写真a

Tani Tomio

Position

Professor

Research Field

Sociology

Graduating School 【 display / non-display

  • 1972.04
    -
    1977.03

    Kyushu University   Faculty of Literature   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  • 1979.04
    -
    1980.07

    Kyushu University  Graduate School, Division of Letters  Doctor's Course  Unfinished Course

Campus Career 【 display / non-display

  • 2011.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Letters   Faculty of Letters Department of Sociology   Professor  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 「生野コリアタウンは『韓流ブーム』にのって―阪神圏商店街実態調査から

    「谷富夫」「八木寛之」

    コ リアンコミュニティ研究   ( 5 ) 65 - 82   2014.12  [Refereed]

    Joint Work

  • 鈴木社会学と創価学会

    谷富夫

    社会分析   ( 41 ) 103 - 114   2014.03  [Invited]

    Single Work

  • 都市とエスニシティ―人口減少社会の入口に立って

    谷富夫

    日本都市社会学会年報   ( 31 ) 35 - 60   2013.09  [Invited]

    Single Work

  • 映っていないものが見えてくる。見たいものしか映らない?

    谷富夫

    日本都市社会学会年報   ( 29 ) 47 - 52   2011.09  [Invited]

    Single Work

  • 民族関係意識と地域社会――韓国・仁川市住民の結合志向と分離志向

    「二階堂裕子」「谷富夫」

    社会分析   ( 33 ) 131 - 148   2006.03  [Refereed]  [Invited]

    Joint Work

    民族関係と地域社会の関係に関する韓国仁川市民意識調査の結果の分析。

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 民族関係の都市社会学―大阪猪飼野のフィールドワーク

    谷富夫 (Part: Single Work )

    ミネルヴァ書房  2015.05 ISBN: 9784623073122

  • 持続と変容の沖縄社会―沖縄的なるものの現在

    谷富夫他 (Part: Joint Work )

    ミネルヴァ書房  2014.05 ISBN: 9784623070343

  • よくわかる質的社会調査――プロセス編

    「谷富夫」「山本努」他 (Part: Joint Editor ,  第1章「質的社会調査の方法と意義」 )

    ミネルヴァ書房  2010.11 ISBN: 9784623058440

     『よくわかる質的社会調査―技法編』の姉妹編。大学で質的調査を扱う講義は、「技法」の解説を軸に組み立てる場合と、「プロセス」の解説を軸に組み立てる場合の二通りがあるように思われる。本書は、後者のためのテキストである。問題を立てて報告書の作成に終わる一連のプロセスを全15章で解説する。

  • よくわかる質的社会調査―技法編

    「谷富夫」「芦田徹郎」他 (Part: Joint Editor ,  第2章「質的社会調査の考え方」 )

    ミネルヴァ書房  2009.07 ISBN: 9784623052738

    質的社会調査の技法(調査法と分析法)の解説書。

  • 新版 ライフヒストリーを学ぶ人のために

    「谷富夫」他 (Part: Editor ,  第1章「ライフヒストリーとは何か」、第2章「ライフヒストリーの可能性」 )

    世界思想社  2008.09 ISBN: 9784790713609

     1996年に刊行した『ライフ・ヒストリーを学ぶ人のために』の改訂版である。過去12年間のライフヒストリー研究の進展を踏まえ、とくに方法論上の認識の深化と現在の到達水準を反映させることを心がけた。

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 「大阪の社会地図」を試みる

    谷富夫

    市政研究 ( 大阪市政調査会 )  ( 150 ) 104 - 107   2006.01

    Introduction and explanation (scientific journal)   Single Work

    特集の解題

  • 大阪を〈インナーリング〉から読み解く

    谷富夫

    日本都市社会学会年報 ( 日本都市社会学会 )  ( 23 ) 1 - 4   2005.09

    Introduction and explanation (scientific journal)   Single Work

    特集の解題。

  • 社会学教育のなかの質的調査

    谷 富夫

    西日本社会学会年報   ( 3 ) 15 - 27   2005

    Single Work

  • 大都市と民族関係

    谷 富夫

    都市問題研究報告書   ( 4 ) 1 - 11   2005

    Single Work

  • エスニシティ研究と世代間生活史調査

    谷 富夫

    フォーラム現代社会学   1   70 - 80   2002

    Single Work

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • 多様性社会と都市社会学

    谷富夫

    多文化福祉研究会公開連続講座  (大阪市立大学都市研究プラザ西成プラザ)  2017.05  -  2017.07  多文化福祉研究会

  • 少子社会と多様性

    谷富夫

    大阪市私立保育園連盟生野ブロック研修会  (大阪市生野区社会福祉協議会)  2017.03  -  2017.03  大阪市私立保育園連盟生野ブロック

  • 生野オモニハッキョの過去、現在、未来

    谷富夫

    エスニック・コミュニティ研究会+包摂型社会研究会合同研究会  (大阪市立大学都市研究プラザ西成プラザ)  2016.10  -  2016.10  エスニック・コミュニティ研究会+包摂型社会研究会

  • 生活史研究の方法と実際

    谷富夫

    大阪市立大学大学院創造都市研究科共生社会研究博士課程・修士課程合同研究会  (大阪市立大学梅田サテライト)  2015.12  -  2015.12  大阪市立大学大学院創造都市研究科共生社会研究科

  • 社会学から見た共生社会

    谷富夫

    大阪市私立保育園連盟生野ブロック研修会  (大阪市生野区社会福祉協議会)  2015.12  -  2015.12  大阪市私立保育園連盟生野ブロック

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Grant-in-Aid for JSPS Fellows

    Project Year: 2010.09  -   

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Project Year: 2009.04  -  2013.03 

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Project Year: 2007.04  -  2010.03 

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(A)

    Project Year: 2002.04  -  2006.03 

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Project Year: 2002.04  -  2005.03 

display all >>