写真a

RICHARDSON Ryan Andrew (リチャードソン ライアン アンドリュー)

RICHARDSON Ryan Andrew

職名

特別英語プログラムコーディネータ

学位

Bachelor of Arts in History and Philosophy(Michigan State University)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • Michigan State University   人文学部   卒業

    1988年9月 - 1993年5月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • University of Southern Queensland   外国語学研究科   修士課程   修了

    2002年9月 - 2005年10月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   マネジメント創造学部   マネジメント創造学科   特別留学コース   特別留学コースコーディネーター   特別英語プログラムコーディネーター

    2016年4月 - 現在

  • 甲南大学   マネジメント創造学部   Full Time English Instructor

    2014年4月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparing student and teacher views of effective language teaching Comparing student and teacher views of effective language teaching 査読あり

    Ryan Richardson

    OnCUE Journal   4 ( 3 )   243 - 262   2011年5月

     詳細を見る

    単著

    This article looks at differences in how students and teachers view effective language learning. The findings suggest that there are meaningful differences in how students and teachers view what is happening in the classroom which further suggests that the two major players in the classroom may have very different understandings of what is and should be happening in the classroom.

    その他リンク: https://jaltcue.org/journal_4.3

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 1999年10月
    -
    2000年1月

    20 Tips to Higher TOEIC Scores

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    Primarily teaching Study Abroad Preparation courses.

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    We are working to continue to raise student TOEFL scores and to prepare them for studying abroad in a variety of situations.

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    We are using a variety of content and language focused learning techniques in order to prepare them to best succeed while studying abroad.

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    A variety of interactive quizzes, essays, presentations and other devices were used to measure student performance, and advancement over the course of the semester and the school program.

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    As always, more innovative ways are needed to try to find a way to both boost student investment in the content, and recognition of their ownership of the learning that they are doing.

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    These ideas, methods and activities are all shown to be successful based on the advancement that students show in the TOEFL scores that they have achieved