閣 )  ( 242 )   2019年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 著作権法解釈の誤信と過失〔暁の脱走事件:上告審〕

    板倉 集一

    著作権判例百選[第5版]別冊ジュリスト ( 有斐閣 )  ( 231 ) 210 - 211   2016年12月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 商品形態模倣商品の輸入者の適用除外の主張が否定された事例

    板倉集一

    知財管理 ( 日本知的財産協会 )  64 ( 11 ) 1739 - 1744   2014年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 公序良俗の意義−紙幣事件—

    板倉集一

    特許法判例百選「第四版」別冊ジュリスト ( 有斐閣 )  ( 第209 ) 42 - 43   2012年04月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • パブリシティ権について

    板倉集一

    民事法研究会  2017年09月  -  2017年09月   

  • 知的財産権の不法行為法による補完

    板倉 集一

    民法学研究会(同志社大学)  2017年01月  -  2017年01月   

  • 営業秘密を漏らさないしくみ−法システムと企業内システムについて考える−

    亀井正博,板倉集一

    2015年度甲南大学夏期公開講座  2015年08月  -  2015年08月   

  • 著作権について−他人の作品の二次的利用−

    板倉 集一

    兵庫県立芦屋高等学校情報講演会  2015年03月  -  2015年03月   

  • オープン・クローズ戦略における技術的情報の営業秘密による保護

    板倉 集一

    日本弁理士会近畿支部法定研修会講師  2015年01月  -  2015年01月   

全件表示 >>

 

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    著作権法(D)、著作権法(N)、特許法(D)、特許法(N)、応用知的財産法、知的財産法演習、企業法務論
    ■今年のポイント 講義内容をさらに重点項目に集約し、基礎知識を効率的に修得させ、演習科目の基礎とすることとしている。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    甲南大学が経済界に有為な人材を育成してきた伝統を活かして、「法の支配」を原理とし、日本の社会経済をリードするため、広い意味での「ビジネス」に関わる法律実務を担う法曹の養成を主な目的とする。甲南大学法科大学院における教育研究の目的は、上記に定める、高度の職業人である法曹養成の目的を達成し得るよう、学術の理論及び応用を教授研究し、高度の専門性が求められる法曹の養成を担うための深い学識及び卓越した能力を培うこととしている。
    ■今年のポイント 知的財産法はビジネスにとって必須の法領域となっていることから、将来、法曹としてビジネスに係わったときに幅広く柔軟な学識を遺憾なくを発揮できる能力を養成することとしている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    法科大学院では、「学び」と「教え」の双方向性コミュニケーション重視の授業を行っている。5名~15名程度の少人数教育に加え、様々なテーマの起案を提出させることを重視している。また、研究者と実務家の配置による理論と実務のバランス学習、アカデミック・アドバイザーによる学習支援、オフィスアワーでの院生とのコミュニケーションなどを行っている。分野別打ち合わせなどを通じて、院生の実情を踏まえた学習指導と3年または2年間を見通した学習指導計画を策定し院生の「学び方」と教員の「教え方」にミスマッチが生じないように工夫している。
    ■今年のポイント 講義科目及び演習科目による重畳的な科目構成により、基礎知識の確実な定着と実務にも配慮した知的財産法に関する重要ポイントについてコミュニケーションを重視しつつ教育している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     法科大学院では、基本的に各科目とも100点満点で60点以上の評価をした場合に単位を認定している。本法科大学院が作成している「教育スタンダード」で「共通的な到達目標モデル」に準拠した到達目標を示しており、評価の土台としている。法曹専門職能力全般については、各授業において、平常点、中間到達度評価、定期試験にわけて多角的な視点から学生の学習到達度を評価している。
    ■今年のポイント 事例問題に対する事例分析及び的確な根拠・理由付けができるよう応用力の養成を図ってきた。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    法科大学院では、授業アンケートを定期的に実施しており、集約した院生の声を教授会で共有している。自身のアンケート結果だけではなく、他の教員に関する院生の意見も踏まえて授業改善に役立てていきたい。
    ■今年のポイント 講義科目及び演習科目ともに重要ポイントの集約化するため絶えず講義内容の見直しを図ることとする。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    学習ガイダンス・授業評価アンケート

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年06月
    -
    継続中

    日本工業所有権法学会   理事

  • 2001年07月
    -
    2002年03月

    財団法人知的財産研究所   調査研究委員

  • 2001年07月
    -
    2002年03月

    福山市環境審議会   委員

  • 1994年12月
    -
    2011年09月

    財団法人比較法研究センター   監事

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「2015年度夏期公開講座」(甲南大学ネットワークキャンパス東京)20150800

    2015年08月
     
     

    テーマ「営業秘密を漏らさないしくみ−法システムと企業内システムについて考える−」

  • 兵庫県立芦屋高等学校

    2015年03月
     
     

    情報講演会において,「著作権について−他人の作品の二次的利用−」と題して1年生及び2年生(計720名)を対象に公演を行った。

  • 日本弁理士会近畿支部

    2015年01月
     
     

    日本弁理士会近畿支部弁理士会の法定研修会において「オープン・クローズ戦略における技術的情報の営業秘密による保護」と題して講演を行った。

  • 日本弁理士会近畿支部

    2014年01月
     
     

    日本弁理士会近畿支部弁理士会の法定研修会において「パロディと商標法」と題して講演を行った。

  • 2013年度甲南大学「秋期公開講座・講演会」

    2013年11月
     
     

    「ゆたかな文化と著作権法の課題−保護期間の延長等の改正論は文化の発展をもたらすか−」と題する講演