写真a

佐藤 公美 (サトウ ヒトミ)

SATO Hitomi

職名

教授

専門分野

中世イタリア史,アルプス史

研究分野・キーワード

中世イタリア史,アルプス史

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   歴史文化学科   教授  

  • 2012年09月
    -
    2017年03月

    甲南大学   文学部   歴史文化学科   准教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 齊藤寛海編『世界歴史大系 イタリア史 中世・近世2』

    齊藤寛海,西川洋一,山辺規子,高山博,髙田京比子,北原敦,城戸照子,和栗珠里,根占献一,中平希,佐藤公美,亀長洋子,三森のぞみ,宮﨑和夫,皆川卓,徳橋曜,北田葉子,藤内哲也,松本典昭 (担当: 分担執筆 )

    山川出版社  2021年03月

  • 甲南大学文学部独立60周年記念シンポジウム報告集 「文化遺産がつなぐ世界と日本――保存・修復・活用と国際交流――」

    佐藤公美,Fabrizio Slavazzi, 田口かおり,出口晶子,Rossella Menegazzo (担当: 編者 )

    佐藤公美研究室  2018年03月 ISBN: 9784908809019

  • Introduzione alla storia moderna

    Marco Bellabarba, Vincenzo Lavenia, Marco Meriggi, Antonio Trampus, Marco Armiero, Roberta Biasillo, Massimo Donattini, Carlo Taviani, Federica Morelli, Andrea Caracausi, Luciano Pezzolo, Fernanda Alfieri, Maria P. Donato, Massimo Rospocher, Alessandro Vanoli, Lucio Biasiori, Marco Natalizi, Hitomi Sato (担当: 共著 )

    Società editrice il Mulino  2018年 ISBN: 9788815278579

    「1603-1644. Una dinastia di «shogun» per il Giappone, i Qing in Cina」(325~333頁)担当

  • イタリアの歴史を知るための50章

    亀長洋子,北田葉子,北村暁夫,城戸照子,木村容子,倉科岳志,黒須純一郎,櫻井康人,佐藤公美,芝野均,秦泉寺友紀,鈴木富久,髙田京比子,高橋進,高橋利安,辻昌宏,徳橋曜,中村勝己,根占献一,野口昌夫,濱口忠大,藤岡寛己,藤崎衛,松本佐保,宮崎理枝,村上義和,八十田博人,山手昌樹,山辺規子 (担当: 共著 )

    明石書店  2017年12月 ISBN: 9784750345857

    第11章「都市コムーネから領域国家へ――中世後期北中部イタリア半島の諸国家」(82~87頁)担当

  • 藤内哲也編著『はじめて学ぶイタリアの歴史と文化』

    藤内哲也,西村義矢,佐藤公美,中平希,榊原康文,濱口忠大,飯田巳貴,藤崎衛,中谷惣,児島由枝,仲谷満須美,伊藤亜紀,黒田泰介 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章 都市コムーネから領域国家へ――中世盛期~後期(39―68頁),歴史の扉2 山と熊の集合記憶――イタリア史の断章(69-71頁) )

    ミネルヴァ書房  2016年05月 ISBN: 978-4-623-07267-5

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「小さな」地中海の交易網――兵庫津と比較する

    佐藤公美

    甲南大学プレミアプロジェクト神戸ガイド編集委員会『大学的神戸ガイド―こだわりの歩き方』 ( 昭和堂 )    2021年

    単著

  • (紹介)アルド・A・セッティア著、白幡俊輔訳『戦場の中世史――中世ヨーロッパの戦争観――』

    佐藤公美

    史学雑誌 ( 史學會 )  129 ( 12 ) 87 - 87   2020年12月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • マルコ・ベッラバルバ「新たな空間の創造――近世ティロルとオーストリアの貴族――」

    マルコ・ベッラバルバ,(訳)佐藤公美

    甲南大學紀要 文学編   ( 170 ) 159 - 166   2020年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 中近世イタリアの「国家」

    佐藤公美

    歴史と地理 世界史の研究  ( 山川出版社 )  ( 674 ) 37 - 40   2014年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 広場と大学――現代イタリア広場文化考

    佐藤公美

    新しい歴史学のために ( 京都民科歴史部会 )  ( 284 ) 79 - 85   2014年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Rivolte locali e rivolte sovra-regionali nell’Italia del Trecento

    Hitomi Sato  [招待有り]

    Attività formative per il dottorato di ricerca in Studi Storici: Età antica e medievale,  (ミラノ大学 オンライン開催(Zoom使用))  2021年04月  -  2021年04月   

  • コメント(小シンポジウムII: 中世北ヨーロッパにおける海域ネットワーク、島嶼、政治権力)

    佐藤公美

    第70回日本西洋史学会大会  (大阪大学(オンライン開催 Zoom使用))  2020年12月  -  2020年12月   

  • 14世紀後半マルケにおける反乱の財政ー八聖人戦争期前後のフェルモを中心に―

    佐藤公美

    西洋中世学会第12回大会  (オンライン開催)  2020年10月  -  2020年10月    西洋中世学会

  • コメント(公開講演会「2020年代の西洋中世史を展望する」)

    佐藤公美  [招待有り]

    鷹陵史学会第29回年次研究大会  (オンライン開催(Zoom使用))  2020年09月  -  2020年09月    鷹陵史学会

  • 海とイタリア同盟――15世紀後半イタリア半島領域国家間システムにおける地中海――」

    佐藤公美

    関学西洋史研究会第22回年次大会  2019年11月  -  2019年11月   

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 「アルド・A・セッティア著、白幡俊輔訳『戦場の中世史――中世ヨーロッパの戦争観――』」『史学雑誌』第129編第12号、87頁。

    2020年12月  -  2020年12月

    書評

  • 池上俊一『公共善の彼方に――後期中世シエナの社会』

    2016年03月  -  2016年03月

    書評

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中近世アルプス地域の空間的・社会的モビリティー:境域の政治・宗教・社会の動的転回

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  継続中  代表者:  佐藤公美

  • 前近代海域ヨーロッパ史の構築:河川・島嶼・海域ネットワークと政治権力の生成と展開

    基盤研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  小澤実

    海域ネットワークという観点から、前近代ヨーロッパにおける政治権力の生成と展開を見直す。

  • 中世アルプス山間都市と周辺地域の政治社会(国際共同研究強化)

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  佐藤公美

    中世ティロル南部のゲルマン法文化とローマ法文化の相互補完的共存と混交による政治文化を明らかにするために、15世紀メラーノ(メラン)における公証人の活動を検討する。

  • 中世イタリア半島における抵抗の政治文化と社会

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  佐藤公美

    本研究は14世紀を中心とし、中世イタリア半島の政治史を「抵抗」という行為の政治文化史から検討する。諸階層の人々を広く巻き込んだ政治的抵抗現象は地域を超える。この検討により、これまで中世イタリア史研究の自明の枠組であった個々の都市国家や地域/領域国家を超えて、絡み合う歴史の中に形成される政治文化を明らかにすることを目指す。

  • 中世アルプス山間都市と周辺地域の政治社会

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  佐藤公美

    本研究は、現在のイタリア・アルト=アディジェ地方(南ティロル)の山間地域に存在する中世都市と、その周辺の山岳地域・農村地域に形成された政治社会の特徴を明らかにすることを目的とする。アルプス山脈地域に特徴的な山岳環境と、中世のアルプス都市は緊密な関係を持っている。これらの都市を周辺環境への関わりの中で政治的ネットワークの形成される場として捉え、その特徴を明らかにしてゆく。

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  西洋中世史 中世イタリア半島の政治文化、中世アルプス地域の政治・社会・経済と文書、比較史の理論と方法

    研究費の種類: 教員研究費

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 『西洋史学』編集委員

    2014年04月
    -
    現在