写真a

吉本 忠弘 (ヨシモト タダヒロ)

YOSHIMOTO Tadahiro

職名

教授

学位

修士(体育学)(筑波大学)

専門分野

スポーツ運動学、体操競技・器械運動指導論

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   文学部   人間科学科   卒業

    1996年4月 - 2000年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学   体育研究科   コーチ学専攻   修士課程   修了

    2001年4月 - 2003年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   全学共通教育センター   教授

    2022年4月 - 現在

  • 甲南大学   共通教育センター   准教授

    2020年4月 - 2022年3月

  • 甲南大学   スポーツ・健康科学教育研究センター   准教授

    2015年4月 - 2020年3月

  • 甲南大学   スポーツ・健康科学教育研究センター   講師

    2012年4月 - 2015年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 武庫川女子大学 非常勤講師   健康・スポーツ科学部

    2018年9月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • ドイツスポーツ大学 ケルン 客員研究員   学校スポーツおよびスポーツ教授法研究所

    2018年3月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  • 北海道教育大学釧路校   教育学部学校カリキュラム開発専攻

    2008年9月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 福岡大学   スポーツ科学部

    2007年4月 - 2008年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 日本女子体育大学 非常勤講師

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 運動伝承研究会

    2004年6月 - 現在

  • 神戸市体操協会

    2013年4月 - 現在

  • 日本体育学会

    2006年7月 - 現在

  • 日本体操競技・器械運動学会

    2002年12月 - 現在

  • 日本体操協会男子体操競技研究部

    2001年4月 - 2013年3月

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 体操競技の初心者指導に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年4月  -  現在

論文 【 表示 / 非表示

  • Deutsche Turnligaの競技規則に関する一考察 〜Scoresystemの内実〜 査読あり

    吉本忠弘

    体操競技・器械運動研究   ( 30 )   61 - 68   2022年4月

     詳細を見る

    単著

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:日本体操競技・器械運動学会  

  • Zur Bedeutung der Kinästhese beim Online-Turnntraining unter Corona-Bedingungen -ein Lehrbeispiel zum Winkelstütz

    吉本忠弘

    Kompetenzorientierung und Bewegungsexpertise im Turnen -Schriften der Deutschen Vereinigung für Sportwissenschaft   ( 296 )   57 - 63   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 課外活動におけるスポーツコーチングに関する研究 -不測の事態におけるトレーニング施設の整備に注目して-

    吉本忠弘

    甲南大学教育学習支援センター紀要   ( 7 )   15 - 29   2022年3月

  • スキー授業における「自己観察日誌」に関する発生運動学的研究

    吉本忠弘

    スポーツ・健康科学研究センター 紀要   ( 23 )   49 - 61   2021年3月

     詳細を見る

    単著

  • ドイツにおける個別スポーツ科学領域の今日的研究動向 査読あり

    吉本 忠弘

    スポーツ運動学研究   ( 33 )   177 - 181   2020年12月

     詳細を見る

    単著

    出版者・発行元:日本スポーツ運動学会  

    その他リンク: https://www.bewegung.jp/

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 体育・スポーツ 事故責任安全対策 質疑応答集 追録95-97合併号

    体育・スポーツ事故研究会 編集   ( 担当: 共編者(共編著者))

    ぎょうせい  2013年8月 

     詳細を見る

    第4章 個人スポーツ
    1 体操競技  高校体操部練習中、男子部員が着地に失敗して負傷 3681.85-86頁 を執筆

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 2013年版採点規則(男子)における対策について ゆか

    吉本忠弘

    研究部報   ( 110 )   22 - 27   2013年4月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公益財団法人日本体操協会  

  • 第30回オリンピック競技会男子種目別決勝における競技力分析 ゆか

    吉本忠弘

    日本体操協会 研究部報   ( 109 )   63 - 65   2012年9月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:財団法人 日本体操協会  

  • 2011年 ヨーロッパ選手権大会視察報告

    吉本忠弘,仲宗根森敦,後藤洋一,高橋孝徳,杉本誠二,熊谷慎太郎,村上拓

    日本体操協会 研究部報   ( 107 )   1 - 15   2011年9月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:財団法人日本体操協会  

  • 第42回世界選手権大会男子種目別決勝における競技力分析 ゆか

    吉本忠弘

    日本体操協会 研究部報   ( 106 )   54 - 57   2011年3月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:財団法人日本体操協会  

  • 第42回世界選手権大会男子種目別決勝における競技力分析 あん馬

    吉本忠弘

    日本体操協会 研究部報   ( 106 )   58 - 62   2011年3月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:財団法人日本体操協会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 運動指導における代行形態の構成化に関する発生運動学的研究 -体操競技の平均台における側方倒立回転の指導を例証として-

    吉本忠弘

    第72回 日本体育・スポーツ・健康学会  (順天堂大学 さくらキャンパス)  2022年9月  一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年9月

  • 発生運動学的立場から見たスキーにおける初心者指導 ー優勢化の身体発生に注目してー

    吉本忠弘

    第71回 日本体育・スポーツ健康学会 大会  (筑波大学 オンライン)  日本体育・スポーツ健康学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

  • Zur Bedeutung der Kinästhese beim Online-Turntraining unter Corona-Bedingungen ‒ eine Fallstudie zur Lehrpraxis des „Winkelstützes“

    Tadahiro Yoshimoto

    第11回 ドイツスポーツ科学学会体操競技・器械運動分科会  (ビーレフェルト大学  オンライン配信)  ドイツスポーツ科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  • 幼児への運動指導に関する一考察

    高瀬淳也,吉本忠弘

    日本スポーツ運動学会第33回大会  (筑波大学)  日本スポーツ運動学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  • Eine Betrachtung über die Bewegungskorrektur beim Kunstturnen -Fallstudie zum ,,Riesenumschwung vorwärts mit halber Drehung durch den Handstand" am Reck

    Tadahiro Yoshimoto

    第10回 ドイツスポーツ科学学会体操競技分科会  (ゲッティンゲン大学)  Deutsche Vereinigung für Sportwissenschaft

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 第52回全日本シニア体操競技選手権大会

    2019年8月 - 2019年9月

     詳細を見る

    福井県立総合体育館  芸術・体育系業績

    男子マスターズ40歳の部 個人総合4位

  • 国際ドイツ体操祭 体操競技の部 Pokalwettkampf

    2013年5月

     詳細を見る

    ドイツ連邦共和国 マンハイム  吉本忠弘  芸術・体育系業績

    35-39歳の部 個人総合3位

  • 全日本社会人体操競技選手権大会

    2010年9月

     詳細を見る

    北九州市立総合体育館  芸術・体育系業績

    男子体操競技2部 種目別ゆか優勝

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生涯スポーツとしての体操競技における動感化現象の解明

    2021年4月 - 2024年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    吉本忠弘

  • 生涯スポーツとしての体操競技におけるトレーニング環境整備モデル作成

    2016年4月 - 2018年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(B)

     詳細を見る

     本研究は、生涯スポーツとしての体操競技におけるトレーニング環境整備のモデル提示を目的とするものである。本研究では、大学体育施設を利用した環境整備に注目する。その際、ヨーロッパ(ドイツ語圏)における大学スポーツ文化とわが国のクラブ活動文化を参考にし、わが国のスポーツ文化を活かしながら地域における体操競技のトレーニング環境整備事例を提示する。

  • 生涯スポーツとしての体操競技における競技会モデルの作成

    2014年4月 - 2016年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(B)

     詳細を見る

     本研究の目的はわが国において生涯スポーツとしての体操競技をより推進させるための競技会モデル作成にある。具体的には、わが国で毎年開催されている「全日本社会人体操競技選手権大会」(以下、全日本社会人大会と表記する)における適用採点規則、競技形式に関する改正案モデルを示すことにある。この目的を達成するに当たり、社会人の体操競技大会が盛んに行われているドイツ連邦共和国における「社会人大会の現状」について「①競技会の形式」「②適用採点規則」に関する調査を行う。この調査結果とわが国の現状を考慮した後に全日本社会人大会の改正モデルを示す。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 評定競技領域における運動表記について

    2010年4月 - 2011年3月

    日本体育学会体育方法分科会  日本体育学会体育方法専門分科会一般研究助成

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  スポーツにおける技術指導に関する発生運動学的研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    スポーツ運動の学習における「コツ・カン」(動感身体知)の発生を促すための手立てについて発生運動学的研究を行った。これにあたり体操競技とスキーを取り上げた。  体操競技ではコロナ禍による課外活動停止期間中に実施したオンライントレーニングの内容検討ならびに活動再開後の動感身体知の変化に注目してきた。器具を用いた練習を行えない状況が長期間続いた後に、活動する際には、実施者が思っている以上に体が動かない、とりわけ、「今まで無意識に行っていた動きができなくなる」ということを明らかにできた。このような場合、安全面への配慮には、より慎重にならなければならない。  一方のスキーにおいては、初心者がターンを学習する際に「優勢化能力の発生」に注目することの重要性について、スキー指導実践事例から明らかにすることができた。

  • 2020年度  スポーツにおける技術指導に関する発生運動学的研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    スポーツ運動の学習における「コツ・カン」(動感身体知)の発生を促すための手立てについて発生運動学的研究を行った。これにあたり体操競技とスキーを取り上げた。  体操競技ではコロナ禍による課外活動停止期間中に実施したオンライントレーニングの内容検討ならびに活動再開後の動感身体知の変化に注目してきた。器具を用いた練習を行えない状況が長期間続いた後に、活動する際には、実施者が思っている以上に体が動かない、とりわけ、「今まで無意識に行っていた動きができなくなる」ということを明らかにできた。このような場合、安全面への配慮には、より慎重にならなければならない。  一方のスキーにおいては、初心者がターンを学習する際に「優勢化能力の発生」に注目することの重要性について、スキー指導実践事例から明らかにすることができた。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年9月
     
     

    コツとカンの存在に気付かせるための実習

  • 2017年9月
    -
    2018年1月

    バドミントンの授業におけるヘアピンベルの開発

  • 2015年7月
     
     

    スポーツ安全講習会 講師

  • 2012年9月
    -
    2013年1月

    My Konan を利用した講義資料の公開

  • 2012年6月
     
     

    学習位相の説明のための映像集

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    基礎体育学演習、生涯スポーツ論(基礎共通科目)、スポーツと身体知(基礎共通科目)、共通応用演習(キャリア創生科目)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    甲南学園の建学の精神における「人格の修養と健康の増進」を実現すべく、スポーツを通した人物教育と健康増進に取り組んでいる。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    実技科目においては、スポーツ専門家としての立場から、授業の規律を整え、学生同士がスポーツを楽しめるように、教材・教具の工夫を行なっている。講義科目においては、自身の研究成果や既存理論の説明にとどまらず、できる限り学生にとって身近な現象を例えとして用いながら指導を行なっている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    授業への出席率によって、学生が「どれだけ熱心に授業に取り組んだか」に関する一面を見ることができる。また、講義系科目においては毎時間課すレポートの内容を読めば、学生の努力度、並びに授業内容の妥当性を知ることができる。授業アンケートの結果から、熱意に関して高い評価を得ている一方、理解に関しては評価が分かれている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    実技系科目においては、何よりもまず「運動が苦手な学生への丁寧な指導」を心がけ、運動が苦手な学生への指導を中心に据えた授業実践に取り組む。講義系科目においては、学生同士がディスカッションをする場面を作ることに苦心している。15回の授業の中で4回ほどはこの時間を作りたいと思っている。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、学生が記述したレポート、授業アンケート

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月 - 現在   兵庫県体操協会  競技委員会 体操競技 審判部長

  • 2016年4月 - 現在   神戸市体操協会  理事

  • 2015年4月 - 現在   兵庫県体操協会  体操競技委員会 審判部員

  • 2013年4月 - 現在   関西学生体操連盟  顧問

  • 2012年4月 - 現在   兵庫県体操協会  理事 大学担当

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • KONANスポーツクラブ講師

    2015年4月 - 現在

     詳細を見る

    体操競技、器械運動の指導担当

  • 甲南大学ジュニアスポーツクラブ 講師

    2014年4月 - 2015年3月

     詳細を見る

    ジュニア器械運動クラブの指導を担当している。

  • KOBEキャンプ誘致プロジェクトチーム  体操チーム 委員

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2016年6月 - 2021年8月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

  • 第77回 国民体育大会近畿ブロック大会 体操競技 審判員

    日本スポーツ協会・近畿体操協会  2022年7月

  • 神戸基礎学力向上推進委員会「体育的活動のあり方検討会」委員

    役割:助言・指導, 情報提供

    神戸市教育委員会  2022年2月 - 2022年3月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 体操競技・器械運動の指導

    技の指導法、トレーニング計画など

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 国際体操連盟公認審判員(男子体操競技)

  • 高等学校教諭1種免許

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

      高大接続推進委員   (全学委員会)

  • 2017年4月
    -
    2019年3月

      学生部委員   (全学委員会)

  • 2016年4月
    -
    現在

      体育会軟式庭球部 顧問   (その他の主要活動)

  • 2015年4月
    -
    2017年3月

      教育学習支援センター運営委員   (全学委員会)

  • 2015年4月
    -
    2017年3月

      教務部委員   (全学委員会)

全件表示 >>